雑記(未分類)

スピリチュアル本と自己啓発本を読む人は手が汚い!?

図書館と本の汚れ

 

日本の出版界で売れ筋と言われるのが

スピリチュアル本と自己啓発本。

しかしこの2分野について、本好きで図書館好きの私は妙な共通点を発見しました。

その共通点とは・・・ちょっと汚い話です。

 

スポンサードリンク

本は買うより、図書館で借りた方がよい

 

昔から本が大好きで、本にはずいぶんお金をかけてきました。

でも、いつ頃からかパタリと本を買わなくなったんです。

 

というのは、本を買い過ぎると当然のことながら部屋が本だらけになる。

本というのは紙でできているから虫がわいてくる。

それに本は重い。

昔、住んでいたアパートの部屋が畳敷きで、その上に置いてあった大きなステンレス製の本棚の底が畳に深くめり込んだことがありました。

 

それに困るのは引越しの時。

何百冊もの本を段ボールに詰めて運ぶ。

めちゃくちゃ重労働です。

 

それで私はある時、持っている本の大部分をアマゾンで売るなどして手放しました。

そしてそれ以後、本をめったに買わなくなりました。

 

と言っても、本を読まなくなったわけではありません。

買わない代わりに図書館で借りることにしたのです。

 

 

図書館はメチャクチャ便利です

 

私がよく図書館を利用するということを人に話すと、たいていの人は

「図書館って、いい本、置いてますか?」

って聞くんですよね。

 

コレ、図書館がわかっていない人です。

こういうことを言う人は、図書館とはそこに行ってから「何かいい本はないかな~」と探す場所だと思っているようです。

 

それ、違うんですね。

図書館っていうのは、本を探す場所ではなく、読みたい本を受け取る場所なのです。

 

アマゾンでも書店でもいいので、「これ読みたいな!」という本があれば、買うのじゃなく、図書館に置いてあるかどうかを調べるのです。

 

そこでまず、ネットを開いて自分が住んでいる都道府県の図書館のホームページを見ます。

たとえば山形県に住んでいるなら山形県立図書館の総合サイトを見ます。

 

そしてそのサイトの検索窓に探している本の書名を打ち込みます。

すると、そこそこ売れている本であれば、たとえ最近の本であっても、県内のどこかの図書館に所蔵されています。

それをネットで予約をするのです。

もちろん最寄りの図書館に置いてあるとは限りません。

でも、同じ県内にその本が置いてあれば最寄りの図書館まで搬送してくれます。

 

 

「図書館は古い本しか置いていない」と思うなら、それは誤解です。

どの公立図書館も蔵書が時代遅れにならないよう、毎月新刊書を購入しています。

ベストセラーになるような本なら、たいがい複数冊、場合によっては10冊くらい買いそろえたりしています。

だからたいがいの本は買わなくても図書館で借りられるというわけです。

 

 

スポンサードリンク

スピリチュアル本と自己啓発本はどれも汚い

 

本に関して言えば、私はけっこう雑食系です。

「借りるだけだから、どうせタダ」という気持ちがあるので、ちょっとでも面白そうに感じたタイトルの本があればすぐに予約してしまいます。

 

たいがいの図書館は一度に10冊とか15冊とかを2週間まで借りられるので、もう借り放題ですよね。

(2週間で読み終わらない場合は延長も可能です)

 

 

ところで図書館で本を借りまくっていると、いろいろ気づくことがあります。

それは本の汚れです。

 

古い本、たとえば10年くらい前の本でベストセラーになった本などはそれなりに手垢が付いていたりします。

そういう年季の入った本はすり減っていたり、適度に汚れているのは当然でしょう。

 

 

でも、そうではなく、

中には不自然に汚い本があるのです。

それはどういった本かというと、

スピリチュアル本自己啓発本です。

(特にスピリチュアル系の本は超汚い場合が多い!)

 

だいたい図書館で売れ筋というか、利用者の予約が殺到する本には傾向があり、だいたい次のような分野です。

 

・ビジネス関係(特にお金の稼ぎ方)

・語学系(もちろん英語関係)

・自己啓発本

・スピリチュアル系

 

長年にわたる私の図書館利用経験から言って、この4分野はどの図書館でも一番よく貸し出される本だと思います。

 

お気づきかもしれませんが、いずれも「自分を高めたい」と考えている人が読みそうな本ですよね。

 

でも、これらの本の中で、ビジネス関係と語学系の本が割ときれいに利用されるのに対して、どういうわけかスピリチュアル系の本と自己啓発本はなぜか汚れがひどい。

発刊されて1年もしたら、もう触りたくないくらいに汚くなる・・・。

 

一般的に本で一番汚れるのは小口、つまり背表紙の反対側というか、ページをめくる時に親指を当てる部分ですよね。

 

これが適度に汚れているのは理解できますが、スピリチュアル系の本と自己啓発本の場合、この小口の部分がまるで泥んこ遊びをした手で触ったみたいに真っ黒になっているケースが非常に多いのです。

 

私はもともと潔癖症の傾向があり、しかも今、コロナ禍ですから、借りた本は一応、アルコール消毒をするようにしています。

 

でも、上の2つのカテゴリーの本の場合、もはや消毒だけでは気分が収まらないのです。

自分の親指をその小口のところにあてただけで、何かよからぬものが「感染る(うつる)」ような気がするのです。

 

 

私は今まで東京都内で何度も引越しをしています。

それであちこちの区の図書館を利用しています。

そのどの区の図書館に行っても、不思議なことにスピリチュアル系の本と自己啓発本は(出版されたばかりの本でない限り)汚れがひどいです。

 

汚れているというか、汚い(きたない)・・・、ばっちいのです。

 

そういう本が多いため、結局、私は読むこともなく、たいがいすぐに返却してしまいます。

中には家に持って帰るのさえ気持ち悪く、カウンターで受け取った後、すぐに図書館入り口にある返却ボックスに放り込んで帰ってくる場合もあります。

 

しかし、どうしてスピリチュアル系の本と自己啓発本って、こんなに汚れてしまうのでしょうか。

 

 

言っちゃ悪いけどスピリチュアル本と自己啓発本を借りる人って・・・

 

私自身、スピリチュアル系の本と自己啓発本を時々は借りる方なので、これらの本を読む人の悪口は言いたくありません。

 

でも、この異常なまでの汚れ方はいったい何なのだろう?といつも不思議になります。

風呂に入らないのかな?とか。

トイレから出てくる時、手を洗わないのかな?とか。

 

いったいどんだけ汚い指をしていると、本がこんなに汚れてしまうのだろう・・・。

あまり想像でモノを言いたくはありませんが、これらの本を読む人たちの「何らかの傾向」を暗示しているように思えます。

 

 

最近、私はもうスピリチュアル系の本も自己啓発本もめったに借りなくなりました。

借りるにしても、出版から3か月以内の本を借りようと思ったりします。

 

でも、この2分野の本って大人気なので、蔵書が5冊しかないところに100件以上の予約が入っていたりするため、単純計算して自分の番が来るまで10か月から1年ほど待たされる場合もあるですよね。

そういうこともあって、近頃、この2分野からは遠ざかっています。

 

スポンサードリンク