性格タイプ

感覚と直感 ― ものごとの知覚のしかた

感覚と直感

このページは『性格理解の基本』からの続きになっています。

 

世の中には次の2タイプがいることはお気づきでしょう。

どちらが言えば現実主義者の人
どちらか言えば理想主義者の人

ユング心理学ではそれを感覚タイプと直感タイプと言っています。
これは「その人は世界をどのように見ているか」で性格タイプを分類する方法です。

 

スポンサードリンク

人が外から情報を取り入れる方法は2つある

 

人間はつねに自分の周囲からいろんな情報を取り入れながら生きています。

この「情報を取り入れる」行動を心理学的には「知覚」と呼んでいますが、この時の「知覚のしかた」によってタイプ分けしたものが「感覚タイプと直観タイプ」です。

感覚(S)タイプの人

まさに現実主義者のことです。目で見る、耳で聞く、においを嗅ぐ、触ってみる、味わってみる、というように肉体の五感をもって世の中の「事実」を知覚、すなわち理解しようとするタイプです。

直観(N)タイプの人

「ひらめき」や「インスピレーション」で物ごとの本質をとらえてしまう人のことです。五感でとらえたものは表面的な現象に過ぎず、その裏側にある法則こそが真理である、と考えています。また、リアルな現実よりも理論や理想を大切にする人でもあります。

 

感覚 (S) タイプと直観 (N) タイプはこんなに違う

 

例えば海外旅行でギリシャの神殿など歴史的建造物を見学した場合、

感覚(S)タイプは次のようなことを心の中で考えます。

「ほう、立派な柱だな(と、実際に柱を手でパンパンと叩いて感触を確かめる)。どう見ても直径2メートルはあるぞ。高さは10メートル以上ありそうだ。それにいったい何本の柱が立ってるんだろう(と、柱の本数を数え始める)。それにしてもこんな何百トンもあるような大量の大理石を運ぶのは肉体的にキツイ仕事だよな。」

つまり、五感でもってその建造物という現実をリアルに観察するでしょう。

 

直観(N)タイプの場合は次のようなことを考えます。

「これは美しい建造物だ。この立派な大理石の神々(こうごう)しさといったら感動的だな。この何本あるかわからない柱が天上の世界を思わせる荘厳な大理石の屋根を支えている姿は、まさに古代ギリシア人にとって神々が支配する“宇宙”の表現だったんだろうな。」

このように必ずしも事実や数字に基づかない“真理”を現実の裏側に見ようとします。

 

整理すると、両タイプが外界から情報を取り入れる場合のスタンスはそれぞれ次のように言えるでしょう。

感覚(S)タイプは起きている事を『5W1H』でとらえる傾向がある。
つまり「Who(誰が)、What(何を)、When(いつ)、Where(どこで)、Why(なぜ)、How(どうやって)」という、誰もが事実として計測できる事実を重視する。

直観(N)タイプは目の前に起きていることの裏側にある法則や原理こそ重要な真理である、目の前の現実のみに注目するのは「木を見て森を見ない」姿勢である、というように考える。

 

スポンサードリンク

感覚 (S) タイプと直観 (N) タイプは互いに誤解しあう

 

こうした性格傾向の違いから、この2つのタイプは時にお互いを誤解しあう場合があります。

感覚(S)タイプから見ると、直観(N)タイプは単なる理想主義者で現実の厳しさから目をそらそうとしている、何を聞いても現実的に煮詰めた具体案を出さず、夢みたいな漠然としたことばかり言っている理屈屋にすぎない、といった印象を持ってしまいがちです。

直観(N)タイプから見ると、感覚(S)タイプはディテールばかりにこだわる視野の狭い人で、物事を全体の流れの中で見たり未来を見通そうともせず、目の前のことだけに縛られていて、将来の夢を語り合えない「つまらない人間」だ、と思えてしまう場合があります。

感覚タイプと直感タイプがデートする場合

感覚(S)タイプ直観(N)タイプの恋人どうしが食事をするレストランを選ぶ時、ちょっとした「いきちがい」が生じる場合があります。

舌が肥えていて食通の感覚(S)タイプの彼は「食事をするなら、まず味だ。店の雰囲気など二の次、三の次でよい」と考えます。

ところが直観(N)タイプの彼女の方は「味は味で大切だけど、大切な二人の記念日だからこそ雰囲気のよいレストランで食事することに意味がある」と考えます。

モーツァルトと音響機器のどちらが素晴らしいのか?

感覚(S)タイプ直観(N)タイプの違いをよく表しているエピソードがあります。有名な話なのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、ここでもご紹介しておきましょう。

モーツァルトの音楽を聴きながら、感覚、直観の両タイプの音楽仲間が感想を述べあっています。
特に直観(N)タイプの人はモーツァルトの音楽を聴いた時の感動を「魂が震える!」などと表現しながら熱く語っています。

 

感覚(S)タイプの人は直観(N)タイプの人がモーツァルトを語るのを聞きながら、「よくあんな時代遅れの音響の悪いプレーヤーでモーツァルトを聴いて、モーツァルトが“わかる”などと言っていられるものだ」と内心ではあきれています。

しかし直観(N)タイプの人にしてみれば、「感覚(N)タイプの彼は単なるオーディオマニアに過ぎず、モーツァルトが好きだなどと言っていながら、実はご自慢のプレーヤーが好きなだけだろう」と皮肉の一つでも言ってやりたいと思っています。

この2人の考え方の何が違うかというと、直観(N)タイプの人はたとえ音響が悪くても、その向こう側にモーツァルトのエネルギーを感じ取ろうとしているのに対し、感覚(N)タイプの人の場合はたとえモーツァルトが素晴らしくても、それを再生する音響機器が悪ければ話にならない、と考えている点です。

 

感覚 (S) タイプと直観 (N) タイプの仕事スタイル

 

この2つのタイプの「現実指向VSひらめき指向」という構図は、「仕事に取り組む姿勢」においても特徴的に現れます。例えば営業マンの場合なら次のような違いが出てきます。

感覚タイプの仕事スタイル

感覚(S)タイプの人の営業スタイルは「地道な努力で利益を着実に積み上げる」といった感じです。マーケティング調査の数字をもとに、まず、営業エリアやターゲットをリストアップします。そしてそれをもとに営業をしかけ、コツコツと販路を拡大していきます。いわゆる「足で営業するタイプ」ともいえるでしょう。

直感タイプの仕事スタイル

直観(N)タイプの人の営業スタイルは「アイデア」や「インスピレーション」に頼る傾向があります。例えば電車の中で小耳にはさんだ女子高生の会話をもとに「あっ、そうだ!」と突然アイデアがひらめきます。さっそく企画書を書き上げて会議に出すのですが、確たる根拠もないアイデアなので、ほとんどの人は大反対するでしょう。でも、たまたまその企画が通った場合、大ヒット商品につながる可能性があります。

 

まとめ

 

天職を探している皆さんの場合、ご自分はどちらのタイプだと思いますか。どちらのタイプであったとしても、あなたのその「タイプ」を自由に活かせる職場を選ぶことが大切です。

ただし、一概に「この業界は感覚(S)タイプ向けだろう」とか、「この職種は直観(N)タイプの方が有利だな」などと早合点してしまうのは危険です。

同じ業界、同じ職種であっても、感覚(S)タイプが生きやすい会社もあれば、直観(N)タイプが生きやすい会社もあります。

「天職」を探すということは、ある意味、「天職場」を探すことでもあるのですから、とりあえずは“企業の求人に応募し、面接を受けてみる”という「行動」を起こしてみる必要はあるでしょう。

 

スポンサードリンク