ナマケモノ性格診断

超カンタン!ユング心理学の性格理論の基本の「き」

性格理解の基本

このページは『簡単な性格テスト』からの続きになっています。

 

今、このページをご覧いただいている方の多くはすでに簡単な性格テストを受けて下さった方だと思います。

(中には「他のサイトでテストを受けた」という方もいらっしゃるでしょう)

 

でも、ナマケモノのホンネはと言うと、

性格テストの結果だけで自分の性格がわかったつもりになるのはアブナイ・・・

 

はっきり言って、性格テストなんて

いいかげんです・・・

その証拠に、受けるたびに結果が変わったりするでしょう?

 

それに人間の性格というものは

どちらとも言えない
ビミョーな部分

の集積でできています。

でも、そのビミョーな部分は性格テストでは検出できません。

 

こうした性格テストの「いいかげんさ」をカバーするには、性格理論を自分で勉強してみるのが一番です。

そこでこのサイトではユング心理学で「タイプ論」と呼ばれている、性格分析法の基本をわかりやすくお伝えすることにしました。

まさに基本の「き」です。

でも、たぶんこれだけで十分でしょう。

 

 

Sponsored Link

「16の性格」(MBTI等)の元ネタはユング心理学

 

以前のページでも述べたように、「16の性格」に関する診断法(MBTI)はアメリカ人がユング心理学を元ネタにして作った性格検査法です。

 

だから大半はユングの理論で構成されていますが、一部に独自の理論が含まれています。

では、どこが独自なのかをわかりやすく説明しましょう。

 

ユング心理学だと性格タイプは8種類

 

ユング心理学では人の性格タイプを次の3組の指標で考えていきます。

 

外向(E)型 or 内向(I)

感覚(S)型 or 直観(N)

思考(T)型 or 感情(F)

 

ユング心理学ではこの3組の指標の組み合わせで人の性格タイプを考えます。

したがって2×2×2で計8通りのタイプが考えられます。

 

例えば次のようなタイプが考えられます。

外向(E)×直観(N)×感情(F)

内向(I)×感覚(S)×感情(F)

etc.

 

「16の性格」では性格タイプは16種類

 

「16の性格」では上の8種類にさらに次の指標を組み合わせます。

知覚(P)型 or 判断(J)

 

上の8種類がさらに2パターンずつに別れるので、合計16タイプとなるわけですね。

 

例えば次のように・・・

外向(E)×直観(N)×感情(F)×知覚(P)

内向(I)×感覚(S)×感情(F)×判断(J)

etc.

 

では、次にこの4組の各指標について説明していきます。

 

 

外向(E)と内向(I)・・・興味や関心の向かう方向

 

Extrovert 外向

Introvert 内向

 

人の性格について考える時、もっとも基本となります。

興味や関心、希望、期待などが「周囲の世界に向けられる」のか、それとも「自分自身へ注がれる」のかの違いです。

 

この外向(E)内向(I)についてはユング心理学では「(心理学的)態度」と呼んでいます。

一方、「感覚(S)直観(N)思考(T)感情(F)」の4つは「(性格)機能」と呼んで区別しています。

 

外向(E)内向(I)については次のページにわかりやすい説明があります。

『外向と内向 ― 興味や関心の向かう方向』

 

 

Sponsored Link

感覚(S)と直観(N)・・・ものごとの知覚の仕方

 

Sense   感覚

iNtuitive 直観

※イニシャルはIですが、「Introvert(内向)」と区別するために先頭から2番目の文字であるNを使っています。

 

感覚(S)直観(N)の2つの「性格機能」は人間の知覚機能に属すると考えられます。

つまり周囲の環境から情報をキャッチするための性格機能です。

インプットのための機能と考えてもいいでしょう。

 

▼感覚(S)直観(N)については次のページにわかりやすい説明があります。

『感覚と直観 ― ものごとの知覚のしかた』

 

 

思考(T)と感情(F)・・・ものごとの判断の仕方

 

Think 思考

Feel   感情

 

思考(T)感情(F)の2つの「性格機能」は人間の判断機能に属すると考えられます。

つまり物事に対する価値判断を下すための性格機能です。

アウトプットのための機能と考えてもいいでしょう。

 

思考(T)感情(F)については次のページにわかりやすい説明があります。

『思考と感情 ― ものごとの判断の仕方』

 

 

知覚(P)と判断(J)・・・周囲や他人との接し方

 

Perceive 知覚

Judge    判断

 

知覚(P)型か判断(J)型かは「情報を得てから行動する」のか、それとも「とりあえず行動してみる」のかの違いだと言えます。

 

前述の通り、この指標はユング心理学にはなく、MBTI独自のものです。

しかも独特の理論を展開しています。

少し理解しづらい点もあるのですが、このサイトではわかりやすい説明ができたと思っています。

 

知覚(P)判断(J)については次ののページにわかりやすい説明があります。

『知覚と判断 ― 周囲との接し方 その①』

『知覚と判断 ― 周囲との接し方 その②』

 

 

▼性格テストの診断結果を見たい方はこちらのページに進んでください。

どちらとも言えないグレーゾーンはどうする?

診断結果はこのページにあるよ

 

Sponsored Link