ナマケモノ性格診断

INFJ女性が仕事や恋愛を得意科目に変える方法

 

このページは
INFJ「一直線すぎる理想主義者」の性格診断
からの続きになっています

 

このページでは多くのINFJ女性に共通する悩みについて、(MBTI理論ではなく)ユング心理学の立場から考察してみたいと思います。

 

このページをお読みいただくことで、INFJ女性が抱えがちな仕事や恋愛、結婚の悩みを乗り越えるヒントが見つかるかも知れません。

 

Sponsored Link

INFJは本質的には内向感情(IF)型

 

MBTIのテキストにはINFJについて次のように書かれています。

主要機能→内向直観(IN)

補助機能→外向感情(EF)

 

もともとMBTIというのはユング心理学から派生した性格検査法です。

(ただしユングとMBTI発案者はまったく無関係です)

 

で、その本家であるユング心理学の『タイプ論』に従うなら、INFJの主要機能は内向感情(IF)になるのではないか、と考えています。

 

知覚機能より判断機能の方が優勢なんだから、
直観(N)<感情(F)
でなければ理屈に合わないんだよね

 

INFJの場合、内向感情(IF)が主軸。

そこに直観(N)機能が彩りを添えているのではないか・・・

ということです。

 

ユング心理学の『タイプ論』をもとに考えるなら、

INFJの主要機能は内向感情(IF)

 

ここではそうした前提でINFJ女性の悩みの正体を探っていこうと思います。

 

損は承知で「生きる姿勢」を変えたがらない

 

INFJというタイプの主軸は上に述べたように内向感情(IF)だと考えられますが、女性の場合、特にそれが強く現れます。

 

内向感情(IF)型は本来優しい性格をしていて、人助けが好きです。

でも、内気なところがあるため自分が目立つのは嫌だというタイプ。

つまり割と大人しめの性格だということです。

 

女性の場合、これが好感度にも多少はつながるんだけどね

 

その一方で理想は高い。

これは直観(N)機能が働くためです。

 

さて、こうしたINFJ女性が無意識のうちに抱いている人生哲学を言葉に表すと次のようになるでしょう。

「人助け」こそ人生の目的地。

そこに「理想」という風が

うまいぐあいに吹いてくれば

大いに帆を張って前に進める。

 

ところがINFJ女性の理想や価値観にはやや独特なものがあります。

いわゆる「一般的」ではないということです。

 

世の中的に「理想」と考えられているものと、INFJ女性が理想と考えるものとの間に乖離があるのです。

 

とりあえず船出はしてみたものの、自分の理想とは違う風が吹いている・・・。

だから当初、思い描いていたのとはまったく違う目的地に向かってしまう。

 

INFJ女性の中にはそうした状況を日々感じながら生きている人がたくさんいそうです。

そして、そこに一種の焦燥感、ためらいの気持ちが生まれてきます。

 

「私の人生、こんなはずじゃなかったんだけど・・・」みたいなことになるわけだ

 

こうした場合、つまり想定していたのと違う風が吹いてきたら、本来ならば帆の張り方を変えるべきでしょう。

ところがそれをしないのがINFJです。

 

これは不器用だからなのか、

それともガンコだからか・・・。

 

どちらとも言えますが、総じて言えば自分の理想ばかりでなく、「生きる姿勢」も変えたくない、という気持ちが強いのでしょう。

 

こうした傾向は仕事の中でも出てきます。

他の人のように自分の理想を曲げてでも

「お金さえ稼げればそれでいいいや」

とはなりません。

 

ところが結局、その自分の理想に縛られてしまうのもまたINFJのつらいところ。

特にINFJ女性の場合、どうしても破天荒には生きられないところがあるため、INFJ男性以上に悩むことが多いようです。

 

 

では、次からはINFJ女性の仕事と恋愛のあり方について、やや踏み込んで考えてみたいと思います。

 

 

Sponsored Link

仕事の場では「不可解な印象」はマイナス

 

INFJはユング心理学で言えば本当は内向感情(IF)なのではないか?

・・・ということは最初に書きました。

 

ユングは彼の著書『タイプ論』の中で、

私が今まで出会った内向感情(IF)の例はほとんど女性だった

と述べています。

 

そして、彼女たちの印象をユングは次のように表現しています。

止水は深し

 

これは

まるで止まっているように見える静かな流れの川ほど、底は意外に深いものだ

という意味です。

 

つまり、深過ぎて底が見えない。

INFJ女性の心はとても奥深いので、彼女の心をのぞき込むのは大変難しい、

ということです。

 

さらにユングはこのタイプについて次のように語っています。

・静かで近寄りがたく不可解な人

・目立たないし、人前に出ない

・真の動機はたいがい隠されたまま

 

また周囲の人に対しては

協調的で控えめ、落ち着いた物腰

そして相手に対しても共感的

でも、そうした態度が行き過ぎると

「本当は周りに対して無関心で冷たい人なのではないか」

という疑いをかけられてしまう・・・

といった内容のことを述べています。

 

このユングが語る内向感情(IF)の女性の印象の中にINFJ女性が人生を変えるヒントがあるように思います。

 

つまりあなたがINFJ女性なら、あなたもまた職場で

なんだか不可解で、動機が不明な人

と思われている可能性があるということです。

 

気を悪くしないでね!!

 

あなた自身は心の中に気高い理想を持っていて、自分なりに努力はしている。

ところが、周囲にはあなたの「意図」がよくわからない、あなたの考えが不明だ、ということなのです。

 

不明というか、不可解に見えてしまうのだろうね

 

かりに会社勤めだとすると、もしかしたら会社側はあなたが秘めている能力が不明なため、あなたの生かし方がわからないのかもしれません。

 

そうであるなら、問題の解決方法は自動的に出てきます。

すなわち、

何をするにも「意図」や「動機」を明確にする。

周囲に積極的に興味を持って関わっていく。

ということでしょう。

 

もっと簡単に言えば、
「わかりやすい人間になる」
ってことだ!

 

 

さて、そもそもINFJ女性に向いている仕事環境とはどのようなものでしょうか。

・大人数相手より個別対応の仕事

・チームワーク系は向いていない

おそらくこうした条件があがってくると思います

 

つまりできる限り「1対1」の方が自分の「意図」や「動機」を相手に直接伝えやすいため、相手に不可解な思いを抱かせなくてすむ、ということです。

 

したがって、会社勤めが合わないなら、思い切って在宅ワーク、できれば個人事業の道を探るべきです。

「会社勤め」という生き方を金科玉条のように考えることをやめれば道は開けてくるかも知れません。

 

しかし会社勤めにこだわるなら(社会保障などの点でもその方が有利かも)、先ほど述べたように、まずは自分の印象を変えることが大切でしょう。

 

 

INFJ女性は恋愛や結婚でも意図を明確に

 

上の仕事のところで

INFJ女性は「意図」がわかりにくい

ということを述べました。

 

これは案外、本人も気づいていないことです。

しかも恋愛や結婚においても同様のことが言えるでしょう。

 

 

INFJ女性は直観(N)もそこそこ強いため、理想主義者としての一面があります。

そういうことで言えば、おそらく自分が好きなタイプははっきりしているのかも知れません。

 

ところが周囲の男性からすると、あなた自身がずいぶん不可解で、あなたという人間がはっきりしない。

 

もちろんそうした不可解さが「神秘的な魅力」として男性の目に映れば話は違うでしょう。

でも、やはり男性にしてみれば、何らかの「とっかかり」が欲しい。

そうでないとアプローチしづらいし、ましてや結婚となると・・・と悩んでしまうわけですね。

 

これもつまりは、

あなた自身の「意図」をはっきりさせましょう

ということです。

(仕事と同じですね)

 

例えばファッションについて考えた場合、INFJ女性は外向感覚(ES)の人に比べると地味な方かも知れません。

 

地味なのはかまわないのですが、ただ服を着るなら、ある程度は自分の個性の輪郭をはっきりさせる必要があります。

そうしないと、どこに「あなたらしさ」があるのかがわからないからです。

 

中には保護色のような服を着て、周囲の風景と区別が付かなくなってしまっている人もいるからね・・・

 

また、言葉でも「意図」をはっきりさせましょう。

何をしたいのか?

何をしてあげたいのか?

何をして欲しいのか?

 

言葉でなければ伝わらない「意図」が必ずあります。

あなた自身は割とカンのよい人なので、人の考えていることくらいピーンと来るでしょう。

 

ところが周りの男性は感度という点で言えばあなたの10分の1くらいの可能性もあります。

だから「言わなくてもわかるだろう」と思うのは間違いです。

 

 




まとめとして

 

デーモン閣下ではありませんが、

世を忍ぶ仮の姿

という言葉があります。

 

これは「強い個性を内側に持っているけれど、それを表に出すわけには行かないので目立たない姿で生きている」という意味にも解釈できます。

(デーモン閣下の場合は仮の姿そのものがド派手だけど・・・)

 

INFJの生き方がまさにこの「世を忍ぶ仮の姿」みたいになっていると思います。

 

たとえ忍んでいても、内側の個性が表ににじみ出てくるのなら構いません。

しかしINFJ女性の場合、自分の個性を「包み隠しすぎ」なのですね。

 

「いきなり」というわけにはいかなくても、少しずつ、少しずつ、ガス抜きのようにして個性を外に出していくと、生きるのがずっとラクになります。

また、ごく自然に人生が良い方向へ変わっていくのではないでしょうか。

 

Sponsored Link