英会話修行記

自分が書いた英語の文章をDMM英会話の先生に添削してもらった

英語日記を添削してもらう

DMM英会話で自分が書いた英語の文章をフィリピン人の先生に添削してもらいました。
しかも(ここには残念ながら書き切れませんでしたが)超充実した解説付きでした。

今回はそのレッスンノートを公開します。

考えてみれば、これって英語の勉強法としてはスゴイ贅沢ですよね。
先生もけっこう気に入ってくれたので、次回から続けてやっていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

自分で書いた英語の文章をDMM英会話の先生に添削してもらう

 

DMM英会話に入会してからちょうど9か月が経ちました。
ここ数か月は25分間のレッスン時間を先生とのフリートークで過ごしていましたが、無目的なままフリートークをやっていても意味がないかな、と思えてきました。

そこで今回、新しい企画として考え出したのが英語日記の添削です。

日記というより、どちらか言えばエッセー風の英語の文章をレッスン前に書いておき、それを先生に添削してもらうという企画です。

それで今日がその新企画の第1日目だったので、今回、そのレッスンノートを公開させていただくことにしました。

もしかして英語にまったく興味のない方にはツマラナイ記事かもしれません。
その場合は雰囲気だけでも感じていただければと思います。

 

今回、添削をやってくださった先生はフィリピン人の女性講師で、高校や大学で英語を教えた経験もお持ちの方で、私の大のお気に入りの先生です。

 

 

今日のテーマは日本人の「同調圧力」について

 

さて、前置きが長くなりましたが、私が書いたエッセーの内容は日本人特有の「同調圧力」についてです。
(とはいえ今読み返すとひどい乱文です!)

あらかじめワードに書いておいた文章をDMM英会話のレッスン画面にある「ノート」のスペースにコピペし、そこに先生に訂正を入れていただきました。これは本当に便利な機能です。

 

ここではまず最初に私が書いた英文を載せ、その後に先生の添削後の文章を載せています。
添削されたところがわかりやすいように「間違えた表現」は青文字、「添削後の表現」は赤文字に書き換えています。

文章は段落ごとに区切って、だいたいの日本語訳も入れておきました。

 

今回はできるだけ自分の現段階での英語力を素直に提示しようと思い、しゃべる時のような感じで、あまりよく考えもせずにサーッと書き上げました。
書いた後、ほとんど校正もしませんでした。

とは言え、書いた文章でこれだけ間違いがあるわけだから、フリートーク中、私がどれほど下手っぴの英語をしゃべっているかは容易にご想像いただけると思います

 

第1パラグラフ

【だいたいの意味】

多くの日本人は何事においても他人に合わせようとする傾向があります。でも子供の頃からそれが苦手だったぼくは少年時代、よく周囲の大人たちから「みんなと同じようにやれ!」と叱られていました。チームプレイが苦手なぼくは野球なども嫌いだったのですが、やはり大人は「お前もみんなみたいに野球をやれ!」と言われていたのです。

【自分が書いた文章】

A lot of Japanese people have a tendency to think that it is safe to conform to other peple in every manner of their life.
I had been said or scolded to do the same as other children by around adults.

For example, when I was a child, the baseball is the best popular sport in Japan, but I hated and am still hating it very much because I don’t like team sports anyway.
So I often said that I should join the team of the baseball etc. in my childhood.

hateは進行形にはしないそうだ。知らんかったよ。
それと、普段からsaidとtellはよく直される。気をつけなきゃ・・・

【先生の添削後の文章】

A lot of Japanese people have a tendency to think that it is safe to conform with other people in every manner of their life.
I had been told or scolded to do the same as other children by adults around me.

For example, when I was a child, baseball is the most popular sport in Japan, but I hated it and still hate it very much, because I don’t like team sports anyway.
So I was often told by the adults that I should join the baseball team etc. in my childhood.

 

第2パラグラフ

【だいたいの訳】

昔、どの日本人も挨拶代わりに「どこのファンですか?」と好きな野球チームを聞き合う習慣がありました。
その質問を受けて、もし「野球には興味がない」などと言ったら非国民で危険なヤツだと思われて逮捕されたかもしれません。

【自分が書いた文章】

Moreover, in old days in Japan, they said every Japanese people should be a fan of either baseball team, and even if the first timing meeting, they used to ask each other which team of their favorate team after saying Hello each other.

If I said that I am not interesting in baseball, I might have been arrested immediately as an unpatriotic dangerous person.

ぷっ、interestingだってよ! 中学生レベルのミスだわ

【先生の添削後の文章】

Moreover, in old days in Japan, they said every Japanese people should be a fan of any baseball team. Even if it’s the first time they meet, they used to ask each other which team is their favorite team, after saying Hello to each other.

If I said that I am not interested in baseball, I was scared that might be arrested immediately as an unpatriotic dangerous person.

 

第3パラグラフ

【だいたいの訳】

こういうふうに「周囲に合わせること」って、英語ではどう表現するのだろう?と思ったぼくは辞書で調べてみました。すると「ピア・プレッシャー」という言葉を見つけました。

【自分が書いた文章】

I wondered what is this thinking of conformity called in English and I checked it on the paper and several online dictionaries. As the result I found an expression “A peer pressure“.

【先生の添削後の文章】

I wondered what is this thinking of “conformity” called in English, and I checked it on the paper and several online dictionaries. As a result I found an expression “peer pressure“.

 

第4パラグラフ

【だいたいの訳】

メリアム・ウェブスター英英辞典によれば、それは次のような意味だそうです。
「同世代の仲間や同じグループに属する人たちから好かれたり尊敬されるためには、そうした人たちと同じように振る舞わなければならないと感じること」

他の辞書の説明もだいたい同じですが、ぼくはこれは(日本人の考え方とは)違うと思いました。
日本人の場合は「人に好かれるため」というよりは「人から嫌われないため」にみんなと同じ行動をとるのです。

(※この部分は添削なしでした)

In Merriam Webster Dictionary, it is explained that:
“a feeling that one must do the same things as other people of one’s age and social group in order to be liked or respected by them”

Other dictionaries say almost the same thing. But I can’t agree to the explanatiion.
A lot of Japanese people do the same as others because they don’t want to be hated by others, instead of wanting others to like them.

 

第5パラグラフ

【だいたいの訳】

しかし最近、若い人の間では周囲に合わせようなんて思わない人が増えています。もう日本では野球が嫌いなら無理してやる必要などないのです。

【自分が書いた文章】

But recently a young people who think that they don’t have to conform to others are increasing gradually. They no longer have to practice the baseball if they don’t like it.

【先生の添削後の文章】

But recently  young people who think that they don’t have to conform to others are increasing gradually. They no longer have to practice baseball if they don’t like it.

 

第6パラグラフ

【だいたいの訳】

また、もし大学に行きたくなければ別の進路を選択する自由もあります。
実際、日本では大学なんてオワコンだと言われていたりします。

【自分が書いた文章】

And if you wan’t to go to the university you can choose the other life apart from the university student life now.
In Japan, some people say that a university is “Owa-kon”(owatta kontentsu), it means “the outdated contents” in Japan.

おいおい、wan’tって何だよ! このミスには自分でも驚いた
apart fromをexcept forのつもりで使ったのが失敗。そのために意味が通じず、先生も首をかしげていた。

【先生の添削後の文章】

And if you don’t want to go to the university you can have the other option.
In Japan, some people say that a university is “Owa-kon”(owatta kontentsu), it means “the outdated contents” in Japan.

 

 

今、あらためて読み返すと文章の流れもめちゃくちゃなんですが、先生はよく添削してくれたと思います。
ただ単に直しただけでなく、「なぜ、ここはこう直すのか」をちゃんと説明しながら添削してくださいました。これを25分間でやってくれて、まだ時間が少し余ったので「同調圧力」について少しディスカッションもできました。

DMM英会話に入会してから一番内容の濃いレッスンだったかな。

 

始めませんか?DMM英会話
【DMM英会話】日本一わかりやすい入会手引きDMM英会話に入会する際、 無料体験レッスンの上手な受け方とか、 初月料金を半額にする方法とか 知っておくと得すること...

 

スポンサードリンク