性格タイプ

ESFJ 「世話好きなしっかり者」タイプ

ESFJ
ESFJ 世話好きなしっかり者

見るからに親切な人だけど
(外向感情EF:メイン)

意外にちゃっかりしている
(内向感覚IS:サブ)

 

見るからに親切そうなタイプで、面倒見のよい人です。

でも少し世話やき過ぎるところもあるので、加減も必要です。

 

このページをお読みいただく前に、
まず、性格理解の基本のページをお読みいただくといいでしょう。
その方がこのページに書いてあることが
スーッと頭に入ると思います。

もし時間に余裕がある方は
『性格タイプを学ぶと見えないものがたくさん見えてくる』
から順番にすべて読んでくださった方が理解が進みます。

 

スポンサードリンク

ESFJは「見るからに親切そうな人」タイプ

 

メイン ☞ 外向感情EF

 

ESFJのメインは外向感情EFです。

つまり、外向(E)感情(F)

 

まず、このメインの性格から説明します。

 

外向(E)タイプとは・・・

 

外向(E)とは、

外からの刺激を自分の表面で受け止め、瞬発的に反応していく性格。

 

ちょっとわかりづらいですね。

 

要するに、

物事を深く考えすぎない人

とも言えます。

 

だからこそ、パッと見て

「わかりやすい性格」

 

喜怒哀楽を素直に出す人とも言えます。

 

こういうタイプは外向(E)です。

 

ただ、間違えないでほしいのは「社的」とは微妙に意味が違うってこと。

でも、外向(E)だと結果的に「社的」になってしまう場合が多いのも事実です。

 

感情(F)タイプとは・・・

 

感情(F)とは、

理屈より「人の気持ち」優先で物事を判断する性格機能。

 

一応、これは心理学上の用語です。

ですが、いわゆる「感情的な人」っていう場合の「感情」とだいたい似たような意味です。

 

「正しいかどうか」より

「好きか、嫌いか」を判断基準にする人です。

 

また、

理屈より、人の輪を大切にする人。

 

これでだいたい想像がつくと思います。

 

外向感情EFとは・・・

 

ESFJの場合、外向感情EFがメインの性格です。

☞ つまり、外向(E)感情(F)

 

この性格傾向をカンタンに言えば

「見るからに親切そうな人」

といった感じです。

 

実際、親切な人が多いです。

面倒見のよい人も多いです。

困っている人を見ると、いろいろ手を貸してあげます。

 

だから世の中ではとても頼りにされる人です。

 

 

ESFJは人に感謝されることでエネルギーが倍増する

 

サブ ☞ 内向感覚IS

 

ESFJのサブは内向感覚ISです。

つまり、内向(I)感覚(S)

 

内向(I)タイプとは・・・

 

内向(I)とは、

「自分1人、心の奥でいろんな処理をする」

という性格機能です。

 

この性格機能は外向(E)に比べると

周りの人からは、わかりづらいですよ。

 

感覚(S)タイプとは・・・

 

感覚(S)とは、

夢や理想より、

手ごたえのある生き方をしたい!

という性格傾向です。

 

ある意味、現実主義者なんですね。

 

内向感覚ISとは・・・

 

ESFJのサブは内向感覚ISです。

つまり、内向(I)感覚(S)

 

このタイプの人は

表面は柔らかく見えて、

心の中は意外に現実派です。

そういう意味ではしっかり者だし、

ちゃっかりしています。

 

 

では、

ESFJ「世話好きなしっかり者」タイプの性格をまとめてみましょう。

 

いったんここで整理しよう!

メインは外向感情EF

☞ 見るからに親切な人。

サブは内向感覚IS

☞ 心の中は意外に現実派。

 

ESFJは見るからに親切そうだけど、割と現実的に物事を考える人です。

「こういう親切をすると、こういうふうに評価されるはず」

ってことを、それとなく考えてもいます。

 

無欲ではないが、がめつくもない。

ただ、感謝の言葉が聞ければ十分、ってところもありますね。

 

人から感謝されることで、それを自分のエネルギーに変えていく人です。

 

ただ1つ、欠点を言えば、

少々せっかちなところ。

 

早く結果を出したくて、

自分の愛情や親切を人に押しつけるところがあります。

・・・というか、人からみると、そういうふうに感じるってことね。

 

世話をやくにしても、それを受け取る側のペースも考えないと・・・。

加減も必要ですね。

 

 

スポンサードリンク

ESFJには「人の世話をやく才能」がある

 

ESFJの人は

いわゆる聖職と呼ばれる仕事に向いています。

あっ、宗教関係の仕事じゃないよ!!

 

たとえば

・教職

・看護師

・福祉関係

・介護関係

など。

 

つまり教育、医療、福祉関係の仕事のことです。

 

また、人の成功を陰で支える仕事もいいですね。

たとえば

・コンサルティング関係

・結婚仲介業

など。

 

カンタンに言えば

人間相手の仕事で

相手の幸福を願うような仕事。

 

つまり、このタイプは「天性の世話やき」なんですね。

その「世話やき」の才能を活かせばいいのです!

 

そしてお客さんの喜ぶ笑顔が見れれば一番。

するとエネルギーも増える!

 

その目線でぜひ自分の天職を探してみてください。

 

 

ESFPに向いている仕事の傾向

 

・どんな小さなことでもよいので、人の役に立っているという実感や手ごたえがモチベーションの向上につながる性格である。

 

・そのつど対面で感謝の言葉を直接もらえる仕事が向いている。

 

・結果が出るのが一年先、といった仕事ではなく、できれば短期間で努力の結果を確認できる仕事の方が向いている。

 

・家庭的な雰囲気、それも自分の家のような気分で立ち回れる職場の方が仕事をしやすい。

 

・自分が活躍できる「縄張り」のようなものを重視するので、あまり転勤や配置換えのない仕事がよい。

 

スポンサードリンク