転職する

転職エージェントを利用すべき人、直接応募の方が成功する人

転職の方法には大きく分けて次の2パターンがあります

  1. 転職エージェントを利用する方法
  2. 企業に自分で直接応募する方法

 

ネットに書かれている情報を見てみると大概は「転職エージェントを利用する方が圧倒的に有利だ」と書かれています。
これはこれで一理あるのですが、実は必ずしもそうとは言い切れない場合もあります。

この記事では「どういう場合に転職エージェントを使うと有利で、どういう場合は直接応募が有利か」についてわかりやすく説明します。

 

 

 

スポンサードリンク

転職エージェントを利用した方が転職が成功しやすい人の条件

 

まず最初に転職エージェントを利用した方が転職が成功しやすい人について解説します。

 

企業が転職エージェント経由で採用したい人材とは?

人間の能力というものは職務経歴書を見たり短時間の面接で容易にわかるものではありません。そういう意味では企業にとって「人を採用する」というのは一種のギャンブルです。

どんなギャンブルにも勝率を上げる「おおまかな戦略」があるように、企業にとっても採用を成功させるための戦略があります。それは次の3点に集約されます。

  1. 年齢が若い人を優先する
  2. 転職回数が少ない人を優先する
  3. 経験の有無は年齢との関係で決める

 

この3点が理解できていないと、本来、直接応募の方が有利であるにもかかわらず転職エージェントだけを頼ってしまう・・・という過ちを犯す場合があります。ここは転職活動のカナメでもあるので十分に理解するようにしましょう。

 

①年齢が若い人を優先する

企業はできることなら20代前半、あるいは20代、遅くとも30代前半までの人を採用したいと考えています。

その主な理由は次の3点です。

  • 若い人を採用した方が定年までの期間が長い
  • 柔軟性があるため仕事の吸収が早い
  • 上司にしてみれば年上より年下の部下の方が使いやすい

ただし例外があって、それは管理職の場合です

40代、50代であってもマネジメント能力に秀でている人なら高給を支払ってでも採用したいと思っている企業もあります。こういう場合、多くは転職エージェントを使っての非公開求人で募集をするようです。

しかし「オレは前の会社で部長まで行ったんだぞ!」みたいに上から目線でモノを言う人は採用されづらいので注意が必要です

②転職回数が少ない人を優先する

まだ若いのに転職回数だけは大ベテランというのでは企業もよい印象は持たないでしょう。
20代なら今回が初めての転職かせいぜい2回目。30代なら今回の転職がせいぜい3回目くらいまで、というのが企業が採用を決意する大まかな目安だと考えていいでしょう。

③経験の有無は年齢との関係で決める

まだ20代のうちであれば未経験の業種や職種であっても転向できる可能性は十分にあります。しかし30代後半過ぎになると「新境地を開きたい」ということで未経験の職種を希望してもなかなか採用してもらえません。
なぜなら年齢がいくほど新しい世界での適応力が低下すると見なされるからです。

 

主に上記3点を重視しつつ、企業は転職エージェントに人材募集を依頼しています。そして採用が1件決まるごとに企業は多額の手数料を転職エージェントに支払っています。
その企業の期待に応えるのが転職エージェントの役目なのです。

 

そもそも自分は転職エージェント向きの求職者か?

結局、上に述べた3つの条件をクリアできているなら自信を持って転職エージェントを利用した方がいいでしょう。いや、利用すべきです。無料ですし、非公開求人も紹介してもらえるので転職エージェントを使用しない方が得な理由は何ひとつありません。

しかし、もし上の3つの条件に自分は当てはまっていないと思うなら、直接応募の方が転職が成功しやすい可能性が高くなります。
この直接応募による転職について、この後、解説をいたします。

 

転職エージェントを使った転職の方法について、さらに詳しく知りたい方は次の記事が参考になります。

転職エージェントを200%活用し、あなたが飛躍するための極意

転職エージェント200%活用法
こうすれば転職エージェントはあなたのために全力で働く!「転職エージェントって、何だかコワくない?」 ・・・と思う方もいらっしゃるでしょう。 転職エージェントは日本全国に約20,000...

 

 

直接応募の方が転職が成功しやすい人の条件

 

一般的には転職エージェントを利用した方が転職は成功しやすいと言われています。
しかしこの論理はそれを主張する人のポジショントークであることが多く、常に正しいとは限りません。中には転職サイト等を使って応募先を自力で探し、そして転職を成功させた方がいい場合もよくあります。

したがって、もし転職エージェントを利用してもなかなか内定が出なかった場合は「それなりの理由」があるはずですから、思い切って直接応募に舵を切ってみましょう。
すると意外なことにスムーズに内定が出る場合も少なくありません。

 

直接応募の方が転職を成功させやすい人とは?

結論から言えば、年齢高めの人は直接応募の方が転職が成功しやすいでしょう。
特に次の3つの場合のいずれかに当てはまるなら直接応募を中心にやっていく方がいいかもしれません。

  1. 年齢高めだが未経験
  2. 年齢高めだが正社員経験が少ない
  3. 年齢高めだがマネジメント経験がない

 

①年齢高めだが未経験

30代後半から40代以上であるにもかかわらず未経験職種を希望するような人の場合です。

②年齢高めだが正社員経験が少ない

40代になるまでずっとアルバイトだった人、あるいは派遣社員でやって来た人の場合です。

③年齢高めだがマネジメント経験がない

転職エージェントを通して求人を行う企業が40代、50代の人に求めるのは管理職としてのマネジメント能力です。しかし40代、50代で、こうした経験がない場合は転職エージェント経由の転職は難しいことが多いと言うことです。

 

以上のようなケースの場合でも転職エージェントに登録することは可能でしょう。しかしそのキャリアアドバイザーに会ったとしても、「ご希望の条件ではご紹介できる求人はありません」と言われることが多いかもしれません。
かりに紹介されたとしても書類審査に通過するのは難しいケースが多いです。

しかし、直接応募であれば「やり方しだいで」採用されるチャンスは広がります。転職エージェントでうまく行かなかったとしても、直接応募でうまく行く人はたくさんいますからガッカリする必要はありません。

 

直接応募についてさらに詳しく知りたい方は次の記事が参考になります。

転職エージェントを使って連戦連敗でも「直接応募」で勝利する人

直接応募のソコヂカラ
転職エージェントを使って連戦連敗でも「直接応募」で勝利する人有名な転職エージェントを利用しているのに一向に内定が出ず、落胆している方がいらっしゃるかもしれません。 しかしそういう方の多くは「...

 

スポンサードリンク