性格タイプ

ENTJ 「凡人を導くリーダー」タイプ

ENTJ
ENTJ 凡人を導くリーダー

直観的に最善策を見つけ
(内向直観IN:サブ)

それを言葉で論理的に説明できる
(外向思考ET:メイン)

 

「物事はこうあるべき」という理想論を持っていて、それを周囲に筋道立てて説明できる人です。

説得力のある話し方をするので、オピニオンリーダーになりやすいタイプです。

 

このページをお読みいただく前に、
まず、性格理解の基本のページをお読みいただくといいでしょう。
その方がこのページに書いてあることが
スーッと頭に入ると思います。

もし時間に余裕がある方は
『性格タイプを学ぶと見えないものがたくさん見えてくる』
から順番にすべて読んでくださった方が理解が進みます。

 

スポンサードリンク

ENTJはいつも合理的な結論をサッと出してくる

 

メイン ☞ 外向思考ET

 

ENTJのメインは外向思考ETです。

つまり、外向(E)思考(T)

 

まずはこのメインの性格について解説しましょう。

 

外向(E)タイプとは・・・

 

外向(E)とは、

外からの刺激を自分の表面で受け止め、瞬発的に反応していく性格機能。

 

・・・と言われても難しいので、

少し言い換えますね。

 

外向(E)タイプの人って、

悩み事でもなんでも、

あまり自分の心の奥底まで持ち込んで

長時間、悩むってことがないんです。

 

・・・っていうか、自分1人で悩めない性格。

 

だから悩みが大きいと、

さっさと人に相談しちゃう。

 

逆に内向(I)の場合、悩み事があると1人でいつまでも悩み続ける人が多いね。

 

結果的に、

くよくよしない、

すぐに環境に順応する、

にぎやかな環境が好き、

・・・みたいな性格になりますね。

 

パッと見て「わかりやすい性格」の人はけっこう外向(E)タイプです

 

思考(T)タイプとは・・・

 

思考(T)とは、

感情や気持ちより、論理性、合理性を優先しようとする性格機能。

 

人間だから、そりゃ時には情に流されそうになる場合もあるでしょう。

でも、このタイプはそんな時だって、

「いかんいかん、

正しいことは正しい、

間違っていることは間違っているんだ!」

と自分に言い聞かせて

論理的に判断しようとします。

 

逆に、感情的で理不尽なことを言う人を見るとイライラします・・・。

 

この思考(T)タイプの強みはというと、

説明能力が優れている!

ということ。

 

外向思考ETとは・・・

 

外向(E)思考(T)

外向思考ETがこのタイプのメイン。

 

ズバリ言えば、

「さっさと合理的に考えよう!」

っていう性格タイプの人です。

 

学者みたいに1つの命題を何年間もジーッと考えていたりしない。

どちらかって言うと

敏腕経営者とか政治家タイプかな。

 

別に組織を率いていなくても、

オピニオンリーダーとして活躍している人もいるね。

 

どんなことを聞かれても

「持論」をパッと出してくる。

だから頭よさげに見える人。

 

 

ENTJは理想論を周囲にわかりやすく説明するのが得意

 

サブ ☞ 内向直観IN

 

ENTJのサブは内向直観INです。

つまり、内向(I)直感(N)

 

今度はこのタイプのサブ的性格についてです。

サブなのでサラッといきますね。

 

内向(I)タイプとは・・・

 

内向(I)とは、

「自分1人、心の奥でいろんな処理をする」

という性格機能です。

 

外向(E)で出ている性格面ほど目立たない。

でも、この人の裏で働いている部分です。

 

直感(N)タイプとは・・・

 

今度は直感(N)についてです。

これには大きく分けて2つの意味があります。

 

1つは文字通り、

直感力があるってこと。

つまりヒラメキ型の性格ってこと。

 

2つめは

現実よりも理想、夢、未来を重視する人だってこと。

理想主義者とも言えますね。

 

「現実はこうだから仕方ないんだよ・・・」

ではなくて、

「こうあるべきだよ!」

と考えるタイプです。

 

内向直観INとは・・・

 

内向(I)直感(N)

内向直観INがこのタイプのサブ。

 

こういうタイプは

いつも心の中に理想論を持っています。

 

 

それではここで

ENTJ 「凡人を導くリーダー」タイプの性格をまとめておきましょう。

 

ここでいったん整理しよう!

メインは外向思考ET

☞ さっさと合理的に考える人。

サブは内向直観IN

いつも心の中に理想論を持っている。

 

ENTJの人って、自分の中にいつも理想的な社会像っていうものを持っています。

もっとカンタンに言えば、

「自分の意見を持っている」

ってことです。

 

それを周囲の人に論理的に説明できるんだよね。

 

内向直観INだけだと

詩人とか・・・

わけのワカラン哲学者とか・・・

だったりする。

 

だけどENTJの場合、

外向思考ETがメインなので

人にわかりやすく説明できる。

だからオピニオンリーダーになりやすい。

 

だけど1つ残念な点は

この人の言うことには

やや現実感がとぼしいってこと。

 

ソレ、30年後なら実現するかもね・・・

ってことも平気で言う。

 

ただネット社会では圧倒的に有利なポジションにつけるタイプですね。

 

 

スポンサードリンク

ENTJは頭脳のキレはよいが人の感情面にはうとい

 

このタイプは持ち前の切れのよさで

どんな時でも、どんな現場でも、

すぐに「改善点」を発見できる人です。

 

問題点はココだ!

ここを改善すれば理想に近づくぞ!

・・・って感じです。

 

しかもそれをちゃんと言葉で筋道立てて説明できる。

だから割と周りの人も付いてきます。

 

いわば「キレのよい人」で、

それを本人も自覚しています。

 

 

ただし、

この人自身の問題点を1つあげるなら、

人の感情をおきざりにするところ。

 

世の中には

「理屈はわかる、

でも、まだ感情的に整理できていない。

だからもう少し待ってほしい」

と思う人もいます。

 

そういう人への配慮がちょっと足りないかもね。

 

 

ENTJは改革者精神を活かせる仕事を選ぼう

 

このタイプの人は

とにかく「今」を改革するのが大好き。

 

だけど改革した後、

その組織をずっと維持していくことには興味がありません。

 

ルーティンワークも好きじゃない。

ある意味、飽きっぽい。

 

しかし改革する力量はある。

だから仕事を選ぶなら、そういった自身の性格を活かせる業種、職場を選ぶべきです。

 

かりに大企業、有名企業に就職しても、

持ち前の改革者魂が活かせないところはダメ。

ストレスがたまる!

 

そういう意味では

すでに成長しきった大企業より、

「まだまだこれから」

という中小企業の方が向いているかも。

 

「まだまだ改革の余地がある、伸びしろのある企業」

がいいんじゃないかな。

そういった環境ですべて任せてもらえるのが理想的です。

(実際には難しいけれど)

 

 

ENTJにはどんな仕事が向いている?

 

もちろん頭脳労働がいいですよ。

いわゆる「一兵卒」タイプではありません。

すでに述べたように、

改革できる余地がある職場なら、

たいがいどんな仕事でも大丈夫です。

 

でも、あえて適職イメージを言うなら

経営コンサルタント。

 

もちろんコンサル会社勤務もいいですが、

独立起業して、

自分の得意分野のコンサルタントやアドバイザーのような仕事でも合いそうです。

 

かりに独立しなくても、何かのコンサルティング技術があれば役に立ちます。

 

商品企画部や広報部などでも腕を振るえるでしょう。

優れたプレゼンテーターとしても注目を浴びるはずです。

 

もし企業に就職したならそこそこ出世しそうですね。

支店長やマネージャーになって現場改革をするのはENTJのようなタイプです。

 

ただ、そういう場合、現場の社員たちの気持ちを忘れないこと。

改革優先で仲間の感情面を置き去りにしてはいけません。

 

 

ENTJに向いている仕事の傾向

 

・企業に就職するなら、管理職までたどり着けそうなところを選ぶ。

 

・人間関係や「アットホーム」な雰囲気を大切にする職場は向いていない。

 

・ミッションの遂行を重視し、評価してくれる職場が向いている。

 

・改革案や創意工夫を要求される業種や職種がよい。

 

・常に危機意識と改革意欲を持っている企業を選ぶ。

 

・自由に立ち回れる職場を選ぶ。

 

・このタイプの職業イメージは○○コンサルタント。

 

スポンサードリンク