雑記(未分類)

ニッポンをおだてまくる外国人YouTuberたち

おだてに弱いニッポン人

 

日本人たちをおだてまくってにして再生回数を稼ぎまくる外国人YouTuberたち。

そんな彼らの動画を観ながら、日本人の国民性と、日本人っぽくない「はずれた生き方」をしている自分について、ちょっと考えるところがありました。

 

スポンサードリンク

再生回数を上げたければ日本人をホメろ!の黄金則

 

日本には外国人YouTuberがたくさんいます。

というか、日本に来て、日本で生活するからには、YouTubeチャンネルを開設しないと損!ってくらい、外国人YouTuberのチャンネルは人気が出ます。

あっという間に登録者数も増えるし、再生数も伸びる。

 

これは私自身も彼ら彼女らの動画をつい観てしまうため、実感としてあります。

 

 

彼ら外国人YouTuberもチャンネル開設当初は母国の人たちに向け、自分の母国語を使って動画を取っていた人が多いようです。

 

ところがある時、勉強中の日本語を使って動画を撮ってみると、再生回数がいきなり爆伸び・・・。

「こりゃ、なんてこった!」

というわけで、それ以後、日本語で日本人向けの動画を撮ることにした・・・という人が多いと思います。

 

 

なぜ、日本人たちは彼ら外国人の日本語動画を観てしまうのか・・・。

それは日本人特有の「他者の目を気にする習性」のためでしょう。

 

つまり、日本人は

「自分が他人からどう見られているか」

を気にする民族なので、同じように

「日本人が外国人からどう見られているか」

が気になるのですね。

 

 

そして、外国人が作るYouTube動画を観ていて、私がホント、「上手だなあ、日本人のツボを押さえているなあ」と感心する点があります。

 

それは日本人を上手に持ち上げるところ。

彼ら外国人YouTuberはホメ上手・・・というか、ストレートにホメてきますよね。

 

 

で、これは私の推測だけれど、おそらく海外のYouTuberたちの間では

ニッポン人視聴者の攻略法

といった裏情報が出回っているのではないか、と。

 

ニッポン人ってのは、ホメられるのが異常に大好き!

だから再生回数を増やしたければ、とにかく日本人を

ホメてホメてホメまくれ

という黄金則があるんだろうなあ・・・と私は読んでいます。

 

日本人って単純だからさ・・・

 

 

ともあれ、文化的に「人からほめられる」という経験が少ない日本人たちは、この外国人YouTuberたちの「おだて攻撃」に「イチコロ」だというわけでしょう。

 

 

みんなに合わせて生きればラクに生きられる国

 

コイツら、再生回数を増やしたくて日本人をホメてるんだろうなあ・・・

とは思いながらも、つい観てしまうヤツらの動画。

 

それで最近、外国人YouTuberが語る日本について、1つだけ、私の心に突き刺さった言葉がありました。

 

それは、あるロシア人の女性YouTuberが例によって「日本のよいところ」をしゃっべている下り。

 

日本という所はいろいろルールの多い国で、ちょっと窮屈に感じるところがあります。

でも慣れてくると、むしろそのルールに上手に乗っかっていった方がラクに生きていけるということに気づきました。

 

この部分に限って言えば、日本人をおだてているのではなく、彼女の日本に対する正直な感想だと思います。

 

でも、この言葉を聞き、私は

なるほど!と思いました。

 

自分が

「日本ではラクに生きられない」

と感じている原因はまさにこれですね。

 

 

いやいや、わかってはいたはずなんだけど、どこかで「それを認めたくない」という思いがありました。

 

なのに、たぶん30歳かそこらの外国人女性が日本語でそれを語っているのを聞き、ズシンと心に響いてしまったわけです。

 

 

さよう、おっしゃる通りです。

 

日本人って、ベルトコンベアーの上に並ぶ工業製品のような民族です。

同じ速度で動いていくベルトの上に大人しく並んでいれば、自動的に必要な部品を加えてくれる。

色づけもしてくれる。

きれいにパッキングもしてくれる。

そして送り出してくれる。

 

こんなラクなシステムに、なぜ文句を言うんだよ・・・

てな感じです。

でも、私のような人間にとっては苦痛で仕方なかったりする。

 

集団行動が苦手なんだよね

 

しかし驚いたことに、外国人の中にはこの日本のシステムが超便利、超ラク!と思う人もいるんですね。

いやあ、驚きました・・・

この人たちこそ、純日本人ですね。

 

 

スポンサードリンク

変人扱いされなくなったが今でも少数派

 

今という時代は昔に比べてずいぶんよくなったと思います。

そう思う理由はいろいろありますが、真っ先に思うことは

集団に属さなくても(昔ほどには)変人扱いされないこと。

 

 

たとえば子供であれば、今、もし

「もう学校には行きたくない」

と思えば、昔に比べれば割と理解されやすい時代になってきたようです。

 

確かに親は大反対するかもしれませんが、

「学校には行きたくない」

という自分の気持ちを応援してくれる人、本、ネットの記事などはたくさん見つかります。

 

 

大人であれば、もし会社勤めが苦手なら、フリーランサーになって生きるという道もあります。

確かに収入面では不安定になりますが、会社に勤めていないからという理由で周囲から白い目で見られることはなくなってきました。

 

 

ところが昔はそうではなかった。

 

昔、集団からはずれて生きることは

社会的死

を意味していました。

 

これは私が子供時代の時はもちろん、社会人になったばかりの頃もまだそういった考え方が残っていました。

 

 

私は大学4年生の時、他の人のように就職活動は一切しませんでした。

そして、大学卒業とともに(正確に言えば卒業のちょっと前から)小さな広告事務所でライターの見習いのようなことをやって生活していました。

 

で、ある時、仕事の関係で神田あたりのビルに行った時、そこのエレベーターの中で大学の先輩にばったりと会ったのです。

 

スーツ姿の人ばかりが乗っているエレベーターの中で、1人ジーパンをはいている私を見て、その先輩は驚いた顔で、

「おい、オマエ、今何やってんだ?」

と聞いてきました。

 

私がちょろちょろっと自分の仕事について話すと、その先輩は大いに驚き、

「・・・ってことは、オマエ、今、話題のフリーターってやつか?」

と言いながら、あまりにフリーな私の風体をしげしげと眺め直しました。

 

当時、フリーターという言葉はまだ一般的ではなく、一部のマスコミが言い始めて、やっと一部の人たちが知っているという時代だったんですね。

 

だからその先輩にとっては、私はほとんど珍獣か何かに見えたのでしょう。

 

いえ、珍獣ではなく、ナマケモノです

 

ともあれ、その時、

「ああ、そうか、自分は今、はずれて生きているんだ」

と実感しました。

 

 

それから何十年か経って、今、私みたいに「はずれて生きている」人は当時よりは増えてきました。

だから会っていきなり変人扱いはされなくなった。

 

でも、上述のロシア人女性のYouTuberの言葉を聞き、

「自分はまだまだ少数派なのか~」

とあらためて思い、そう簡単には変わらない日本を感じたしだいです。

 

スポンサードリンク