性格タイプ

ESFP 「人生を楽しむ天才」タイプ

ESFP
ESFP 人生を楽しむ天才

共感能力を活かしながら
(内向感情IF:サブ)

現実社会とも調和して生きる
(外向感覚ES:メイン)

 

「思い悩むより、行動した方が早い!」

それがこのタイプの信条です。

感覚的に生きてはいるが、人への気遣いも忘れない。

現実世界を器用に生きていけるタイプです。

 

このページをお読みいただく前に、
まず、性格理解の基本のページをお読みいただくといいでしょう。
その方がこのページに書いてあることが
スーッと頭に入ると思います。

もし時間に余裕がある方は
『性格タイプを学ぶと見えないものがたくさん見えてくる』
から順番にすべて読んでくださった方が理解が進みます。

 

スポンサードリンク

ESFPは現実世界を器用に生きていけるタイプ

 

メイン ☞ 外向感覚ES

 

ESFPのメインは外向感覚ESです。

つまり、外向(E)感覚(S)

 

まず、このメインの性格から説明します。

 

外向(E)タイプとは・・・

 

外向(E)とは、

外からの刺激を自分の表面で受け止め、瞬発的に反応していく性格。

 

表現がちょっと小難しくてスミマセン・・・。

 

要するに、

物事を必要以上に考え過ぎない性格

ということです。

 

だから、くよくよしない、

すぐに環境に順応する、

にぎやかな環境の方が好き、

・・・といった性格傾向になりますね。

 

ただ、間違えないでほしいのは「社的」とは微妙に意味が違うってこと。

でも、外向(E)だと結果的に「社的」になってしまう場合が多いのも事実です。

 

ともあれ、パッと見て

「わかりやすい性格」の人。

こんな人はけっこう外向(E)タイプです。

 

感覚(S)タイプとは・・・

 

感覚(S)とは、

「夢や理想を追いかけるより、ありのままの現実が好き」

という性格傾向です。

 

こういう性格傾向の人は

「将来の夢は?」とか、

「あなたにとって理想の社会とは?」

なんて聞かれても、答え方がわからない。

興味がないんですよ、そんなこと。

 

それより今、目の前にあるモノ、コトを楽しみたい人。

 

こういう人を現実主義者とも言いますね。

(正反対なのが理想主義者です)

 

外向感覚ESとは・・・

 

外向(E)感覚(S)外向感覚ES

これって、どんな性格傾向?

 

カンタンに言えば、

「あれこれ考えてるより、

実際に体験した方が早いよ!」

という考えで生きている人ですね。

 

このタイプはたいがいセンスがいいです。

また、グルメだったり、

手先が器用だったり、

運動神経が発達していたり、

体力があったり・・・。

 

 

ESFPはメインの性格として、

この外向感覚ESを持っています。

 

全体としてみると、

この現実世界をいろんな意味で

器用に生きていけるタイプです。

 

人生楽しまなきゃ損っていう感じ

 

それがESFP「人生を楽しむ天才」タイプの人の大きな特徴です。

 

 

ESFPは感覚的に生きているが人への気遣いもできる

 

サブ ☞ 内向感情IF

 

ESFPのサブは内向感情IFです。

つまり、内向(I)感情(F)

 

次にこのサブ的性格面について説明します。

 

内向(I)タイプとは・・・

 

内向(I)とは、

「自分1人、心の奥でいろんな処理をする」

という性格機能です。

 

このタイプの場合、内向(I)機能はこの後に説明する感情(F)機能と結びついています。

 

カンタンに言えば、

感情(F)機能が目立たないところで作用する

ということ。

 

感情(F)タイプとは・・・

 

次に感情(F)について説明しましょう。

これはカンタンですね。

だいたい日常的に使っている「感情的」っていうのに近い意味です。

 

つまり、

理屈より「人の気持ち」優先で物事を判断する性格タイプ。

 

内向感情IFとは・・・

 

さっきの内向(I)とこの感情(F)とが結びつくと内向感情IFですね。

この2つが一緒になると、こうなります!

 

周りの人はあまり気づかないけど、

それなりに人の気持ちを大切にする性格。

 

 

それではここで

ESFP「人生を楽しむ天才」タイプの性格をまとめておきます。

 

いったんここで整理しよう!

メインは外向感覚ES

☞ 考えてるより体験した方が早い!

サブは内向感情IF

☞ 一応、人の気持ちも考えているよ!

 

 

このタイプは確かに五感が優れています。

だから感覚で生きている人って感じ。

だけど人への気遣いも忘れません。

それがESFP「人生を楽しむ天才」タイプの特徴です。

 

 

スポンサードリンク

ESFPは出世してからも現場に出られる仕事を選ぼう

 

ESFPの人は

「くよくよ考えるより行動すれば答えが出るさ」

みたいな生き方をしています。

 

ある意味、こだわらない性格です。

それに一緒にいて楽しい。

おそらく友だちとして付き合うなら最高でしょうね。

 

場を盛り上げる力があるため、

停滞している集団の中では推進役となる人物です。

 

ESFPが企業に入ったなら、

頼りになる実行部隊としてイベントなどで大活躍しそうです。

 

かりに失敗しても引きずりません。

すぐに前を向いて動き始めます。

 

でも、この引きずらない性格って

言い方を変えると「飽きっぽい」

ということでもあります。

 

もし企業などで長期プロジェクトの部署に配属されたらどうなるでしょう。

ひょっとしたら、

プロジェクト完成前に

すっかり嫌になるかもしれません。

 

では、ESFPに合う仕事ってどんなのでしょうか?

 

 

ESFPにはどんな仕事が向いている?

 

仕事が続かないなんて致命的じゃないか?

と思われるかもしれません。

しかし世の中には、むしろ飽きっぽい人の方が向いている職業もあります。

それは

「1回1回、気持ちを切り替えてゼロからやっていける仕事」

 

ESFPは飽きっぽい反面、気持ちの切り替えは上手です。

なぜなら現実世界に即対応できる器用さがあるからです。

 

そこであくまでもイメージですが、

ESFPらしい適職を例としてあげれば

 

・保育士、

・ジムのインストラクター、

・ツアーコンダクター、

などの仕事です。

 

何もこの中から選べと言っているわけではありません。

あくまでもイメージです。

 

性格タイプの中に感覚(S)がある人は

カラダを使ったり、動き回る仕事が向いています

 

また、保育士であれば、毎年、保育園にやってくる子供もいれば、去って行く子供もいます。

顔ぶれが変わるので飽きることがありません。

 

また、人への気遣いができるし、人を惹きつける要素を持った性格なので人間相手の仕事には向いています。

 

ジムのインストラクターやツアーコンダクターも似たような理由です。

 

こうした観点から考えると数多くの職業が思い浮かぶのではないでしょうか。

 

 

また、メーカーに就職するなら、ロングセラー商品をずっと売り続ける企業より、新商品を毎年出しているような企業の方が性に合いそうです。

 

ただ1つ注意したいこと。

ESFP「現場大好き人間」です。

出世してからも、

毎日、現場を飛び回れる仕事がベター。

その方が人生充実しそうですよ。

 

出世したからデスクワークや管理だけ・・・。

これじゃ、「往年のオーラが消えてしまう」というタイプですね。

 

 

ESFPに向いている仕事の傾向

 

・長期プロジェクトに関わる仕事より、比較的に短期で区切りを付けられる仕事が向いている。

 

・チームで和気あいあいと働ける仕事が向いている。

 

・カラダを使う仕事、あるいは動き回れる仕事、あるいは会話することを主とする仕事が向いている。

 

・デスク上で管理する仕事ではなく、現場に出て仲間と一緒に働けるような仕事が向いている。

 

・人を蹴落とさないと上に行けないような仕事は向いていない。

 

スポンサードリンク