このサイトの概要

 

日本におけるMBTIブームの火付け役となったものの完全埋没・・・。

再起を期して『ナマケモノ心理学』を作った経緯をお話しします。

 

2014年に初めて心理学サイトを作るも放置

 

こんにちは、ナマケモノです。

 

私は子供の時から心理学が大好きで、大学では心理学を専攻しました。

社会人になってからも心理学熱は覚めず、特にユング心理学に対する思いは深まるばかりでした。

 

そんな私が初めて心理学関連のウェブサイトを作ったのは2014年のことです。

 

当初、ユング心理学を中心にしたサイトにするつもりでしたが、その路線でゆくとまるで論文集みたいなサイトになってしまうことに気づきました。

そこで思いついたのが「性格診断テスト方式のサイト」です

そして目を付けたのがMBTIでした。

 

 

MBTIはユング心理学をベースにしてアメリカ人が作った一種の性格検査法です。

 

すでに海外では有名でしたが、当時の日本ではまだほとんど、というか、まったく知られていない状態でした。

(MBTIや「16の性格」関連のサイトもほぼゼロでした)

 

MBTIについてはこちらの記事が参考になります。

 『ユング心理学を知らずにMBTIだけを学ぶと失敗する理由』

 

そこで私はこのMBTIを天職探しに利用するサイトを作りました。

それがこちらのサイト↓

『性格タイプ別 天職の探し方・天職との出会い方』

(中身の記事はすべて新しく書き直した上で当サイトに移動させています)

 

 

当時としては新しいジャンルのサイトだったため、多くの方に読まれました。

ネット上ではずいぶん話題になったりもしました。

 

ところがこれは直観(N)型にありがちな欠点なのですが、私、ナマケモノには非常に飽きっぽいところがありまして・・・。

1か月間ほどで上記のサイトを完成させた後、そのまま放置してしまったのです。

そしてその間にMBTI関連の類似サイトが次から次へと出てきたのです。

 

 

ブームの火付け役となったが埋没してしまう

 

皆さんはGoogleトレンドというサイトをご存知でしょうか?

このサイトではGoogleで検索されたワードの検索ボリュームを時系列にしてグラフで見ることができます。

どの時期、どの言葉がどのくらい検索されたかで、当時のトレンドがわかるというサイトです。

Googleトレンドのウェブサイト

 

MBTI関連で最も頻繁に検索されるワードは「INFP」です。

そこで「INFP」という言葉の検索ボリュームをこのGoogleトレンドで調べたのが下のグラフです。

期間は「2010年1月から2022年5月まで」として出してみました。

GoogleトレンドでINFPを調べたケース

 

私が自分のMBTIサイトを作ったのは2014年の5月頃でした。

その翌年の2015年の前半から徐々にグラフが上向いていることがわかりますね。

 

これは私のサイトへの流入がどんどん増えていったからではありません。

そうではなく、ちょうどこの頃からMBTI関連の類似サイトが爆増してMBTI自体が広く知られるようになったため、「INFP」という言葉が検索される回数も増えていったからです。

 

どうやら私の旧サイトは日本におけるMBTIブームの火付け役となったようです。

しかし、そのブームが大きくなるにつれ、一番最初に作った私のサイトは埋没してしまいました。

 

 

ユングでもMBTIでもない『ナマケモノ心理学』

 

「いかにも直観(N)型らしい飽きっぽい性格」ゆえに私は自分の旧サイトを放置した・・・と述べました。

でも、実を言うと放置理由はそれだけではありません。

 

やはり私にとってはユング心理学が一番大切で、MBTIは一時的な寄り道に過ぎませんでした。

 

とは言え、MBTIは今でも人気があって、需要もあります。

そこでMBTIふうの形式はとりながらも、内容的にはユング心理学に回帰したサイトをもう一度作りたいと思いました。

それで2020年に作り直したのがこの『ナマケモノ心理学』です。

 

・・・と、ここまで読んで下さった方の中には、もしかすると

「えっ、MBTIじゃないんだ、ガッカリ・・・」

という人がいるかも知れません。

 

でも、その心配は無用だと思います。

なぜかというと、MBTIはもともとユング心理学から派生した理論ですが、内容的に少しわかりづらい部分があるように思います。

それを本来のユング心理学で解釈し直すことで、むしろ理解しやすくなったと思います。

 

ただ、MBTIのスタイルを引きずっているため、ユング心理学としては少々無理している部分はありますけど・・・。

でも、全体としては理解しやすいように整理できたと思っています。

 

 

もう1つ付け加えておけば、『ナマケモノ心理学』はMBTIでないのはもちろんのこと、上述のような理由から純粋な意味でのユング心理学でもありません。

このサイトには、私ナマケモノ自身が長年にわたって人間観察を続ける中で発見したことをかなり盛り込んでいます。

 

したがってユング専門家の方が

「ユング心理学とも違うぞ!」

とお感じになったなら、まさにその通りです。

 

なぜならこのサイトはもはや

『ナマケモノ心理学』

としか呼びようのない心理学だからです。

 

 

悩み多い人生に『ナマケモノ心理学』を

 

『ナマケモノ心理学』では性格タイプについてだけでなく、近年、話題になっているHSPトラウマ愛着障害などのテーマについても扱っています。

 

なぜなら自分の性格タイプを知りたいと思っている人の中には、こうした精神的な悩みや問題を抱えている人も多いと感じたからです。

(私自身がそうですから・・・)

 

でも自分の性格タイプを知ることで、こうした問題を解決する糸口が見つかるはずです。

(私自身がそうでしたから・・・)

 

というわけで、悩み多い人生を送っていらっしゃる方がおられれば、このサイトが少しでもお役に立てれば幸いです。