性格タイプ

ESTP 「行動あるのみ」タイプ

ESTP
ESTP 行動あるのみ

理屈を考えるのは最小限にし
(内向思考IT:サブ)

五感をたよりに人生を充実させる
(外向感覚ES:メイン)

 

考えている暇があったら、

まずは「やってみる!」というタイプ。

失敗しても引きずらないし、切り替え上手。

ただ、あっさりし過ぎて、

人の気持ちに少し無頓着な部分も・・・。

 

このページをお読みいただく前に、
まず、性格理解の基本のページをお読みいただくといいでしょう。
その方がこのページに書いてあることが
スーッと頭に入ると思います。

もし時間に余裕がある方は
『性格タイプを学ぶと見えないものがたくさん見えてくる』
から順番にすべて読んでくださった方が理解が進みます。

 

スポンサードリンク

ESTPは「考え込むより、まず行動」タイプ

 

メイン ☞ 外向感覚ES

 

ESTPのメインは外向感覚ESです。

つまり、外向(E)感覚(S)。

 

まず、このメインの性格から説明します。

 

外向(E)タイプとは・・・

 

外向(E)とは、

外からの刺激を自分の表面で受け止め、瞬発的に反応していく性格。

 

ちょっとややこしいですね・・・。

 

要するに、

物事を必要以上に考え過ぎない性格。

 

考え込む人って、止まっちゃいますよね。

でも、このタイプは止まるんじゃなく、

パッと受け取って、パッと動く。

そんな感じです。

 

だから、

くよくよしない、

すぐに環境に順応できる、

にぎやかな環境の方が好き、

・・・といった性格傾向になりますね。

 

ただ、間違えないでほしいのは「社的」とは微妙に意味が違うってこと。

でも、外向(E)だと結果的に「社的」になってしまう場合が多いのも事実です。

 

いわゆる

「わかりやすい性格」の人って、

たいがい外向(E)タイプですね。

 

感覚(S)タイプとは・・・

 

感覚(S)とは、

夢や理想を追うより、

現実を追いかけるのが好き

という性格傾向です。

 

こういう性格傾向の人は

将来の夢とか、理想とかより、

今、これから何をするか?

に焦点を合わせて生きています。

 

こういう人を現実主義者とも言いますね。

(正反対なのが理想主義者です)

 

外向感覚ESとは・・・

 

ESTPのメインは外向感覚ESです。

つまり、外向(E)感覚(S)。

 

この特徴をカンタンに言うと、

この世を五感で思いっきり楽しみたい

というタイプ。!

 

だから

「生きる意味とは?」

「幸せとは?」

・・・なんてことは考えません。

 

そんなことを考えるヒマがあったら

「まず行動!」というタイプです。

 

 

ESTPは奔放に見えるが心の中では計算している

 

サブ ☞ 内向思考IT

 

ESTPのサブは内向思考ITです。

つまり、内向(I)思考(T)

 

次にこのサブの性格特性についてです。

 

内向(I)タイプとは・・・

 

内向(I)とは、

「自分1人、心の奥でいろんな処理をする」

という性格機能です。

 

サブなので、

この人の裏側でさりげなく働いている感じです。

 

思考(T)タイプとは・・・

 

思考(T)とは、

感情や気持ちより、論理性、合理性を優先しようとする性格機能。

 

つまり感情に流されるより、

合理的に割り切る性格ということ。

 

内向思考ITとは・・・

 

ESTPのサブは内向思考ITです。

つまり、内向(I)思考(T)

 

表面的にはわからないけど、

心の奥では案外、

合理的にものを考えているってこと。

 

 

さてここで、ESTPの性格について整理してみましょう。

 

ここでいったん整理しよう!

メインは外向感覚ES

☞ この世を五感で思いっきり楽しみたい。

サブは内向思考IT

☞ 合理的な考え方を大切にする。

 

 

 

このタイプは見るからに自由奔放に生きています。

しかしその奔放さのかげに

案外、計算している部分もある、

ってことが言えそうです。

 

単に

「当たって砕けろ」ではない

ってことです。

 

 

スポンサードリンク

ESTPはあっさりし過ぎて他人の気持ちに無頓着

 

ESTPの最大の武器は

感覚能力、つまりセンスのよさ

 

そしてもう1つが

「切り替えのうまさ」です。

 

かりに落ち込むことがあっても、

次の瞬間、パッと切り替えて立ち直る。

 

なぜならこのタイプにとっては

「今こそすべて」だからです。

だから引きずらない。

 

また、仕事のオン、オフの切り替えも上手です。

全力で働いた後は全力で遊びます。

 

 

こうしたESTPの性格は、ある意味、

あっさりし過ぎ!

という言い方もできます。

 

ESTPは明るくて人気者。

でも、時々、

「なんだか情が薄い人だよね!?」

って見られる場合もありますね。

 

 

また、

「思い立ったが吉日」

みたいな感じで即行動する人。

 

そんな自分のペースを変えない。

他人のペースにも合わせない。

 

だから時々、

「身勝手な人だなぁ~」

って思われることもあります。

 

・・・これがESTPの課題ですね。

 

 

ESTPは自由奔放を許される環境で働くこと

 

ESTPの武器と言えば

持ち前の行動力、

機動力、

瞬発力、

バイタリティー、

そして誰とでも仲よくなれる

驚異の対人能力です。

 

だから営業職や客商売は向いています。

どちらか言えば、デスクワークはあまり向いていないかもしれません。

 

もしESTPの適職イメージを

1つだけあげるとするなら

客室乗務員(フライトアテンダント)

あたりでしょうか。

 

テキパキ動ける、

切り替えがうまい、

適度に肉体労働、

・・・といったところがESTPにフィットしています。

 

もちろん「客室乗務員になりましょう」と言っているわけではありません。

あくまでもイメージと考えてください。

 

 

ESTPは物質面でのセンスのよさも武器にできます。

たとえばアート関係の仕事は似合いです。

 

具体的に言えば

音楽家、

工芸家、

彫刻家、

ファッションデザイナー、

パタンナー、

スタイリストなど。

 

あるいはアパレル企業の営業職などもいいでしょう。

いずれにせよファッション業界はESTPに合いそうです。

 

また美容師などもいいですね。

 

 

すでに述べましたが、

ESTPにデスクワークは向かない場合が多いです。

 

それに加えて、

新しい出会いのない仕事も嫌になるかもしれません。

つまり、ルーティンワークは合わないということです。

 

そういう意味でも、ファッションのように

次々と移り変わるものに関われる仕事

が似合ってますね。

 

 

ESTPに向いている仕事の傾向

 

・社員に「冒険」をさせてくれるような社風がよい。

 

・偉大な創業者や経営者のやり方をそのまま踏襲しなければならない職場は向いていない。

 

・まず先輩にお手本を示され、その通りに行うことを強要される職場は合わない。

 

・接客や販売などについての詳しいマニュアルがあり、その通りの手順でやらなければ失点となるような職場は難しい。

 

・同じ営業をするにしても顧客管理ではなく新規開拓営業が向いている。

 

・業界での地位がすでに確立し経営が安定している老舗企業より、多少は不安定でもまだまだ伸びしろの大きい若い企業の方が向いている。

 

・新入社員研修も不十分なまま、いきなり最前線に送り込まれて「さあ、やってみろ」と言われるような職場の方が案外やる気が出るタイプ。そういう意味では、新人研修をあまりにも慎重に長期間やりすぎる企業に入るとモチベーションが下がる可能性がある。

 

・メンテナンス関係の仕事をするにしても、決まり切った定期点検が中心の仕事は合わない。毎回、予測できないトラブルに対処していくような内容の方がモチベーションが上がる。

 

スポンサードリンク