英会話修行記

「日本語がお上手ですね」と外人をほめそやす心理

文法より大切なこと

 

最近、日本のYouTubeで活躍する外国人ユーチューバーが増えています。

そして彼らの動画を観た日本人の多くは

「日本語、お上手ですね」

と絶賛コメントを入れまくります。

 

でも、こうした現象、実は日本人の英語下手と深い関係があるように思います。

今回はそれについて、ちょっと深い話をしてみようと思います。

 

スポンサードリンク

日本人は日本語勉強中のガイジンさんが大好き

 

最近、日本語を学ぶ外人さんたちが日本のYouTubeに動画をたくさんアップしています。

そして彼らの多くは日本語がペラペラです。

でも、厳密に言えば私たち日本語ネイティブが聞くと、ちょっとヘンテコなイントネーションの人も多いです。

 

それでも、コメント欄には

「日本語、お上手ですね」

「まるで日本人がしゃべっているみたい」

「よく難しい日本語をマスターなさいましたね」

「もしかしたら一般の日本人より日本語がお上手かも」

などの賛辞がズラズラズラッと並びます。

 

 

投稿する側からすれば、自分たち外国人が日本語を話しているというだけで再生回数が増えるし、「日本語が上手だ」とほめてもらえるから気分もいい。

だから動画の作りがいがあるのでしょうね。

 

 

実は日本語はたいして難しい言語ではない

 

どうやら多くの日本人は日本語はすごく難しい言語だと思っているようです。

特に日本語の文法は世界一難解だと勝手に思っているようです。

 

だからもし外国人が文法的にほぼノーミスで話していれば、たとえイントネーションは変でも「すごく上手だ」と感動するんですね。

 

 

でも、日本語を勉強している外国人の話を聞くと、彼らの多くは日本語がさほど難解とは感じていないようです。

少なくとも日本語の文法について難しいと言う外国人はほとんど聞いたことがありません。

 

ただし、彼らの多くは「漢字が難しい」とは言います。

しかしこれは私たち日本人にとっても同じことです。

(中には「日本語の文法は難しいです」と語る外国人ユーチューバーもいますが、あれは日本人に対するリップサービスだと思っています)

 

 

そして私自身、毎日英語を勉強していて、やはり日本語より英語の方がはるかに複雑で、難しいと実感しています。

 

 

スポンサードリンク

イントネーションには無関心な日本人

 

すでに書いたように、日本人は日本語の文法は世界一難しいと考えているフシがあります。

だから外国人が日本語をノーミスの文法で話していると感激します。

 

でも、YouTubeの動画を撮る時、普通、誰でも台本を作ると思います。

特に母国語以外で話す場合は絶対に作るはずです。

だから文法ミスがないのは当然といえば当然です。

 

 

それでは発音やイントネーションはどうでしょうか。

 

まず発音に関して言えば、日本以外の国の人にとって日本語の発音は笑えるくらい簡単だそうです。

なぜなら母音がたったの5個しかなく、しかも簡単な発音ばかりだからです。

 

次に日本語のイントネーションについてですが、実はこれが一番難しいそうです。

このイントネーションだけが日本語を学ぶ外国人にとっては最大のハードルとなります。

 

ところが・・・

日本人の場合、イントネーションに関しては許容範囲がものすごく広い。

というか日本人の場合、「イントネーションの良し悪しなんてどうでもいい」と考えているようです。

 

だから日本語を学ぶ外国人にとっては、ひとまず文法だけちゃんとやっておけばオッケー。

イントネーションは問われない。

だから日本語を学ぶ外国人にとって、日本語学習そのものがハードルの低い「語学」なのでしょうね。

 

 

日本人だけが異常なまでに文法にこだわる

 

最近、私はオンライン英会話のレッスンで何人かの講師たちに私が話す英語についてどう思うかを聞いてみました。

すると講師によって指摘内容は多少違いますが、だいたい言うことは一致していました。

 

 

どの講師たちも、まず「発音はそこそこできている」と言ってくれます。

私自身、発音のトレーニングは日頃から重視しているので「その成果がでているのかな」と思っています。

 

 

しかしながらイントネーションに関しては「いかにも日本人っぽく平坦に話す」のだそうです。

これはまあ、日本の英語教育では根本的に欠落しているので仕方ありません。

 

でも、海外の人にとっては、イントネーションこそ「その言語っぽさ」そのものなのでしょうね。

いくら文法が完璧でも、イントネーションが平坦だと「いかにも日本人って感じのベタな英語」に聞こえるのでしょう。

 

 

そして次によく指摘されるのは「Filler(フィラー)が多過ぎる」点です。

フィラーとは日本語でいう「えーっと・・・」とか「あー」とか「そのぉ・・・」などの「つなぎ言葉」のことです。

 

確かにこれ、私の場合はめちゃくちゃ多い。

それは毎回、録画したレッスンを聞き直しながら自分でも気づいていたことです。

気をつけてはいますが、それでもなかなか減らせない。

 

でも講師に言わせると、フィラーを少なくして流暢に話すことも「1つの大切なマナー」だそうです。

 

 

その次に指摘されるのは単語力です。

私の場合、「そこそこ単語力はあるけれど、もっとあった方がいい」と言われます。

前半の「そこそこ単語力はある」はお世辞でしょう。

私の場合、英単語力は絶対的に不足しています。

 

 

さて、結局のところ、私の英文法について何か指摘した講師は1人もいませんでした。

そんなはずはないんですけどね・・・。

だって、私は三単現のSだってよく忘れるし、時制は間違えるし、単複も間違えます。

 

だから私が「文法はどうですか?」と聞くと、

「文法? ああ文法ね・・・、う~ん、どうかな・・・。でも話は通じてるよ」

みたいな答えしか返ってきません。

 

私としては文法についてもっと意見を聞かせて欲しいのですけど。

ところが誰1人として、

「もう少し完了形を使いこなせるといいね」

などとは言ってくれません。

 

それで気づいたのですが、実はこれこそ「日本人と外国人の語学観の違い」なのではないでしょうか。

 

つまり日本人は文法習得こそが語学のメインだと考える。

ところが外国人の場合はそうではないみたい。

むしろ、その言語っぽい雰囲気が大切。

それが例えばイントネーションや発音、あるいは流暢さだったりするのかもしれません。

 

 

外国人の日本語をほめそやしている場合じゃない

 

話をもとに戻すと、YouTubeの動画の中で日本語をしゃべる外国人って、どういう心理で日本語を話しているのでしょうか。

 

おそらく彼らの多くは

「自分の日本語のイントネーションはまだまだだ」

と気づいているはずです。

 

「ホントはこんなんじゃダメなんだけどな」

と思っているはずです。

 

でも、それを指摘する日本人はいない。

とにかく文法さえノーミスなら、日本人はみんな絶賛してくれて再生回数も増える。

それをみんな心得ているのでしょうね。

 

でも、ホントのことをいえば、日本人はもっと彼らの日本語のイントネーションに対して厳しくあるべきです。

もし立場が逆なら、彼らは絶対に私たちの英語を絶賛したりはしませんから。

 

 

日本人は外国人の話す日本語に対して甘い。

だから彼らもまた自分たちの英語に対して甘く評価してくれるはずだ・・・

と考えているのかもしれません。

 

実はその考え方こそが甘い。

そしてそれが日本人の英語下手の最大の原因だろうと、最近になって思うようになりました。

 

スポンサードリンク