転職する

リクナビNEXTで「スカウト登録」しておけば他の転職サイトは不要

転職サイトの紹介

リクナビNEXTはリクルートグループが運営する日本最大級の転職サイトです。
新卒から50代、60代まで幅広い年齢層の求職者に対応し、しかも全国各地の求人を扱っているため転職者の約8割が利用していると言われています。

とはいえ、このリクナビNEXTをただ単に企業を検索するためだけに使うなら、一般的な転職サイトと大して変わりません。

ところがリクナビNEXTは使い方しだいで転職エージェント並みの利用価値を引き出すことができる転職サイトなのです。

その賢い使い方について、この記事ではわかりやすくご説明したいと思います。

 

リクナビNEXTの会員登録はこちらからどうぞ

リクナビNEXTに会員登録をする

 

スポンサードリンク

転職サイトはマイペースで就活したい人のためにある

 

ここで転職エージェントと転職サイトの違いについて簡単にお話ししておきます。

 

転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェントとは企業と求職者(あなた)との間に立って双方をマッチングさせる仕事をしている人たちです。
エージェントはあなたの希望職種や業種を聞いて、あなたに向いていそうな応募先を探してきてくれます。
また、面談の練習台になってくれたり、提出書類の添削をするなど、就活にかかわるプロセスを親身になって支えてくれる存在です。

一方、転職サイトは簡単に言えば「求人サイトのネット版」といったところです。したがって基本的に仕事は自分でそのサイトを見ながら探すことになります。

転職エージェントと転職サイト、どちらを使うべき?

転職エージェントを使う最大の利点は一般には公開されていない優良求人、つまり非公開求人に応募できる点です。
また、エージェント側が企業に対して積極的にあなたをプッシュするなど手厚くサポートしてくれるため、転職の成功率は転職サイトだけで就活するよりずっと高くなります。

それでもやはり「自分のペースで好きなように転職活動をしたい」という方はいます。そういう場合はリクナビNEXTなどの転職サイトを利用することになります。

 

 

転職サイト使うなら、リクナビNEXTでスカウト登録をしておけば十分

 

リクナビNEXTの登録手順は

①会員登録 → ②スカウト登録


という2段階方式になっています。
会員登録だけにするか、スカウト登録までするかで利用価値に天と地ほどの差が生まれます。

 

会員登録とは

とりあえず会員登録するとサイト内の検索機能を使えたり、様々な転職情報を自由に閲覧することができます。その上でご自分の判断で応募する企業を探すことになります。

 

スカウト登録とは

会員登録に引き続いてスカウト登録もした場合、求人企業、あるいはリクナビ提携の転職エージェントからあなたに対して「ウチの会社に応募してみませんか?」あるいは「この企業に応募してみませんか?」というお誘いメールが届きます。

この場合、自分からアプローチした応募とは違って採用される確率がぐんと高くなります。

したがってもしリクナビNEXTで転職活動をされるのなら、ぜひ、スカウト登録までしておくことを強くお勧めしたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

スカウト登録までした方が転職の成功確率が格段に上がる3つの理由

 

時間をかけて膨大な求人案件を片っ端から見なくてよい

リクナビNEXTには常時何万件もの求人案件があり、しかも毎週2回、水曜日と金曜日に何千件もの求人案件が更新されています。
これほど求人件数が豊富だと、たとえリクナビNEXTの検索機能が優れていても、それらを毎回チェックするのは大変でしょう。

しかしスカウト登録さえしておけば、あなたの希望条件に合った求人案件がメールで送られてきますので本当に必要な求人を見逃すことがありません。

 

見込みのある企業だけ応募すればよいので就活の効率が上がる

「この職場で働きたい、でも見込み薄だな…」そう思いつつ、「一か八か」の運試しで応募しても空振りに終わることがあるでしょう。そうなると、そのうち心が折れてきます。

しかし企業の方から「ウチに応募してみませんか?」とオファーのメールが送られてきた場合はどうでしょうか?
あるいはリクナビと提携している転職エージェント(※)から「ここがあなたに向いていそうですよ」とオファーのメールが届いたらどうでしょうか?

このように先方からオファーが届いた場合は最初から見込みがあるわけですから成功確率も高くなるはずです。

※ここでいう転職エージェントとはリクナビNEXTが提携している全国のエージェント約450社のことを指しています。同じリクルートグループのリクルートエージェントはもちろん、有名なワークポートなども含まれています。

 

オファーの中に非公開求人が入っている場合もある

企業からの求人案件には一般公開されている公開求人以外に非公開求人というものがあります。一般的に優良な案件が多いと言われ、求職者にとってはまさに「おいしい」求人となります。

普通、この非公開求人は転職エージェントにしか委託されない案件ですが、リクナビNEXTでスカウト登録をしておけばこの非公開求人を受け取るチャンスが出てきます。

 

リクナビNEXTの会員登録はこちらからどうぞ

リクナビNEXTに会員登録をする

 

 

リクナビNEXTのスカウト登録で得するケース3選

 

毎日、忙しすぎて転職サイトを見る暇さえなかったN子さんの例

仕事を変えることを決意し、転職サイトに登録したN子さん。ところが仕事に追われる毎日で、転職サイトをじっくりと見る暇さえありません。

しかしある時、自分と同じく転職活動をしている友人からリクナビNEXTを知り、友だちに教えられるままスカウト登録をしました。

するとまさに自分が希望する条件にぴったりの企業の求人がいくつも送られてきました。N子さんはその中から一番自分に合うところを見つけて応募したところ、なかなかよい条件で次の職場が決まりました。

自分が希望する条件にあった求人から選ぶだけなのでムダな動きが不要になります。

 

いつも見込み薄の企業ばかりを選んで失敗していたTさんの例

そもそも自分がどのような企業から必要とされる人間かわからず思い悩んでいたところ、リクナビNEXTのスカウト登録のことを知って利用し始めたTさん。

すると条件のよい企業2社から「ウチに応募してみませんか?」とのオファーがさっそくメールで送られてきました。

Tさんはまだその企業に応募するかどうか迷っているところですが、これらのオファーによって自分の転職市場価値を知ることができ、あらためて自信を取り戻すことができました。

企業の方から自分を選んでくれたのなら、まさにそれこそ天職というものですよね。

 

納得できる求人に出会えない…とあきらめかけていたYさんの例

「あれ?知らない転職エージェントからメールが届いているぞ」と思ってメールを開いたYさん。すると驚いたことに、それはそこそこ名の知られた優良企業からのオファーメールでした。

さっそくその転職エージェントに連絡を取って面談をしたところ、そのオファーは非公開求人だったそうです。

ただ待っていただけでこんなに「おいしい話」が舞い込むとは…。今さらながら、Yさんはスカウト登録をしておいて本当によかったと思いました。

転職サイトなのに非公開求人をゲットするチャンスがあるのはリクナビNEXTだからです。

 

リクナビNEXTの会員登録はこちらからどうぞ

リクナビNEXTに会員登録をする

 

 

実際の登録方法について一通りご説明します

 

まず最初に①会員登録をし、引き続き②スカウト登録をします。

会員登録をした後、『グッドポイント診断』という一種の性格テストが用意されていますが、これはやってもやらなくても、どちらでもOKです。ただ、全問終えるのに30分くらいかかるので正直言って面倒です…。

 

会員登録だけなら「あっ」という間に終わる

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 名前
  • 生年月日
  • 性別

※パスワードは適当なものを考えておきましょう。

 

スカウト登録は20~30分くらいかかるかも

「オファーを待つ」の画面にある「登録情報を追加する」をクリックすると登録画面が出てきます。以後、画面の指示に従って登録していってください。

次のような質問項目が以下のような順番で出てきます。

  • 電話番号と郵便番号(住所は聞かれません)
  • 希望転職時期と希望勤務地
    今までの職種と転職希望職種
    希望年収など
  • 現在または直前の勤務先名
    (ただし非公開設定にできるのでご安心ください)
  • この後、リクルートエージェントの転職支援サービスに申し込むかどうかを聞かれますが、転職サイトのみで仕事を探す場合は「申し込まない」を選んでかまいません。
  • 直近の職務内容を2000文字以内で書く欄が出てきます。いきなりヘビーなので驚きますが、自分で全部考えなくても職種に合わせた文例を自動挿入することも可能です。
  • 資格やスキルなどがあれば記入する欄が出てきます。

これで登録完了です。「直近の職務内容2000字」というのが面倒ですが、これ以外はたぶん15~20分くらいで終わります。
「直近の職務内容2000字」を全部書くとなると時間はかかりますが、自動挿入機能を使えば最小限の手直しだけで済むでしょう。

ここだけちょっと頑張って書いてみてください!後がラクになりますから!

 

 

転職サイトを額縁に入れた絵のように眺めていても仕事は決まらない

 

転職エージェントを使えば転職活動はすごくラクになりますよね。
本来なら神経をすり減らす部分をすべてエージェントが代行してくれるわけですから。

私が若い頃、もし今のような転職エージェントがあったなら絶対に頼っていたと思います。

でも、転職エージェントに頼る便利さ、楽ちんさより、「自由気ままに、マイペースで転職活動をしたい」という方もいらっしゃいます。
そういう方のために転職サイトがあるのだと思います。

でも、いったん「転職をするんだ、新しい仕事を探すんだ」と決めたなら、やはり気合いを入れて取り組む必要があります。

つまり、転職サイトをただ絵のようにボーッと眺めていても仕事は見つからない、というわけです。

自分のペースで仕事探しはするけれど「必ず自分に向いている仕事を探すぞ!」というなら、それなりのポジションを作る必要があります。
それがリクナビNEXTの場合であればスカウト登録をしておくということです。

 

リクナビNEXTの会員登録はこちらからどうぞ

リクナビNEXTに会員登録をする

 

スポンサードリンク