転職する

今の仕事に不満はないけど「何か違う」と感じた場合の転職作法

職場に不満はないが…

「今の職場は居心地いいし、仕事もそんなにキツくない。人間関係だって悪くない。でも、この仕事を一生続けて後悔しないかな…。」
こんな思いを抱きながら毎日を過ごしている人は多いと思います。

今回の記事では

  • こういう場合の気持ちの整理の仕方
  • 転職をすると決心したなら何をすべきか

についてお話しします。

▼このサイトでは天職の見つけ方について全8パターンを解説していて、この記事はその中の1つです。別の7パターンについても読んでみたい方はこちらからどうぞ。

置かれた状況によっても天職の探し方は変わる【全8パターン】

 

この記事でお役に立てること

  1. 「不満がない」は最大の武器であることがわかります。
  2. 天職の見つけ方のヒントを具体的に提示します。
  3. 転職不慣れなあなたに効率的な転職作法を伝授します。

 

 

スポンサードリンク

「不満がないのに会社を辞める人はいない」は時代遅れの考え方

 

「今の仕事や職場に不満はないけれど、何か違う気がする」と思うなら、素直な気持ちで自分の心の中を整理してみることをおすすめします。

 

  • 心底のめり込むことのできる仕事がしたい!
  • 「人から感謝されている」という実感が欲しい!
  • 「世の中の役に立っている」という実感が欲しい!
  • 自分の能力をキチンと評価してもらいたい!
  • 胸を張って人に誇れる仕事をしたい!
一度、自分の気持ちを紙などに書き出してみましょう。

何も「天職を見つけたい」とまで考えなくても、ただ「もっと充実した仕事に就きたい」と思うなら、今の職場を辞めてみるのも「アリ」だと思います。

 

 

「不満はないけど転職したい」はとても健全な考え方

 

転職のタイミングは「決定的に今の仕事や職場が嫌になる数歩手前」でも全然かまいません。
むしろ自分の気持ちが完全に会社から離れてしまってから辞めるとなると、周囲に対しても印象が悪くなります。

「今の職場は嫌いじゃない。だけど辞めてみた」という方が気持ち的には余力があって、それを転職活動の時にプラスのエネルギーとして活用することができるでしょう。

 

職場がすっかり嫌になってから辞める場合

  • 最後、雰囲気が険悪になるケースもある。
  • 元の職場に気軽に遊びに行けない。
  • 元の職場の友人と会いづらい。

職場が嫌ではないけど辞める場合

  • 惜しまれて辞めるわけだから気分的にもよい。
  • なんやかや言って、よい思い出になる。
  • 場合によっては将来、また戻ることも可能。

 

 

スポンサードリンク

不満はないけど転職を考えているなら、今、ボールはあなたの手の中にある

 

今の職場に不満はないのに転職を考えるあなた、はっきり言って転職勝ち組の可能性があります。
なぜならボールは今あなたの手にあるからです。

 

「円満退社」という「実績」は転職活動では最大の武器

企業の面接を受けに行った時、当然、「なぜ前の会社を辞めたのですか」と聞かれるでしょう。あなたとしては不満、つまり「満たされない思い」があったから辞めたわけですが、それをそのまま伝えたとして、何かよいことはあるでしょうか。

あなたの不満話を聞かされた面接官は「それを自分の努力で解決できなかったのだろうか」とネガティブな思いで受け取るかもしれません。

しかし、もしあなたが次のように答えたら、面接官に対するあなたの印象は180度変わるはずです。

「前の職場には何の不満もありません。仕事も難なくこなせましたし、人間関係にも問題はありませんでした。辞めると決めた時にはずいぶん引きとめられました。でも、もっと大きな世界で自分の力を試してみたいと思った私には『辞める』という選択肢しかなかったように思います。」

このように言えるのは先ほども述べたように、まだ余力を残した状態で転職をすると決めたからです。気持ち的な余裕がプラスのエネルギーに変わったわけです。

不満は何もないけれど、あえて転職をする」というのはあなたが優秀な証拠でもあります。

 

惜しまれつつ転職する人が真の転職成功者

前の会社で何か不満があって辞めた場合、不思議なことに次に入った会社でも同じような不満が出てくる場合があります。

ちょっと喩えが悪いですが、異性と何度も付き合ったり別れたりを繰り返す人に限って、毎回似たようなタイプの相手を選んでいるケースが多い、というのと似ていますね。

ところが現段階のあなたは職場に不満があって辞めようとしているわけではありません。ということは、少なくとも「今以上」に自分に合った職場、職種に出会える可能性が高いということです。

 

 

あらためて「自分は何をやりたいのか」を考える

 

今の職場を辞める決心がついたとしても、具体的にどんな仕事が自分の天職かなんて、すぐにわかるわけがありません。

そこで自分のこれからの方向性を考える上で有効な方法をいくつかご紹介しましょう。

 

  • 自分の性格タイプから向いている職種を考える
  • 親しい友人や先輩に素直に聞いてみる
  • あなたは今まで何に熱中してきたか
  • 転職サイトに無料登録して情報の入手経路を作っておく
  • 自分の技能を伸ばす勉強をしてみる

 

自分の性格タイプから向いていそうな職種を考える

この記事を読んでくださっている方の場合、おそらくもう簡単な性格テストをやっていらっしゃると思います。自分の性格タイプを知るということは自分の適性、ならびに適職を考える上でとても有効です。ぜひ、お役立てください。

簡単な性格テスト
あなたの性格傾向がざっくりわかる簡単なテストこのページは『まずは自分を知る』からの続きになっています。 まず最初に何の先入観や知識も持たず、次の各質問に答えていただきます...

 

親しい友人や先輩に素直に聞いてみる

「私に(ぼくに)向いている職業は何だと思う?」と素直に聞くといいでしょう。あなたを長年見ている他人の方が案外あなたの素質を見抜いているものです。

 

あなたは今まで何に熱中してきたか

子供の時からの自分を振り返り、あなたが熱中したこと、真剣にやったことを思い出してください。中学校の頃の部活動でもいいですよ。仕事に関係ないことでもかまいません。
要はどういうことに熱中したかで昔の自分が持っていた夢を思い出し、そこから向いていそうな仕事を想像してみるのです。

 

転職サイトに無料登録して情報の入手経路を作っておく

今まで転職など考えたことなどなかったでしょうから、そもそも世の中にどんな仕事があるかもよくわからないのではないですか。
こういう場合、とりあえず転職サイトに無料登録だけでもしておくといいでしょう。掲載されている求人案内に目を通すだけでも仕事選びのヒントになります。

転職サイトの紹介
リクナビNEXTで「スカウト登録」しておけば他の転職サイトは不要リクナビNEXTはリクルートグループが運営する日本最大級の転職サイトです。 新卒から50代、60代まで幅広い年齢層の求職者に対応し、し...

 

転職活動と同時に自分のスキルを伸ばす勉強もやってみる

今の職場はおそらくノースキルでもこなせる仕事、あるいはそれに近い仕事をやっていらっしゃるのではないですか。

しかし「手応えのある仕事」というのはだいたい常に勉強が必要な仕事ばかりです。

今後、働きながらも何かしらの勉強に追われるという生活が待っている可能性もあります。そうした生活スタイルに慣れるためにも、今から勉強する習慣を付けておきましょう。

もちろんその勉強が就職活動に直接役立つこともあります。

✓効率よく新しいスキルを身に付けるには…

今はオンラインで大概のことは学べる時代になりました。しかもオンラインスクールの場合、学習スケジュールを自分で決めたり、授業料が安いのが特徴です。

そうして身につけた技能は必ず将来の選択肢を増やすとともに、会社の倒産などで万が一、失業した場合のリスクヘッジにもなります。

 

プログラミングはオンラインで学ぶことができる代表的なスキルです。そして「プログラミングができれば食いっぱぐれることはない」とも言われています。
そうしたプログラミングに興味はあるけど、何から勉強を始めればよいのか全然わからない…という方はこちらの記事が参考になります。
できる限り安上がりで済む『プログラミング完全独学法』まとめ

魔法の杖
できる限り安上がりで済む『プログラミング完全独学法』まとめプログラミングと言えば2020年から小学校の授業でも扱われるようになったようですね。 もはやプログラミングはIT業界だけのものではなく...

 

英語がしゃべれるようになると一気に世界が広がり、将来の選択肢も増えます。
英会話を学んでみたい方は次の記事が役に立ちます。ちょっと気恥ずかしいのですが、私自身の体験談を紹介しています。
DMM英会話に入会してから8か月、私の英語力はどうなったか!?

英語をしゃべる
DMM英会話に入会してから8か月、私の英語力はどうなったか!?2020年5月下旬にDMM英会話に入会して、ちょうど8か月が経ちました。 「英語力ほぼゼロ」から始めて、今、私の英語力がどのくらいにな...

 

 

転職エージェント? ちょっと大げさな気がするけど…

 

たとえば視力が落ちてきたのに裸眼のまま不便な生活を送っている人がいるとします。でも、ついにメガネを買って使い始めた時、
「なんだ、ものすごく見えるじゃないか!こんなことならもっと早くにメガネを使うべきだった!」
と思うはずです。

「食わず嫌い」という言葉がありますよね…

これとよく似ているのが転職エージェントです。自分1人の力で次の仕事を探そうとすると案外また失敗しそうな職種、業種ばかり選んでしまいます。

自分の苦手タイプをまた選ぶという、アレです!

ところが転職エージェントの専門家の手を借りると視野が一気に10倍、20倍に広がります。自分1人では絶対に出てこなかった選択肢に出会うこともできます。
そういう意味でも転職エージェントに自分を一度ゆだねてみるのもいいのではないかと思います。

転職エージェント200%活用法
こうすれば転職エージェントはあなたのために全力で働く!「転職エージェントって、何だかコワくない?」 ・・・と思う方もいらっしゃるでしょう。 転職エージェントは日本全国に約20,000...

 

 

重要ポイントの復習
  1. 今の職場に不満がないのはあなたが優秀だから。
  2. 「今の職場に不満はないが、だからこそ次をめざしたい!」は最も有効な自己アピールになる。
  3. 天職を見つけるには「自分を知る」「人に聞く」「新しいことを学ぶ」の3つが有効。

 

状況別 天職探し
置かれた状況によっても天職の探し方は変わる【全8パターン】「天職を見つけたい」、「いつか天職に就きたい」と考えている人の現在の状況や立場はおそらく次の8パターンのいずれかに当てはまるでしょう。 ...

 

スポンサードリンク