転職する

置かれた状況によっても天職の探し方は変わる【全8パターン】

状況別 天職探し

「天職を見つけたい」、「いつか天職に就きたい」と考えている人の現在の状況や立場はおそらく次の8パターンのいずれかに当てはまるでしょう。
この記事では天職探しの際に気をつけるべきポイントを各パターン別にまとめました。
(※もし、簡単な性格テストをまだ受けていただいていないなら、先にそちらから入っていただいた方がこの記事の内容がよくわかると思います。)

 

✔この記事からわかること:
今、自分が置かれた状況に応じた天職探しの方法や気をつけるべきポイントがわかります。

✔この記事を読んでいただきたい人:
今、自分が置かれている状況に応じた「天職の見つけ方」を探している人

ここからは天職探しの際に気をつけるべきことを8つのパターン別に述べています。
もし1つのパターンに絞りにくいなら、いくつか合わせて読んでみてください。

 

Contents
スポンサードリンク

① 自分の天職はすでに明確なので、それをやれる職場を見つけたい

自分に向いている仕事はすでにわかっているが、今はまだ別の仕事に就いていたり、あるいは離職中で就職先を探しているような場合

 

天職がわかっているなら、すぐにでも行動しよう

自分の天職に合致する職場というのは案外少ない上、他にも似たような求職者はたくさんいるので倍率が高くなります。
就活は椅子取りゲームのようなもの。他の人よりいち早く行動して、自分の天職を実現できる職場に入りましょう。

天職としての「許容範囲」を広げておくことも大切

「自分はこれしかやりたくない!」と思い込みすぎると選択肢を少なくしてしまいます。「自分がやれること」の範囲を広げるとともに、自分の「天職」とは異なるジャンルの得意分野をもう1つか2つ増やすことで将来の可能性が広がります。

 

次の記事にもっと詳しい説明が書かれています。
自分の天職は明確なのに入社してからガッカリ…を回避する転職術

状況別 天職の探し方 パターン①
自分の天職は明確なのに入社してからガッカリ…を回避する転職術当サイトは天職探しのサイトですが、中には「自分はすでに天職に出会ってしまっている。後は働く企業を探すだけ」という方もいらっしゃるでしょう...

 

 

② 今の仕事は自分の天職だと思うが職場が合っていないと思う

今の仕事自体はまさに自分の天職だと思うが、残念なことに職場環境が自分に合っていない、あるいは待遇面が悪いので悩んでいる場合

 

天職を活かせない職場に入った場合の対処法

やっていることはまさしく自分の天職なのに、組織の方針や職場の空気に馴染めない場合、当然のことながら別の職場を探した方がいいでしょう。
しかし再び就活に失敗しないように情報収集の仕方については工夫が必要です。

自分の天職で独立する

明らかに自分の天職に就いているけれど、その職場ではもの足りないという場合、独立するのも1つの方法です。ただし独立する前に組織の中でうまく行かなかった理由をしっかり分析しましょう。それができていないと独立後も同じ問題が繰り返し起こる場合があります。

 

次の記事にもっと詳しい説明が書かれています。
天職に就いたはずなのに、今の職場にはもう我慢できない!

職場が合わない
天職に就いたはずなのに、今の職場にはもう我慢できない!「これぞ天職!」と思い、希望に胸をふくらませて就職。 ところが職場環境が自分にまったく合わず、ずっと耐える日々が続く。 一応、天職だ...

 

 

スポンサードリンク

③ 今の仕事は明らかに天職ではないので何か別の仕事に就きたい

なりゆきで今の会社に就職したけれど、正直言って自分には全く向いていない仕事だ…、この会社を辞めて天職を探したい、という場合

 

自分の性格タイプから天職の方向性を考えよう

「今の仕事が合わない」、「今働いている業種は自分には向いていない」と感じる場合、自分の性格タイプに反する仕事をやっている可能性があります。特に外向(E)型と内向(I)型の違いは仕事選びの際、一番重要なポイントになります。

天職に出会うために今やるべきこと

自分の性格タイプがわかっただけでは十分ではありません。例えば世の中にはどんな職業があるか、といった点も調べてみないことには天職にめぐり会えないでしょう。その上で自分個人の性格タイプと職種や業種とのマッチングを考えることになります。

 

次の記事にもっと詳しい説明が書かれています。
一応、サラリーマンをやってるけど、自分の天職は絶対これじゃない!

仕事を変えたい
一応、サラリーマンをやってるけど、自分の天職は絶対これじゃない!「とりあえず定職には就いているけど、これが天職だとは思えないし、一生続けたくもない。何とかして自分の天職を見つけて充実した人生を送りたい...

 

 

④ 今の仕事や職場に大きな不満はないが何か違うような気がする

現在、誰でもできる簡単な仕事をやっていて気楽…しかし「やりがい」がないので「このまま流されていてよいのだろうか?」と悩んでいる場合

 

「不満はないけど満足もない」なら天職探しのチャンス

今の職場がすっかり嫌になってから辞めるより、「さほど不満はないけど他の可能性も追求してみたい」という状態で転職活動をした方がうまくいきます。なぜなら「今の職場に不満はない」というのがあなたにとって最大の強み、アピールになるからです。

天職を見つけるため、もう少し欲を出そう

転職するとなったら積極的にやりがいのある仕事を探すべきでしょう。そのためにはいろんな人の意見を聞いたり業界研究をするとともに、何か新しい技能を身に付けるなどして自分の可能性を広げていきましょう。

 

次の記事にもっと詳しい説明が書かれています。
今の仕事に不満はないけど、「何か違う」と感じた場合の転職作法

職場に不満はないが…
今の仕事に不満はないけど「何か違う」と感じた場合の転職作法「今の職場は居心地いいし、仕事もそんなにキツくない。人間関係だって悪くない。でも、この仕事を一生続けて後悔しないかな…。」 こんな思い...

 

 

⑤ 今の職場を辞め、独立して何か別のことをやりたい

今のサラリーマン生活は自分に合わないので脱サラしたい…、しかし今後、自分で何をどうやっていけばよいのかわからないという場合

 

独立して失敗する原因には共通点がある

業種を問わず、独立しても3年以内に9割は廃業する、などと言われます。しかし独立が失敗する原因はどれもほぼ同じです。それは例えば「単に自分が好きな仕事で独立してしまった」ような場合ですが、そういった部分を気を付ければ独立成功も夢ではありません。

独立を成功させるために大切なこと

まず、「自分の売り」を作ることですが、そのためには得意分野の技能を最低2つ以上持つのがポイントです。その2つの技能をかけ合わせることで「稼げる売り」になりますまた最初は副業から、小さく、堅実に仕事を始めるのがいいでしょう。

 

次の記事にもっと詳しい説明が書かれています。
一見、遠回りだけど、脱サラして天職に就くための最も安全な方法

脱サラしたい
脱サラして天職に就くための「一見、遠回りだけど最も確実」な方法サラリーマンをやめて独立したい、でも自分には特技がない、何かよい方法はないだろうか…。 こういった悩みに対して「考え方のベース」と...

 

 

⑥ 失業中の今、あらためて自分の天職や適職について考え始めた

会社の倒産や解雇によって失業した今、自分に向いている仕事について、あらためて真剣に悩み始めたという場合

 

失業した今こそ天職について考えるチャンス

失業中の時こそ、自分の将来についてじっくり考えるチャンスです。しかし今までそんなことを考える余裕さえなく働きづめだったため、そもそも自分の適性さえ不明な人も多いと思います。まず自分の性格タイプを理解し、そこから自分に向いている仕事を探すことが大切です。

今度こそ失敗しない仕事の見つけ方

次の仕事を探すにあたっては自己流で動くより、転職エージェントなど専門家の意見にも耳を傾ける方が成功確率は絶対に上がります。また転職活動と同時に失業中の時間を利用して将来役に立ちそうなスキルを身に付けるのもいいでしょう。

 

次の記事にもっと詳しい説明が書かれています。
失業中の時こそ自分の天職や適職についてじっくり考えるチャンス

失業はチャンス
失業中の時こそ自分の天職や適職についてじっくり考えるチャンス「失業してしまって、次、何をすればよいのかわからない」という方もいらっしゃるでしょう。 しかし、ずっと途方に暮れていては何も始まりませ...

 

 

⑦ 今は無職。しかしサラリーマンにはなりたくない

自分にとってサラリーマンというのは社畜の世界だ、もうあそこには戻りたくない…と考えている場合

 

会社員に戻る気力がなくなった場合

いったん失業した後、「もう会社勤めは無理…」と考える人もいらっしゃいます。しかし「本当に無理かどうか」はもう一度じっくり考える必要があります。単に今までいた職場がブラックだっただけという場合もあります。

当面、生活していくことを第一に考える

もし貯金がないのなら、とりあえず生活費を稼げる仕事に就きましょう。それと同時に「自力で稼いでいくための技能」を身に付けることが大切です。会社に勤めず、フリーランスとして生きて行くには会社勤め以上に地道に働く必要があることを覚えておいてください。

 

次の記事にもっと詳しい説明が書かれています。
今、無職だが「もう会社には勤めたくない」という人の天職探し

会社に行きたくない
今、無職だが「もう会社には勤めたくない」という人の天職探し「もう、会社勤めは無理…」と考える人はたくさんいます。 30年前なら「何言ってんだ」と軽蔑されることもありました。 しかし今は時代が...

 

 

⑧ 社会人経験が少なく、自分に向いている仕事が全然わからない

まだ学生だったり、あるいはバイトの延長のような仕事しかやったことがないので自分の適職や天職なんてさっぱりわからないという場合

 

子供の頃からすでに自分の天職がわかっている人

「天職探しで悩んだことはない」という人の多くは10代の頃から将来の「仕事」や「職業」というものを常に意識しながら生きてきた人たちです。自分の天職がわからないという人の問題点は「働くこと」についてじっくり考える頻度が少ないことかもしれません。

自分の天職がまったく見えない人の対処法

上記の「天職探しで悩んだことがない人たち」が10代の頃にやっていたことを今からマネすればよいのです。しかし同じようにはできないので、例えば「仕事」を意識した才能磨きなどを行います。ただ、一番大切なことは仕事やお金に対する意識を変えることです。

 

次の記事にもっと詳しい説明が書かれています。
社会人経験も少なく、自分に向いている仕事がわからない場合の解決法

天職オンチ
社会人経験も少なく、自分に向いている仕事がわからない場合の解決法自分に向いている仕事がわからなくて悩む人がいます。 その一方で、「そんなことで悩んだことない」という幸せな人もいます。 そういう人た...

 

スポンサードリンク