性格タイプ

性格テストの判定結果を見る

判定結果の見方

このページは『性格理解の基本』からの続きになっています。

 

いよいよお待ちかねの判定結果です。
しかしその前にいくつか注意事項があります。
自分の性格をちゃんと理解するためにも、この最後の注意事項は大切です。
くれぐれも読み飛ばさないようにしてくださいね。

 

スポンサードリンク

より信頼できる「判定結果」を得るための「コツ」

 

性格のタイプ分けテストでご自分が属するタイプはわかりましたか?

その判定結果をご覧いただく前に、より正確な判定結果を得るための「コツ」を少しだけ述べておきます。

 

例えば選んだ選択肢の数が

E=7、I=2

S=3、N=6

T=8、F=1

J=2、P=7

の場合であれば、ENTPタイプ(目移りの多い挑戦者)と考えていいでしょう。

 

でも、次のような場合は少し気をつけてください。

E=7、I=2

S=3、N=6

T=4、F=5

J=2、P=7

 

これは一応、ENFPタイプ(陽気な夢追い人)ですが、T(思考)とF(感情)との差がたった1ポイントしかありません。
もしかしたら、たまたまF(感情)が多くなっただけで、質問の仕方が変わればT(思考)の方が5ポイントになっていたかもしれません。

こういった場合は性格理解の基本のページをよく読んでいただき、自分はT(思考)とF(感情)とのどちらに属するのかをよく考えてみてください。

 

もし、それでも判断しかねる場合は、おそらくあなたはT(思考)とF(感情)の両方を半分ずつ持っている可能性があります。

この場合、あなたはENTPタイプとENFPタイプの両方の説明を読む必要があります。

 

このように、4ポイントと5ポイントというような点数配分になり、性格理解の基本のページを読んでも判然としない場合は、「自分は時と場合によって、どちらの性格タイプにもなりうる人間だ」と考え、両方のタイプ説明に目を通してください。

 

性格タイプは変化することもあります

 

「以前、他のサイトで同じような性格テストを受けたことがあるが、今回は結果が違っていた…」というケースがあると思います。

 

これには2つの理由が考えられます。

 

1つはテストの質問文そのものに問題がある、ということです。

現在、ネット上などに上げられているMBTIのテストは英文を翻訳したものが使われています。しかし、たとえ英語を日本語に正確に訳したつもりでも、日本人が読むと誤解して回答してしまうような質問文が多いのです。

質問文の翻訳者が変わると質問文のニュアンスも変わるので、受けるテストによって結果が変わってくるというわけです。

 

もう1つはそもそも性格タイプは受ける時期やタイミングによって変わることがある、ということです。

20代で性格テストを受け、次に30代になって同じテストを受けた場合、テスト結果が異なるのは容易に想像できるでしょう。
なぜなら人生の経験値が変わるので、考え方や感じ方も変化するからです。

それだけではありません。

たとえばとても嬉しいことがあった後で性格テストを受けた場合と、職場などで嫌なことがあった後で同じ性格テストを受けた場合とではやはり結果が変わるはずです。

これは人の性格というものが血液型のように固定したものではないことを示しています。

 

スポンサードリンク

本来、性格はペーパーテストで測れるものではない

 

「おいおい、ここまで来ておいて、いったい何を言ってんだ!」と言われそうです。

しかしこれは本当です。

上の項でも述べたように、性格テストの結果は常に同じとは限りません。
では、どうすれば自分の性格を理解することができるのでしょうか。

一番よい方法は基本となる理論を学び、そこから自分自身を分析することです。

そのためにはやはり、このサイトの性格理解の基本をよく読んでいただくのがベストでしょう。

その上で、性格テストの結果は自分を知るためのヒントとして活用してください。

 

性格タイプ 特徴を簡単に言えば…
ESTJ 管理社会の申し子
ESTP 行動あるのみ
ESFJ 世話好きなしっかり者
ESFP 人生を楽しむ天才
ENTJ 凡人を導くリーダー
ENTP 好奇心旺盛な開拓者
ENFJ 心優しい博愛主義者
ENFP 学園祭の企画担当
ISTJ ルーティンワークの達人
ISTP 束縛を嫌う技術者
ISFJ やさしく謙虚な裏方
ISFP 誠実で温厚な職人さん
INTJ 完璧をめざす自信家
INTP 一人で考えにふける学者
INFJ 理想世界の伝道師
INFP 商売っ気のないアーティスト

 

スポンサードリンク