性格タイプ

まずは自分を知ること

まずは自分を知る
スポンサードリンク

ユングのタイプ論をベースにして自分の性格を分析する

 

みなさんはスイスの有名な心理学者であるユング(1875年~1961年)の名前をお聞きになったことがあると思います。「名前は知っているけれど、具体的にどんな研究をした人かは知らない」という人も、例えば「外向的」「内向的」といった言葉くらいはご存知で、ご自身でも使っていらっしゃるのではないでしょうか。実はこの外向、内向という言葉の発明者がユングなのです。

これ以外にも、「直感的」「感覚的」「感情的」など、私たちが人の性格について語る上で何気なく使っている言葉が実はユングによって学問的に整理されたものであり、それが(誤解や曲解はあるものの)現代の私たちに浸透しているのです。

人の性格タイプを考える方法にはいくつもの種類がありますが、上に述べたように、ユング理論には私たちにとって「なじみの言葉」がたくさん使われていて、「とっつきやすい」印象があると思います。

そこで、このサイトではユングの「タイプ論」をベースにして、人の性格や天職、適職を考えてみることにしました。

 

性格を16種に分類するMBTI理論も参考にしてみる

 

ユングのタイプ論をベースにして、1900年代中頃、アメリカ人のブリッグスとマイヤーズは質問紙による性格検査法を開発しました。
この2人の名前をとって、Myers – Briggs Type Indicator(マイヤーズ・ブリッグス性格指標)。略してMBTIと呼ばれています。

ユングのタイプ論をもとにすると、性格は8タイプに分類することができます。
MBTIではユングの8タイプをさらに各々2パターンに分け、合計16種類に分類しています。ただし、タイプの数が8から16に増えたから内容もより厳密になったというわけではありません。

ユング心理学においては「コンプレックス」や「元型」など多岐にわたる概念を考え合わせながら人間をとらえようとしており、性格タイプもそうした考え方の一部として扱われています。つまり、単に8タイプと言っても、その背景には非常に奥行きの深い理論体系があるのです。

一方、MBTIにはユングのタイプ論のみを借用して別展開した感があり、根本的に目新しい理論ではないでしょう。実際、純粋にユング理論を研究している学者の多くはMBTIに対して疑問を持っていると言われています。

ただ、質問紙法という簡便なやり方で誰もがほぼ的確に自分の性格傾向を把握できるようになったという点においては評価できると考え、このサイトでは逆にその方法をお借りすることにしました。

しかし、当サイトで展開する16種の性格分けは純粋な意味でのMBTIを基本にしているのではなく、あくまでもユングのタイプ論をベースにした上での解釈だということをお断りしておきます。
もし純粋にMBTIのみについて知りたいという方はそちらの専門機関をお訪ねになることをお勧めします。

 

スポンサードリンク

タイプ分類は単なるレッテル貼りではなく、自分の得意技を知るためにある

 

「君はいかにもB型だね」などと血液型で性格を判断されると、それが当たっていようがハズレていようが嫌な気分になる人がいます。これは「あなたはいつどんな時もB型」という「レッテル」を貼られることへの抵抗感や反感があるからです。

そして、もし同様にユングのタイプ論も同様のレッテル貼りだとお考えなら、それは間違っています。
ユングによれば「性格とは習慣化された心の働き」であって、いわば「考え方のクセ」とも言えるものです。

また、「心の利き手」という言われ方もします。つまり、人には右利きの人、左利きの人がいて、普段はもちろん両手を使って生活しているけれども、例えばハサミを使う場合は「右手の方が得意だ」、あるいは「左手の方が使いやすい」ということに似ている、という考え方です。

例えば普通、右利きの人は食事の時に右手で箸を持ち、左手で茶碗を持ちます。右利きだからといって、右手で茶碗を持つと何か変な気がしますよね。
ちなみに私は右利きですが、なぜかパソコンのマウス操作は左手の方が得意です。

これと同じで、タイプ論で「○○タイプ」という判定が出たとしても、人はその「○○タイプ」のみで生きているわけではありません。一応、どの人もすべての性格側面を持っているけれども、ここ一番という時、つい得意技として出てくるのが「○○タイプ」の性格である、ということです。

左利きのゴルファーが右利き用の道具を使っても良い成績は出せません。また、私も右手でパソコンのマウスを使おうとは思いません。なぜなら何となく調子が出ないし、疲れやすいように感じるからです。

これと同じで、自分の性格は「○○タイプ」である、とわかっているのに、無理してまで「△△タイプ」や「□□タイプ」向きの職業に就く必要はありません。

「○○タイプ」には「○○タイプ」にあった職業が必ずあるはずです。
つまり、「自分の心の利き手」を100%活かすことができる職業こそ自分に一番合っているということです

 

それではさっそく次の簡単な性格テストを受けてみてください。

簡単な性格テスト
あなたの性格傾向がざっくりわかる簡単なテストこのページは『まずは自分を知る』からの続きになっています。 まず最初に何の先入観や知識も持たず、次の各質問に答えていただきます...

 

スポンサードリンク