性格タイプ

INFP 「商売っ気のないアーティスト」タイプ

INFP
INFP 商売っ気のないアーティスト

自由に飛び回る直感力と
(外向直感EN:サブ)

心に秘めた豊かな感情
(内向感情IF:メイン)

 

一見、おとなしく、万事ひかえめ。

でも、心の中は豊かな感情世界。

発想力が豊かでヒラメキの強いタイプです。

 

このページをお読みいただく前に、
まず、性格理解の基本のページをお読みいただくといいでしょう。
その方がこのページに書いてあることが
スーッと頭に入ると思います。

もし時間に余裕がある方は
『性格タイプを学ぶと見えないものがたくさん見えてくる』
から順番にすべて読んでくださった方が理解が進みます。

 

スポンサードリンク

INFPは豊かな感情を持ちながら、それを表に出さない

 

メイン ☞ 内向感情 IF

 

INFPのメインは内向感情IFです。

つまり、内向(I)感情(F)

 

ここらへんを説明すると・・・

 

内向(I)とは

自分の考えや気持ちを外には出さず、

自分の心の中にしまいこむ性格タイプ。

 

感情(F)とは

論理性や合理性より、

感情、気持ち、好き嫌いを優先して

ものを判断する性格タイプ。

 

 

この2つが合わさったのが内向感情IFです。

 

内向感情IFの人はすごく豊かな感情の持ち主。

でも、その感情を表に出すことはめったにありません。

そのかわり自分の心の中に感情をどんどんため込んでいきます。

 

内向感情IFの人というのは喜怒哀楽をあまり表現しない。

そのため、周囲の人には

「いったい何を考えてるの?」

「何を感じているのかわからない人だな~」

「大人しい人だよね」

とか思われていたりします。

 

また、周りのみんなが大喜びしている時に1人だけ冷めたような目をしていたり。

だから「何だかいつも不機嫌そう」とカン違いされる場合もあります。

 

しかし再度言いますが、

内向感情IFの人は感情や気持ちを小出しにしないだけ。

その分、心の中にためこんでいるのです。

 

だからその感情の密度はむしろ濃厚です。

 

一見、無表情に見えて中身はめちゃくちゃ濃厚なんだな。

 

 

また、内向感情IFの人は共感力が強くて優しい人が多い。

でも、その優しさを表現するのがまた苦手だったり・・・。

だから理解されづらいんですね。

 

ここまでのかくにん!

INFP 「商売っ気のないアーティスト」

メインの性格 ☞ 内向感情IFです。

☞ 自分の感情や気持ちを心の中にため込んでいる。

☞ 周囲からは理解されづらい

☞ 無表情に見えて、すごく感情豊か。

 

 

INFPはせっかくの直感力を商売に活かそうとしない

 

サブ ☞ 外向直感 EN

 

INFPのサブは外向直観ENです。

これは、外向(E)直感(N)

 

外向(E)とは

興味や関心が自分以外の世界に向いている

ということ。

後でまた述べるけど、
このタイプは全体的には内向(I)タイプ。
だからこの外向(E)はあまり目立たないんだ・・・

 

直感(N)とは

現実より、理想や夢などに関心がある

ということ。

 

 

この直感(N)は現実主義の感覚(S)とは違って、細かい手続きや事務作業などが苦手。

それよりもアイデアや発想力の豊かさで勝負しようとします。

 

また、自由を好むので、空間的にも時間的にも拘束されることが大嫌い。

逆に自由な世界だと発想力が開花するタイプです。

 

現実的な根拠がなくても、直感力で生きるタイプだよ~。

 

 

ところがここで問題があります!!

 

INFPの人って、自分の直感力を有効活用するのが苦手なんですよね。

 

直感力を自分の心の中だけで楽しんでいて、

そもそも現実世界での役立てようとか考えていないみたい・・・。

 

なるほど、これが
「全体に内向(I)型なので外向(E)が目立たない」
っていうやつね。
確かに現実世界がちょっと苦手っぽい・・・。

 

そういった「商売っ気のなさ」というか、変に無欲というか、ビジネスライクに徹しきれない点がINFPタイプの一番大きな問題だと言えるかも。

 

 

ここまでのかくにん!

INFP 「商売っ気のないアーティスト」

メインの性格 ☞ 内向感情IFです。

☞ 表面には出さないが感情はすごく豊か。

サブの性格 ☞ 外向直感ENです。

☞ 現実より夢、理想、未来に興味がある。

☞ お金儲けとかに興味なし。

 

 

スポンサードリンク

INFPは好きなことを実現するために何か特技を身につけよう

 

INFPが適職を探す時、絶対に心がけるべきこと。

それは無理して自分以外のタイプを演じないことです。

 

 

自分が好きなことをする

 

INFPは合理性、損得勘定より自分の感情を優先します。

だから基本的に「好き」を基準に仕事を選ぶことになります。

 

好きなものを作る仕事

好きなことを教える仕事

好きなことを伝える仕事

好きなところに行く仕事

好きな人に会う仕事

好きなものを見る仕事

 

このように「自分が好きな○○を○○する仕事」をいろいろ考えてみましょう。

そこに自分の天職があるはずです。

 

 

商品化できる特技を身につける

 

この世の中で生きて行くにはお金が必要です。

ところがお金儲けにイマイチ意欲的になれないのがこのタイプ。

 

でも、ずっとビンボーのままじゃ困ります。

そこで、次の3つのことを意識してみましょう。

 

好奇心を外の世界に向ける

積極的に情報を集める

実際にトライしてみる

 

 

たとえば今まで興味ゼロだった仕事や業種にも目を向けてみる。

そしてその情報を集めてみる。

その上で、「好きになれるかどうか」を考える。

 

何か行動を起こさないと世界は広がらないっていうこと!

 

 

「まだ今の自分には武器となるものが何もないな~」

・・・っていうんなら、何か特技を身につけましょうよ。

 

たとえば英会話やプログラミングでもいいでしょう。

特技が何か1つでもあれば、

その特技に自分の「好き」を織り交ぜて商売にできます。

もしかしたら、それがいずれ天職になるかもしれません。

 

 

INFPの人たちへの朗報!

 

今の世の中、少しずつですがINFPの人たちに有利な世界になってきていることを実感していますか?

 

最近、内向型人間の価値が見直されてきたし・・・。

そういえばIT界の有名人、お金持ちって少なからず内向型だよ。

 

それに今や単純肉体労働は機械、事務作業はITがやってくれる。

 

だからこれからは、想像力と直感力で勝負できるINFPの時代になるかもってこと!!

 

INFPって、これからは

めちゃくちゃ儲かりまくるアーティストになれるかもね!

 

INタイプが最も苦手とする「お金の感覚」を身につける方法

INタイプの人生戦略
INタイプが最も苦手とする「お金の感覚」を身につける方法INタイプ、つまり内向直感タイプとは次の4つのタイプのことです。 INTJ INTP INFJ INFP...

 

 

INFPに向いている仕事の傾向

 

・就職するならフレックスタイム制の企業がよい。

 

・リモートワークの企業がよいが、自宅に居てまで労働時間を管理する企業は息苦しくなるかも。

 

・プロセスはともあれ結果を出せばよい仕事が向いている。

 

・資格や特技を持っていれば企業を渡り歩けるような職種を選ぶとよい。

 

・ルーティンワークよりアイデア勝負の仕事がよい。

 

・体力仕事より頭脳労働の方が向いている。

 

スポンサードリンク