転職する

「転職の軸」は人に説明できるレベルまで言語化することが大事

転職の軸

転職活動をする際に考えるべきことは次の2点です。

  1. 自分の「転職の軸」をはっきりさせる
  2. 自分の置かれた状況のあった仕事の探し方を考える

 

この記事では主に

自分の「転職の軸」をはっきりさせること

について解説します。

これは転職をする時だけでなく、新卒で初めて就職活動をする時も基本となる一番大切なことです。
よく読み込んでポイントを理解しておいてください。

 

 

 

スポンサードリンク

転職の軸を明確にし、説明できるレベルまで言語化させる

 

「軸がぶれる」という表現を聞いたことがあると思います。この言葉はふつう立っている時の姿勢やスポーツをしている時などのフォームについて表現する時に使いますよね。

身体の軸がブレていると安定しないため、よいパフォーマンスを出すことができないと言われています。

この「軸」というのは転職活動にもあります。
それがいわゆる「転職の軸」です。

転職の軸とは、簡単に言えば

「今回の転職であなたが最も重視する点」

のことです。

それは次のように言い換えることもできるでしょう。

今回の転職であなたは

  • 何を実現したいのか
  • 絶対に妥協できないのは何か
  • 自分の生き方や働き方の何を改善したいか
  • 自分は将来どうなりたいのか

もちろん転職の軸は1つだけとは限らないでしょう。複数出てくる場合もあると思います。
その場合はしっかりと優先順位を付けておきましょう。

その上で転職の軸、つまり「今回の転職であなたが最も重視する点」を上位3つ(多くても5つ)くらいまでを紙などに書き出すなどして明確に言語化します。
そして人に説明できるようにしておくことが重要なポイントです。

 

なぜ「転職の軸」を言語化する必要があるかというと、転職活動の過程でその「転職の軸」を何人もの人に説明する必要が出てくるからです。詳しくはこの後に説明致します。

 

 

転職の軸を決めるとなぜ転職が成功しやすいか?

 

転職の軸を明確にせず転職活動を始めると、十中八九、悔いの残る転職となります。
遅かれ早かれ、再度、転職をしなくてはいけなくなるでしょう。

しかし転職の軸を明確にした上で転職活動を始めれば高確率で転職がうまく行きます。その理由は次の通りです。

 

  • 時間的にも、労力的にも最短距離で転職活動を行えるから
  • 転職エージェントを利用する場合、希望に合った企業を紹介してもらいやすい
  • 直接応募で転職活動する場合、業種や企業を選ぶ際の迷いが消えるから
  • 企業面接の場でブレない自分をアピールできるから

 

 

スポンサードリンク

転職の軸が明確でない場合、なぜ転職は失敗に終わるか?

 

これは上述の「成功しやすい理由」の逆となります。

企業面接の際、自分自身の価値を言語化できなくなる

面接で必ず質問されるのが「なぜ当社に応募したのか」ということでしょう。この時に漠然とした回答しかできない場合、まず採用はないと考えて間違いありません。

しかし「今回、自分はこういう理由で転職を決意し、だからこそ御社に応募させていただいた」ということを面接官にはっきり伝えられれば採用につながりやすいのは当然です。

転職の軸がないと、そもそも応募までたどり着かない

転職活動をする場合、たとえば知人の紹介やコネ入社でない限り、通常は次の2パターンとなります。

  • 転職サイトなどで企業を探し、自分で直接応募する
  • 転職エージェントを通じて応募する

直接応募の場合、すでに述べた通り転職の軸がなければ「迷い」が出てきて応募先企業を決めることすらできないでしょう。

しかしそれより以上にデメリットが大きいのは転職エージェントを利用する場合です。

もし「転職の軸」があいまいなまま転職エージェントに相談したとしても、キャリアアドバイザーは的確なアドバイスをすることができません。その結果、中途半端なところで妥協し、不本意な給料や待遇で就職してしまうことになるでしょう。

 

転職エージェントを利用すべき人、直接応募の方が成功する人

転職エージェントを利用すべき人、直接応募の方が成功する人転職の方法には大きく分けて次の2パターンがあります 転職エージェントを利用する方法 企業に自分で直接応募する方法 ...

 

 

転職の軸を明確にするための3つのステップ

 

すでに述べましたが、転職の軸を明確にするには「言語化」する必要があります。
その方法としては次の2つがあります。

  • 実際に紙などに書き出す。
  • 声に出したものを録音してもう一度それを自分で聞き直す。

手順としては次に述べる3ステップで煮詰めていくといいでしょう。

 

①将来、どんな人生を生きてみたいかを考える

20年後、30年後、あるいは定年退職したり、孫ができるくらいの年齢になった頃、自分はどうなっていたいか? どんな生き方をしていたいか?

中には「そんな遠い先のことなど想像できない」と言う人もいらっしゃるでしょう。でも、たとえばどんな家に住み、どんな人に囲まれて生きていたいか?どんな趣味をもっていたいか?など、具体的な事に落とし込んで想像してみましょう。

②今ままだと理想の未来を実現できない理由は何か

単純に給料が低すぎて家が買えないから、というのでもかまいません。あるいは忙しすぎて趣味に使う時間、家族とともに過ごす時間がないから、と言う理由でもかまいません。

要は「このままだと①で考えた理想の未来が危ぶまれる理由」を整理すればよいのです。

③今回の転職活動で自分が最も重視するポイントは何か

これは一番最初に述べた転職の軸そのものです。

理想の未来を実現するために、今回の転職で自分は何を最も重視すべきなのかをはっきりとさせるのです。
その際、次のようなポイントは特に考えておく必要はあるかもしれません。

  • その企業の活動、理念に自分は共感できるかどうか
  • その企業で自分は働きやすいと思うか、力を発揮できると思うか
  • その企業で自分は何を得られるか(給料、キャリア、チャンスなど)

 

最初にも述べましたが、転職の軸を1つに絞りきれず複数出てきた場合は優先順位を付けておくことが大切です。

 

軸が決まると転職のやり方が決まってくる

 

転職活動の方法は大きく分けて2つあります。

  • 転職エージェントを利用する
  • 直接応募で転職活動を行う

※知人の紹介やコネを使う場合はここでは考えません。

 

いずれの場合も転職の軸を決めることによる収穫は非常に大きいと言えます。

転職の軸が決まると・・・

  • 転職エージェントのキャリアアドバイザーをやる気にさせられる。
  • 直接応募をする場合は面接対策を立てやすくなる。

 

転職エージェントを利用すべき人、直接応募の方が成功する人

転職エージェントを利用すべき人、直接応募の方が成功する人転職の方法には大きく分けて次の2パターンがあります 転職エージェントを利用する方法 企業に自分で直接応募する方法 ...

 

 

最初にも書きましたが、転職活動をする際に考えるべきことは次の2点でした。

  1. 自分の「転職の軸」をはっきりさせる
  2. 自分の置かれた状況のあった仕事の探し方を考える

 

①の転職の軸についてはこの記事で述べた通りですが、②については次の記事で紹介しています。ぜひ参考にしてください。

置かれた状況によっても天職の探し方は変わる【全8パターン】

状況別 天職探し
置かれた状況によっても天職の探し方は変わる【全8パターン】「天職を見つけたい」、「いつか天職に就きたい」と考えている人の現在の状況や立場はおそらく次の8パターンのいずれかに当てはまるでしょう。 ...

 

スポンサードリンク