転職する

社会人経験も少なく、自分に向いている仕事がわからない場合の解決法

天職オンチ

自分に向いている仕事がわからなくて悩む人がいます。
その一方で、「そんなことで悩んだことない」という幸せな人もいます。
そういう人たちは、なぜ最初から自分の適職がわかっていたのでしょうか。

それさえわかれば、誰もが自分の適職を発見できるようになります。

▼このサイトでは天職の見つけ方について全8パターンを解説していて、この記事はその中の1つです。別の7パターンについても読んでみたい方はこちらからどうぞ。

置かれた状況によっても天職の探し方は変わる【全8パターン】

 

この記事でお役に立てること

  1. 「自分に向いている仕事がわからない理由」がわかります。
  2. 自分の天職に気づくコツがわかります。
  3. お金に対する考え方を変えることの大切さがわかります。

 

 

スポンサードリンク

自分に向く仕事が「わかる」「わからない」には理由がある

 

子供の頃から「大人になったら○○になるんだ」と言い続け、実際、学校卒業と同時にその仕事に就いて幸せな人生を送る人がいます。
しかしその一方で、社会人になって何十年たっても天職どころか自分に向いている仕事さえわからない人もいます。

なぜ、そういう違いが出てくるのか?

先に答えを言ってしまうと、それは
若い頃から「働くことについての嗅覚」を持っていたかどうか?
ということです。

自分に向いている仕事がわからない人もこの嗅覚さえ開発できれば天職探しに役立つはずです。

 

 

早くから自分の適職がわかる人ってどんな人?

すでに述べたように、若い頃から「働くことについての嗅覚」を持つことができた人です。
では、なぜその人たちはそうした嗅覚を身に付けることができたのでしょうか。
それには次のようなパターンが考えられるでしょう。

 

  • 学校で習った専門分野が職業になった
  • 疑うことなく自分の家の家業を継いだ
  • 若い頃から夢中だったことが仕事になった
  • 子供の頃、多くの友達と濃密に遊んだ
  • 子供の頃から稼ぐ方法ばかり考えていた

 

学校で習った専門分野が職業になった

例えば医学部を卒業して医師になるような場合です。しかしこの場合、大学に進学する以前から医師になりたいという気持ちがすでに芽生えていたということでしょう。

疑うことなく自分の家の家業を継いだ

親が会社や店を経営しているからといって、子がその家業を継ぐとは限りません。でも逆に何の不平も言わず、むしろ当然のように家業を継ぐ人もいます。
そういう人はおそらく小さい頃から親が楽しそうに、誇らしそうに仕事をしている姿を見ながら育った可能性があります。

若い頃から夢中だったことが仕事になった

若い頃から大好きだったこと、夢中になっていたことがそのまま職業になる場合があります。
小さい頃からの趣味が社会に出ても職業として成り立つというのは一番幸せなパターンです。

子供の頃、多くの友達と濃密に遊んだ

子供の頃から友だちが多かった人の場合、友だちと自分とを比較することで自然と自分を客観視する能力が身につきます。
その結果、自分自身の性格や適性を知る力が発達します。

子供の頃から稼ぐ方法ばかり考えていた

例えば子供の頃、家が貧しかったので、大人になったら絶対に金持ちになろうと思い続け、そして実際に仕事で大成功を収める人は少なくありません。
この場合、「稼ぐ方法」を子供の頃からひたすら考え続けたことが成功のポイントです。

 

 

スポンサードリンク

社会人になっても自分の適職がわからないのはどんな人?

これは「自分に向いている仕事」を探り当てる嗅覚が育っていないということですが、その原因はおおむね上に述べたことの逆になります。

 

  • 学校時代、専門性の薄い勉強をしていた。
  • 子供時代、家庭内で仕事の話をしなかった。
  • 子供の頃、勉強以外のことに熱中しなかった
  • 子供の頃、友だちとあまり遊ばなかった。
  • もともと働くことへの意欲が少なかった。

 

学校時代、専門性の薄い勉強をしていた

例えば何となく大学の文学部を出たとか、何となく経済学部を卒業した…というように、たいした動機もなく専門性の薄い勉強をした人の場合です。
こういう学生たちの中には大学4年生になって初めて仕事のことを考え始めるという人も少なくありません。

子供時代、家庭内で仕事の話をしなかった

子供にとって親というのは一番身近にいる社会人であり、職業人でもあります。子供の頃、その親とあまり仕事や職業の話をしなかった場合、その子供は職業というものについてのイメージトレーニングができなかったという考え方もできるでしょう。
その結果、大人になっても自分の適職をイメージしにくくなる可能性があります。

子供の頃に勉強以外で自分の才能磨きをしなかった

子供の頃というのは自分の才能を磨くための大切な時期です。ところがその時期に学校や塾の勉強ばかりしていて、自分の才能磨きをする時間が持てなかったという人もいます。
そういう場合、大人になっても自分の才能に気づきにくくなるでしょう。

子供の頃、友だちとあまり遊ばなかった

子供の頃、自分1人で遊ぶことが多かったため、自分を客観視する能力があまり発達しなかった人もいます。
そういう場合、自分は他人と比べて何が得意で何が不得意か…といったことを分析することが苦手になります。

もともと働くことへの意欲が少なかった

経済的に恵まれた家庭で育った人は割とのんびりした性格になりやすいものです。
そのため社会人になっても「稼ぐ」ことへの貪欲さがなく、何をすればよいのかわからない、というケースがあります。

 

 

問題点を1つ1つ解決していけば天職は必ず見つかる

 

子供の頃から自分が就くべき職業がわかっていた人と、社会人になっても自分の適職がわからない人にはそれぞれパターンがあるということを述べてきました。
もし、自分が上のパターンのどれかに当てはまるのなら、それを克服する努力をすればよいことになります。

 

  • 何か専門的なスキルを身に付ける
  • とりあえず働いてみる
  • あらためて自分の才能を磨く
  • 自分の性格タイプを知る
  • お金に対する考え方を変える

 

何か専門的なスキルを身に付ける

自分に向いている仕事を見つけるには何かのスキルを身に付けるのが一番です。
しかし「何のスキルを身に付ければよいのか…、それがわからないんだ」と言う人もいらっしゃるでしょう。

そういう場合は「学べば得することがわかり切っているジャンル」を選べばよいのです。
それは英会話プログラミング、あるいはWebに関する技術です。

「芸は身を助ける」という言葉がありますが、こうした専門的なスキルを何か身に付けておけば食いっぱぐれるということはめったにありません。

 

英語がしゃべれるようになると一気に世界が広がり、将来の選択肢も増えます。
英会話を学んでみたい方は次の記事が役に立ちます。ちょっと気恥ずかしいのですが、私自身の体験談を紹介しています。
DMM英会話に入会してから8か月、私の英語力はどうなったか!?

英語をしゃべる
DMM英会話に入会してから8か月、私の英語力はどうなったか!?2020年5月下旬にDMM英会話に入会して、ちょうど8か月が経ちました。 「英語力ほぼゼロ」から始めて、今、私の英語力がどのくらいにな...

 

「プログラミングができれば食いっぱぐれることはない」と言われています。プログラミングに興味はあるけど、何から勉強を始めればよいのか全然わからない…という方はこちらの記事が参考になります。
できる限り安上がりで済む『プログラミング完全独学法』まとめ

魔法の杖
できる限り安上がりで済む『プログラミング完全独学法』まとめプログラミングと言えば2020年から小学校の授業でも扱われるようになったようですね。 もはやプログラミングはIT業界だけのものではなく...

 

とりあえず働いてみる

もし、まだ学生でアルバイトもあまりやったことがない、あるいは自分に合ったバイトをしたことがない、という人はとりあえずどこかの会社に正社員として入ってみることをおすすめします。

結局、その会社が合わず、2~3年後にまた第二新卒として就職活動をすることになるかもしれません。しかしその時には今以上に世の中が見えている状態になっているはずです。

転職サイトの紹介
リクナビNEXTで「スカウト登録」しておけば他の転職サイトは不要リクナビNEXTはリクルートグループが運営する日本最大級の転職サイトです。 新卒から50代、60代まで幅広い年齢層の求職者に対応し、し...

 

あらためて自分の才能を磨く

今から趣味的な技術をいくら磨いても近未来の就職には間に合わないでしょう。そのかわり上でも述べた「何か専門的なスキル」を身に付けることなら短期間で可能です。

 

自分の性格タイプを知る

皆さんはすでに簡単な性格テストを受けて、ご自分の性格タイプのページをお読みいただいたと思います。
しかし自分のタイプについてのページだけでなく、他のタイプのページも読んでいただいた方がいいでしょう。自分と他のタイプとの違いを知ることで、自分をもっと深く理解することができます。

 

お金に対する考え方を変える

お金に対してのんびりしている人は仕事についても理想主義的に考えてしまう傾向があります。
しかし職業というのは生計を立てるためにあるのであって、ボランティアではありません。

適職、天職を考える時は「その仕事でお金が稼げるかどうか」という視点を大切にしましょう。

性格タイプでいえば特に直感(N)型の人の場合、お金に対する考え方が甘くなりがちなので気をつけましょう。

 

 

「自分に向いていそうな仕事」を専門家に聞くというズルい方法

 

上に示した5つの点は自分で解決する必要があります。しかしそれと同時に「他人から見て、自分はどんな仕事に向いてそうかを人に尋ねるという方法があります。

これはちょっとズルい方法に思えるかもしれませんが、意外にも自分の天職、適職を見つけるヒントになります。

ただし、相手がいろんな職種やいろんな業種について詳しくなければ参考になる答えは返ってきません。
そこで転職エージェントを利用し、自分を担当してくれるスタッフにそういった質問をぶつけてみてはどうでしょうか。返ってきた答えの中に自分の天職を見つけるヒントが見つかるはずです。

ついでに言えば、自力で企業の求人に応募するより、転職エージェントを通して応募した方が採用される確率はぐんと高くなります。

転職エージェント200%活用法
こうすれば転職エージェントはあなたのために全力で働く!「転職エージェントって、何だかコワくない?」 ・・・と思う方もいらっしゃるでしょう。 転職エージェントは日本全国に約20,000...

 

 

重要ポイントの復習
  1. 子供の頃にやらなかった「自分磨き」を今からやる!
  2. 「よし、お金を稼ごう」という意識をしっかり持つ。
  3. 自分に向いている仕事」を専門家に聞いてしまってもよい。

 

状況別 天職探し
置かれた状況によっても天職の探し方は変わる【全8パターン】「天職を見つけたい」、「いつか天職に就きたい」と考えている人の現在の状況や立場はおそらく次の8パターンのいずれかに当てはまるでしょう。 ...

 

スポンサードリンク