性格タイプ

ENFP 「学園祭の企画担当」タイプ

ENFP
ENFP 学園祭の企画担当

みんなを喜ばそうとして
(内向感情IF:サブ)

斬新なアイデアを連発する
(外向直観EN:メイン)

 

お祭り男、お祭り女的なところがあって、アイデアも豊富。

みんなを集めてワイワイ、ガヤガヤ。

だけど飽きっぽいのが欠点。

将来のためにも地道な継続力を付ける必要がありそう・・・。

 

このページをお読みいただく前に、
まず、性格理解の基本のページをお読みいただくといいでしょう。
その方がこのページに書いてあることが
スーッと頭に入ると思います。

もし時間に余裕がある方は
『性格タイプを学ぶと見えないものがたくさん見えてくる』
から順番にすべて読んでくださった方が理解が進みます。

 

スポンサードリンク

ENFPは現実にとらわれない斬新な発想ができる

 

メイン ☞ 外向直観EN

 

ENFPのメインは外向直観ENです。

つまり、外向(E)直感(N)

 

まず、ここからわかりやすく説明しますね。

 

外向(E)タイプとは・・・

 

外向(E)とは、

外からの刺激を自分の表面で受け止め、瞬発的に反応していく性格。

 

いきなりわかりづらかったですね。

スミマセン(汗)。

 

早い話、物事を深く考え過ぎない性格ということですよ。

くよくよしない。

すぐに環境に順応する。

1人より、にぎやかな環境の方が好き。

 

う~ん、「社的」とは微妙に意味が違います。

でも、外向(E)だと結果的に「社的」になってしまう場合が多いのも事実。

 

ともあれ、パッと見て「わかりやすい性格」の人はけっこう外向(E)タイプですね。

 

ただし「明るい性格」というのとも違うんだな~。ここらへん難しいけど・・・。

 

直感(N)タイプとは・・・

 

次に直感(N)についてです。

これは文字通り、ヒラメキ型の性格ってこと。

 

たとえば何かのプロジェクトを立ち上げる時、

多くの人はまず市場調査をやったりしながらデータを取る。

その上で「うまくいきそうか、どうか」を考える。

 

でも、この直感(N)タイプの人はそんなことはしない。

「ピーンと来た!このプロジェクトはうまくいく!」

「そんな予感がする!」

こういうふうにヒラメキで物事を決める傾向があります。

こういう人を心理学では直感(N)タイプと言っています。

 

外向直観ENとは・・・

 

では、さっきの外向(E)とこの直感(N)が結びついて外向直観ENになるとどうなるのでしょう?

 

はい、外向直観ENの特徴を簡単に言えば、

「ヒラメキで人間社会を生きていこう」

と考える性格タイプになっちゃいます。

 

ちょっと調子のいいやつって感じもします。

パーティーの盛り上げ役とかね。

 

でも、世の中を積極的に、ポジティブに変革していくにはとても大切な性格タイプです。

 

そうそう、いわゆる「見通しがきく人」って、だいたい外向直観EN

その見通しのよさで株とかFXをやり、バンバン稼いでいる人もいます。

まあ、世の中に対してカンがいいってやつですね。

 

 

ENFPはメインの性格として、

この外向直観ENを持っています。

 

そのため、あまり目先の細かい現実にとらわれません。

大きい視野でものを考えることができるタイプ。

 

細部より全体像を見ることができる。

だから人よりも斬新な発想ができる。

 

それがENFP「学園祭の企画担当」タイプの人の大きな特徴です。

 

 

ENFPは人の心の中のニーズが読める

 

サブ ☞ 内向感情IF

 

ENFPのサブは内向感情IFです。

つまり、内向(I)感情(F)

 

内向感情IFというのはサブ的な機能です。

だからメインほど強くないと考えてください。

内向(I)を持っているとはいえ、

ENFPの人は圧倒的に外向(E)タイプです。

 

 

今度はこのサブ機能について説明します。

内向(I)タイプとは・・・

 

内向(I)とは、

「自分1人、心の奥でいろんな処理をする」

という性格機能です。

 

このタイプの場合、内向(I)機能は次に説明する感情(F)機能と結びついています。

カンタンに言えば、

感情(F)機能が目立たないところで作用する

ということ。

 

感情(F)タイプとは・・・

 

次に感情(F)について説明しましょう。

これはカンタンですね。

だいたい日常的に使っている「感情的」っていうのに近い意味です。

 

つまり、

理屈より「人の気持ち」優先で物事を判断する性格タイプ

 

内向感情IFとは・・・

 

さっきの内向(I)とこの感情(F)とが結びつくと内向感情IFですね。

この2つが一緒になると、こうなります!

 

周りの人はあまり気づかないけど、

それなりに人の気持ちを大切にする性格。

 

ENFP「学園祭の企画担当」のサブは

この内向感情IFです。

 

だから何やかや言って人の気持ちをちゃんと考えている人です。

言い換えると、

人の心の中のニーズが読める人。

 

これもENFP「学園祭の企画担当」タイプの人の1つの特徴です。

 

 

スポンサードリンク

ENFPは発想豊かな自由人だが飽きっぽいのが弱点

 

では、ENFP「学園祭の企画担当」タイプについて整理してみましょう。

 

ここでいったん整理しよう!

メインは外向直観EN

☞ 全体を見ながら斬新な発想ができる

サブは内向感情IF

☞ みんなのニーズがわかる

 

 

この人の性格をカンタンに言うと・・・

一見、お祭り男(女)だけど、人の心のツボは押さえている。

 

 

役どころとしては企画マンですね。

アイデアがどんどん浮かんでくるので、次から次へといろんな企画が立てられます。

 

そして、自由が大好き。

自由があるから、スゴい発想が浮かんでくるんですね。

組織にどっぷりだと息苦しい。

だからこういうタイプはどちらか言うと、会社員とかよりフリーで生きていく方がに合っています。

 

会社に属するにしても社則とかノルマとかが厳しすぎるところはダメ。

自由度のある会社じゃないと芽が出ません。

 

 

ただ、1つ欠点を言えば飽きっぽいところ。

企画をぶち上げるのはいいのですが、それを最後まで責任持ってやりとげようとしない。

 

企画は立てるけど、途中から行方不明になるタイプ。

 

たとえば学園祭などで、最初の企画段階では中心になって大活躍。

でも、学園祭が始まってしまうと姿を消してしまいます。

 

もちろん模擬店に立つなんてあり得ません!

また会計などの細かい仕事も苦手なのでやろうとはしません。

 

でもまあ、こういう人も必要なんですけどね・・・。

 

 

ENFPはクリエイティブな仕事が向いている

 

すでに述べておりますが、

ENFPの人は企画やクリエイティブな仕事が向いていそうです。

 

広告業界とかエンタメ系などは天職っぽいですね。

また、各種のイベント企画や商品企画などもよし。

 

ジャーナリストでもいいです。

ただし1つのネタを執念深く何年も追い続けるタイプではありません。

「世界の○○」みたいなネタ、つまり本人が飽きないネタを追っかけるジャーナリストがいいでしょう。

 

 

先ほども述べましたが、飽きっぽいところがこのタイプの弱点です。

飽きっぽいので、ツメも甘くなります。

 

商売を始める時、人を集めるのは得意。

でも、継続ができない。

それはこの飽きっぽさとツメの甘さが災いするからです。

 

それを回避するには

現実的な仕事感覚を身につけるとよい。

 

いきなり地味な話ですが、こういうタイプにこそ簿記などをおすすめします。

ぶっとんだアイデアと地道な能力。

この両極端の2つのチカラがあれば、人生かなり開けてきます。

 

簿記で人生激変
一生モノの資格、日商簿記について超やさしく解説します簿記の資格というものを一度はお聞きになったことがあると思います。 簿記とか経理なんて自分には関係ないさ・・・と思っていませんか? そ...

 

ENFPの人は1つの仕事を一生涯続けるタイプではないかもしれません。

時々、転職をする。

そして新世界にチャレンジする。

しかしそのうちトシも取ってくるし、いつまでも転職を続けるわけにはいきません。

 

できれば早いうちに自分の適職を確保しておきましょう。

そのためには再度言いますが、地道な仕事能力も必要です。

 

 

ENFPに向いている仕事の傾向

 

・プロジェクトの「立ち上げ」部分に関われる仕事が向いている。

 

・人間相手の仕事が向いている。

 

・可能性や将来の夢を模索するような仕事が向いている。

 

・人に喜んでもらえそうな仕事をしたいが、必ずしも結果は気にしない。

 

・どちらかというと細かい事務仕事や書類整理などは不向きである。

 

・斬新なアイデアを要求され、また、それが評価される仕事が向いている。

 

・最後までやり遂げることに意味がある、という仕事は不向きである。

 

・メンテナンスやサポート業務には興味が持てない。

 

・できれば趣味的要素のある仕事が良い。そういう意味ではカルチャー関係の仕事もおすすめ。

 

スポンサードリンク