性格タイプ

ISFJ 「やさしく謙虚な裏方」タイプ

ISFJ
ここにボックスタイトルを入力

周囲にうまく合わせながら
(外向感情EF:サブ)

与えられた任務を静かにこなす
(内向感覚IS:メイン)

 

割とおとなしめで周囲と調和しながら生きるタイプです。

ルールや秩序を守りながら与えられた仕事はきっちりこなします。

人にも親切なため、組織には必要不可欠な存在です。

 

このページをお読みいただく前に、
まず、性格理解の基本のページをお読みいただくといいでしょう。
その方がこのページに書いてあることが
スーッと頭に入ると思います。

もし時間に余裕がある方は
『性格タイプを学ぶと見えないものがたくさん見えてくる』
から順番にすべて読んでくださった方が理解が進みます。

 

スポンサードリンク

ISFJはもの静かな現実主義者

 

メイン ☞ 内向感覚 IS

 

ISFJのメインは内向感覚ISです。

つまり、内向(I)感覚(S)

 

内向(T)なので、毎回、立ち止まって自分の中で考える。

瞬発的に目立つような行動はしません。

だから「でしゃばらない」「もの静か」といった雰囲気。

 

また、後で説明しますが、この人のサブである感情(F)のパワーはけっこう強い。

だから「もの静かさ」に「親切さ」「やさしさ」が加わります。

 

また、感覚(S)がメインに来ていますよね。

これは現実主義者だってこと。

常に「今、目の前にある現実」に焦点を合わせて生きています。

だから自分の未来や理想、哲学について語ることはめったにありません。

 

そして、あくまでも傾向ですが、

感覚(S)の強い人って、頭脳労働より身体を動かす仕事の方が合っていたりします。

特にISFJの場合はその傾向が目立つように思えます。

 

あくまでも傾向ですよ。頭脳労働がダメっていうわけじゃなく・・・。

 

そして感覚(S)によくある性格傾向ですが

今の自分を無理して変えようとはしない。

周りからするとやや頑固に見える部分ですね。

 

また、変革を求めないので、わりとルーティンワークも苦になりません。

自分の任務を不平も言わず、むしろ喜びを感じながら黙々とこなします。

ある意味、頼りになる裏方タイプです。

 

一般的に内向(I)タイプは人と話す時に緊張しやすい人が多いです。

ところがこのタイプは違う。

なぜかいつも不思議とリラックスしています。

たぶんそれは感覚(S)が「どっしり」としているからでしょうね。

こういう人を相手にしゃべると、こちらまでリラックスしてきますよね。

 

 

ISFJは大人しいが話してみると温かい

 

サブ ☞ 外向感情 EF

 

感情(F)外向(E)が合わさったカタチです。

でも、あまり「にぎやかさ」はありません。

 

この人の場合、外向(E)機能は社交性や協調性として発揮されます。

 

ただし、メインの内向(I)が強いので、

自身は決して目立ちたがり屋ではありません。

 

それに共感能力も高い人で、温かくて親切。

だから人にも好かれます。

 

 

ここまでのかくにん!

ISFJ 「やさしく謙虚な裏方」

メインの性格 ☞ 内向感覚ISです

☞ もの静かで、現実主義者。

サブの性格 ☞ 外向感情EFです

☞ 社交性や協調性、共感能力がある。

だから職場などでは不平をこぼさず、黙々と働けるタイプ。

周りから重宝がられます。

 

 

スポンサードリンク

ISFJは理想を追うより「今ここ」に順応しようとする

 

普段のISFJは決して目立ちたがり屋ではありません。

むしろ人のじゃまにならないよう部屋の隅にいるタイプ。

そしてニコニコしながら呼ばれるのを待っている、といった感じです。

 

何か特別に高い理想や志しを持って働いているわけでもなさそう。

ただ、目の前の人のために自分をどうやって役立てるかを考える人です。

 

だから自分から何か新事業を始めるタイプではありません。

すでにある組織の中で、協調精神を持って、はみだすことなくやっていくタイプでしょう。

 

ただし、このタイプは判断(J)型でもあります。

だから何か聞かれた時には自分の考えはちゃんと言う人です。

優しい人だけど、優柔不断ではありません。

 

 

ISFJは自分らしいポジションを確保することが大事

 

ISFJにとって大切なのは、

どんな職場においても自分らしいポジションを確保すること。

 

それさえできれば心地よく働けます。

また、自分の能力を発揮できます。

そういう意味では「まさにこれが適職」と言える職種はないかもしれません。

ヘンに欲張りでもないから、わりと平和に生きていけるタイプですね。

 

「適職はない」とは言っても、一応イメージとしては

公務員とか、公共サービス関係などは合っていそうです。

 

ただ、感覚(S)タイプであることから、

単なる頭脳労働より、多少とも身体を動かす仕事の方がいいですね。

 

他には医療関係、社会福祉、各種カウンセラーなどは向いている仕事と言えます。

 

ちょっと変わったところでは葬儀関係などもよさそうですよ。

葬儀関係の仕事って、けっこうたくさんありますよ。
最近だと終活なんて言葉も一般化してきましたよね。

 

どんな仕事をするにせよ、ISFJは組織やチームの中でこそ力を発揮する人。

組織の中で裏方としてポジションを確立していくタイプです。

 

だから独立した場合、自分が最前線、表舞台に立つことになりますよね。

ダメってわけじゃありませんが、ちょっとキツイかも。

 

ただし組織に属したとしてもライバルと競い合うことになる営業部門は不向きです。

そのかわり人事部や総務部ならやりがいを持って働けるでしょう。

 

 

ISFJに向いている仕事の傾向

 

・組織の中で、きちんとした役割と目標を与えられて働ける仕事がよい。

 

・達成度などを同僚と競い合わなければならない職場は向いていない。

 

・仕事内容そのものが「世の中の役に立っている」ことを実感できるものであるとよい。

 

・企画のコンペなど、自己主張の強さが結果を左右するような仕事は向いていない。

 

・利益至上主義の職場よりも、福祉など非利益系の職種の方が合っていそうである。

 

転職サイトの紹介
リクナビNEXTで「スカウト登録」しておけば他の転職サイトは不要リクナビNEXTはリクルートグループが運営する日本最大級の転職サイトです。 新卒から50代、60代まで幅広い年齢層の求職者に対応し、し...

 

スポンサードリンク