身を守る心理学

「自分語り」は人生に不運を呼び込む

自分語りは不運を呼び込む

 

男であれ、女であれ、

聞いてもいないのに

自分の過去の話、自慢話、武勇伝を

延々とする人がいます。

 

男性であれば

「オレ、昔はワルだったんだよな」

「ケンカに明け暮れていたよ」

 

女性であれば

「若い頃はオトコとヤリまくってたよ」

と言いつつ、

“モテていた自分”を

さりげにアピールしてくるとか・・・。

 

そして偉そうに

「オレ(私)もいろいろ経験してきたかな」

とか・・・。

 

正直言うけど、

年下のオマエが言うなって!

 

まさに社会の迷惑、公害。

そんな自分語りをする人について、

今回は心理学的な考察をしてみます。

 

 

スポンサードリンク

自分語りをするのはどんな人

 

自己愛が強すぎる

他人には興味がない、

大切なのは自分だけという人が多い。

でも、やっかいなのは

本人にこうした自覚がないことです。

 

自分勝手

同じ空間、同じ時間を共有していて

そのすべてを自分のためだけに

使っている。

 

自分が満たされることしか

考えていません。

だから自分勝手なのですが、

困ったことに、

本人にはその自覚がありません。

 

自分は常に正しいと信じている

自分の方が立場が上だと信じている。

自分の意見が正論だと思っている。

だから常に上から目線で言ってくる。

 

説教オヤジ、説教ババアとまったく同じ。

ところが悲しいかな、

本人には自覚ってものがありません。

 

総じて言えば

一体全体、

自分をナニ様だと思っているのか!!

 

 

自分語りをする連中はなぜ始末が悪いのか?

 

自分語りをしている自覚がない

すでに上のところで書きましたが、

自分語りをしている自覚がない。

だからこそ、やっかいなのです。

 

こう言う人たちはネット上で

「自分語り」の記事を見ても

「ああ、これって自分のことかも!」

と気づくことはありません。

 

意外に仕事はできる

自分語りをする人は

「自分は人より仕事ができる」

と思っている傾向があります。

 

そして実際、

彼(彼女)らは仕事ができます。

だから対処しづらい、

だからやっかいなのです。

 

ターゲットを見つける天才

自分の話を大人しく聞く獲物を

探し出す嗅覚が異常に発達しています。

 

つまり、

心が優しくて、断れない人間を

見抜く才能を持っているのです。

 

まあ、喩えるなら、

詐欺師がダマしやすい相手を

瞬時に見抜くのと同じです。

 

 

スポンサードリンク

自分語りを撃退する方法

 

もしあなたが

「自分語りの被害者になりやすい」

というなら、

おそらくあなたは優しい人です。

 

自分語りをする人に対し、

毅然とした態度を取るのは

難しいでしょう。

 

そこでオススメしたい方法があります。

名付けて「うわの空作戦」。

 

一応、「へえ、そうなんだ~」

とか言って

聞いているふりして、

スマホをやり始める。

(このくらい露骨にやらないと相手は気づきません)

 

相手が自分語りの真っ最中に

「イテテッ!急に腰が痛ェ~!」

とか言って相手の話をさえぎる。

 

要するに、

「あれ、コイツ、

さっきからオレ(私)の話しを

うわの空で聞いてたのかな・・・」

と思わせればよいわけです。

 

相手の話を無視するのは難しい。

でも

「真剣には聞いてないよ」

というメッセージが伝われば

それでOKです。

 

そうすれば自分語りをしている相手は

「こりゃ、相手を間違えたな・・・」

と思い、二度とあなたを

ターゲットには選ばないでしょう。

 

 

自分語りをする時点で人生終わっている

 

今、ご説明したようなやり方で

撃退するのもいいでしょう。

しかし、本当のことを言えば

撃退するまでもないのです。

 

 

私はすでに50年以上生きて来て、

自分語りに酔いしれている人間を

腐るほど見て来ました。

 

そして、その事例を振り返ると

自分語りをする人全員に共通する

真実を発見したのです。

 

 

それは、

自分語りをする人は

すでに人生が終わっている

という真実です。

 

 

理由は2つあります。

 

まず、1つめ。

 

人は未来に向けて生きています。

そして、よい未来を築こうとするなら、

未来に対してワクワクしながら

生きていくことが大切です。

 

ところが自分語りをする人たちは

ただ過去のことをワクワクしながら

思い出しているだけです。

 

そして、昔の自分自身の武勇伝を

胸をときめかしながら

話しているのです。

 

プラスのエネルギーというのは

ワクワクしているところに

向かう性質があります。

 

ところが、

未来に向かうべきエネルギーが

過去に集まってしまう。

だから未来はエネルギー不足に陥るのです。

 

だから自分語りをする人の未来は

はっきり言って不幸です。

 

次に、2つめ。

 

先ほど述べたように、

自分語りをする人は

自分の話を聞いてくれそうな人が

大好きです。

 

つまり、自分がマウントを取れそうな、

弱そうな人だけを相手にして

生きていこうとする人です。

 

そして自分が勝てない人、

自分より明らかに偉大な人には

絶対に近づきません。

そんな度胸も謙虚さもないのです。

 

だから結局、

いつまでたっても

井の中の蛙。

お山の大将。

 

だから今以上の人生は

やってこないのです。

 

 

自分語りは人生に不運を呼び込む

 

もし、あなたの周りに

自分語りをする人がいたら、

ぜひ、その人たちの5年後、10年後を

注意して見ていくようにしましょう。

 

たいがい落ちぶれていきますよ。

少なくとも、今より発展することは

ないでしょうね。

 

自分語りは人生に不運を呼び込みます。

自分語りの後には

下り坂の人生しかありません。

自分語りは未来放棄と同じことです。

 

 

これは私自身が

今まで数多く見てきた事実です。

 

そういう人たちがあなたの周りにいたら

「うざい」と思うより、

「この人、これから大変そうだな」

と同情してあげればいいでしょう。

 

影の心理学
なぜ人を見てイライラするのか?【ユング心理学の「影」理論】他人を見てイライラすることってありませんか? あるいはあなたの職場に なぜかイライラする人っていませんか? 逆...

 

スポンサードリンク