転職する

失業中の時こそ自分の天職や適職についてじっくり考えるチャンス

失業はチャンス

「失業してしまって、次、何をすればよいのかわからない」という方もいらっしゃるでしょう。
しかし、ずっと途方に暮れていては何も始まりません。
実は失業した今こそが自分の天職や適職を考えるチャンスなのですから。

▼このサイトでは天職の見つけ方について全8パターンを解説していて、この記事はその中の1つです。別の7パターンについても読んでみたい方はこちらからどうぞ。

置かれた状況によっても天職の探し方は変わる【全8パターン】

 

この記事でお役に立てること

  1. 自分の性格タイプを就活に役立てる方法がわかります。
  2. 自分の天職・適職を見つけるためのヒントがわかります。
  3. より安全・確実に新しい仕事を見つける方法がわかります。

 

 

スポンサードリンク

自分の適性を探りましょう

 

自分の性格タイプから考える

性格タイプと仕事への適性との間には驚くほどの相関関係があります。下手に占いなどに頼る以上に当たることが多いので、ぜひ参考にしてみてください。

簡単な性格テスト
あなたの性格傾向がざっくりわかる簡単なテストこのページは『まずは自分を知る』からの続きになっています。 まず最初に何の先入観や知識も持たず、次の各質問に答えていただきます...

 

① 性格タイプから、前職での失敗を反省する

たとえば外向(E)型の人が研究室で1人きりで仕事をしても大して生産性は上がらないかもしれません。

外向(E)型
☞ たくさんの同僚とにぎやかに働ける職場がよい

内向(I)型
☞ 自分1人でじっくり取り組める仕事が向いている

直感(N)型の人が力仕事や体力が必要な仕事に就いたとしても(無理ではありませんが)必要以上に苦労します。

感覚(S)型
☞ 身体を使う仕事や実際に動き回る仕事の方が自分を活かせる

直感(N)型
☞ 企画したりアイデアを出すなどの頭脳労働で伸びる

この他、自分は思考(T)型感情(F)型かということについても自覚しておく必要があります。

思考(T)型
☞ 感情抜きで進められる仕事の方がのめりこめる

感情(F)型
☞ 人間関係の調整力を発揮できる仕事が向いている

失業前の仕事を思い出して、もし「あの仕事は何だか自分に向いていなかったなあ」と思うなら、性格タイプの視点で当時の仕事を振り返ってみてください。
すると自分の性格タイプとは正反対の仕事を選んだばかりに人より余計に苦労していたことに気づく場合があります。

不思議なことに自分のタイプとは正反対の生き方ばかりを選ぶ人もいます。

 

② 自分の性格タイプに合う仕事を選びなおす

「仕事するには人間関係が大切です」とよく言われますが、中には人間関係が不得意な人もいます。それを自分の欠点と考える必要はありません。それが自分の性格タイプなので、それに合った仕事や職場を選びましょう。

 

子供の頃に熱中したことを思い出してみる

子供の頃、自然に熱中した遊びや趣味の中に自分の適性がすでに暗示されている場合があります。
そもそも自分の適性がまったくわからないという人は自分の子供時代を思い出し、どんなことが大好きだったかを考えてみましょう。
つまり子供時代の記憶の中から自分の適性を掘り起こすということです。

 

自分の職業イメージを友だちなどに聞く

「あの人は動物で言えばネコっぽい」とか「イヌっぽい」などと人を動物にたとえることがありますよね。それと同じように「あの人、何だか学校の先生みたい」とか「保育園の先生みたいな感じの人」というように職業イメージで人を表すことも可能だと思います。

そこで仲のよい友だちなどにあなたの職業イメージを質問してみてください。質問をした相手の表現力にもよると思いますが、返ってきた職業イメージが自分の適性を探る上で割と参考になると思います。

たとえば「学校の先生みたいだ」と言われたら、どの辺が学校の先生みたいなのかを質問してみましょう。すると例えば

  • 「いかにもマジメそうだから」
  • 「セールスマンの雰囲気ではないから」
  • 「人に何かを教えるのが上手だから」

といった答えが返ってくるでしょう。すると人は自分をどのように見ているかがわかります。
そしてそれこそが今まで自分が気づかなかった「本当の自分の姿」だったりします。そこにあなたの適職や天職のヒントが隠されているかもしれません。

 

 

自分の天職・適職を考えると同時に業種、職種の研究もする

 

「自分の適職は何だろう」「自分の天職を知りたい」と思う人に限って、そもそも世の中にどんな業種、職種があるかをよく知らない場合が多いようです。そうした知識を仕入れるためには当然のことながら「学ぶ」ことが必要です。
ただし「学ぶ」一方で、同時に「行動する」ことも忘れないでください。

 

友だちなどに「その仕事を選んだ理由」などを聞いてみる

例えば建設業界で働く友だちがいれば、

  • 「なぜ、建設業界に入ったのか?」
  • 「入ってみてよかったか?」
  • 「失敗したと思うところはあるか?」
  • 「今後はどうしようと思っているか?」

などを聞いてみてください。
別に自分自身が建設業界に進む気はなくても、「どういう理由でその仕事を選んだのか」という部分は自分自身が適職や天職を探す上でとても参考になります。

 

ビジネス雑誌などを読む

「これだ!」と思って入った業界が実は斜陽産業(産業構造の変化で利益が上がらなくなった業界)だったりすることがよくあります。…というか、今、どんなに人気の業界でも20~30年経ったら斜陽産業になる可能性は十分にあります。

逆に今、注目されない業界であっても数十年後にはものすごく稼げる業界に成長したりします。ビジネス雑誌にはそういう情報がよく書かれているので非常に参考になります。
たとえば『週刊ダイヤモンド』や『プレジデント』などは記事もおもしろく、読みやすいと思います。

 

転職サイトに無料登録して情報の入手経路を作っておく

転職サイトに掲載されている求人情報を見ていると経済の動向や世の中の動きがよくわかります。

例えば景気のよい業界なら求人件数も増えるでしょうし、業績の悪い業界は求人件数が減ります。
たとえ転職サイトを利用して就活しなくても、その転職サイト内のマッチング機能などを使えば自分自身の市場価値を知ることもでき、結果的に適職、天職を見つけるヒントになります。

 

転職サイトの紹介
リクナビNEXTで「スカウト登録」しておけば他の転職サイトは不要リクナビNEXTはリクルートグループが運営する日本最大級の転職サイトです。 新卒から50代、60代まで幅広い年齢層の求職者に対応し、し...
ピンと来る情報に出会ったらすぐ動くこと! 天職は家で寝て待っていてもやって来ません。

 

 

スポンサードリンク

転職エージェントは利用する価値があるのか?

 

次に転職エージェントを利用する場合について考えてみましょう。これは「企業に就職して働きたい」と考えている方向きの転職方法です。
しかし、この記事をここまで読んで、

「やっぱりサラリーマンはやめた! 独立しよう!」

と思った方は次の記事をお読みいただいた方がいいでしょう。

会社に行きたくない
今、無職だが「もう会社には勤めたくない」という人の天職探し「もう、会社勤めは無理…」と考える人はたくさんいます。 30年前なら「何言ってんだ」と軽蔑されることもありました。 しかし今は時代が...

 

では、話を戻します。

最初にお断りしておきますが、転職エージェントを利用しなくても就職することはできます。
しかし、それでも利用する人が多いのはなぜでしょうか。ここではその理由を簡単に述べたいと思います。

転職エージェントを利用して何が得なの?

転職エージェントとは要するに求職者(あなた)と企業とを結ぶ仲人さんです。
企業としてはどこの誰だかわからない求職者(あなた)にいきなりプロポーズされても、受け入れてよいのかどうかわかりません。採用面接を数回やったり試験のようなことをやったとしても、わからないものはわからないのです。

ところがもし信頼できる仲人さんのような人がいて、「この人なら御社に合ってそうですよ」といって太鼓判を押してくれるなら安心してその求職者(あなた)を採用できるわけです。
その仲人さんにあたるのが先ほども述べたように転職エージェントだというわけです。

だからはっきり言って、ただ単に転職サイトを通して求人に応募するより転職エージェントを通した方が採用される確率はずっと高いです。

一方、求職者(あなた)にとっても自分の少ない情報量だけから企業を選ぶより、転職エージェントを利用した方が意外にも相性のよい企業に出会える可能性が高くなります。
しかも転職サイトには載っていない企業(非公開求人)を紹介してくれたりもします。

転職エージェント200%活用法
こうすれば転職エージェントはあなたのために全力で働く!「転職エージェントって、何だかコワくない?」 ・・・と思う方もいらっしゃるでしょう。 転職エージェントは日本全国に約20,000...

 

転職エージェントを利用する時に気を付けること

すでにあなたはこのサイトの簡単な性格テストを使って自分の性格タイプをだいたいつかめたことと思います。それは業種や職種を選ぶ際に大いに役立つでしょう。

もし転職エージェントで勧められた企業があなたの性格タイプに反する場合は断ってもかまいません。

 

 

就活しつつ、万が一の時の「保険」として新しいスキルも身に付ける

 

失業中ということですから、空いた時間を利用して何か新しい技術を勉強されてはいかがでしょうか。

ずばり、おすすめするのは語学プログラミング、あるいはWebに関する技術です。
もしかしたら次に入る職場での仕事に役立つかもしれないし、あるいは万が一、そこを辞めることになった場合にもその技術に助けられる可能性は大いにあります。

言うなれば「保険」です。

就職活動と新しい技能の習得という「二股をかける」のはあなたの将来にとって非常に有益なことです。

 

英語がしゃべれるようになると一気に世界が広がり、将来の選択肢も増えます。
英会話を学んでみたい方は次の記事が役に立ちます。ちょっと気恥ずかしいのですが、私自身の体験談を紹介しています。
DMM英会話に入会してから8か月、私の英語力はどうなったか!?

英語をしゃべる
DMM英会話に入会してから8か月、私の英語力はどうなったか!?2020年5月下旬にDMM英会話に入会して、ちょうど8か月が経ちました。 「英語力ほぼゼロ」から始めて、今、私の英語力がどのくらいにな...

 

「プログラミングができれば食いっぱぐれることはない」と言われています。プログラミングに興味はあるけど、何から勉強を始めればよいのか全然わからない…という方はこちらの記事が参考になります。
できる限り安上がりで済む『プログラミング完全独学法』まとめ

魔法の杖
できる限り安上がりで済む『プログラミング完全独学法』まとめプログラミングと言えば2020年から小学校の授業でも扱われるようになったようですね。 もはやプログラミングはIT業界だけのものではなく...

 

 

重要ポイントの復習
  1. 性格タイプをもとに前職での失敗を反省し、それを「次」に活かす。
  2. 友だちに「あなたの職業イメージ」を聞いてみる(聞く価値あり)。
  3. 就活をすると同時に、「保険」として何か新しいスキルを身に付ける。

 

状況別 天職探し
置かれた状況によっても天職の探し方は変わる【全8パターン】「天職を見つけたい」、「いつか天職に就きたい」と考えている人の現在の状況や立場はおそらく次の8パターンのいずれかに当てはまるでしょう。 ...

 

スポンサードリンク