転職する

転職エージェントを使って連戦連敗でも「直接応募」で勝利する人

直接応募のソコヂカラ

有名な転職エージェントを利用しているのに一向に内定が出ず、落胆している方がいらっしゃるかもしれません。

しかしそういう方の多くは「単に転職エージェントのビジネススタイルに合わないだけ」というケースが多いようです。
こういう場合は転職エージェントは捨てて、さっさと直接応募に切り替えた方が案外うまくいく場合があります。

この記事では最近、転職市場の中で徐々に見直されつつある「直接応募」についてのメリット、デメリット、注意すべき点などを簡潔にまとめてみました。
「人の行く裏に道あり花の山」とは相場の格言ですが、これは「直接応募」という転職活動スタイルにも当てはまるかもしれません。

 

 

 

スポンサードリンク

直接応募ならではの利点を最大限に活用する

 

転職エージェント経由に比べれば採用コストが安くすむ

たとえば年収500万円の人材を転職エージェント経由で採用したなら、その企業はその年収の約3割、つまり150万円くらいの手数料を転職エージェントに支払うことになります。

ところがもし同じようなスペックの人材が直接応募でやって来たなら手数料は0円です。

もし、転職エージェント経由の人と直接応募の人が同時に面接にやって来たら、普通、どの企業も直接応募の人を採用しますよね。なぜならその方が手数料がいらないため企業にとってはお買い得だからです。
見方を変えれば、これが直接応募をする人にとっての強みになるということです。

「直接応募の人=買い得の人材」でもあるわけだから、もっと自信を持ってOK!

 

転職エージェント経由の人とは違う熱意をアピールできる

企業の中には日頃からSNSなどで情報発信を熱心にやっているところがあります。もし、直接応募を考えるなら、こうした企業からの情報には敏感でなければいけません。

面接の時にも「御社のTwitterはフォローさせていただいています。いついつのツイートには大変共感いたしました」といったことを伝えれば喜んでもらえるはずです。

別の角度から考えると、熱心に情報発信している企業の場合、直接応募の方が有利な可能性もあるということですね。

 

 

直接応募に切り替えた方が転職がうまくいくパターン

 

「転職エージェントを使った方が転職は成功しやすい」という話をお聞きになったことがあるかもしれません。しれは一部、真実ですが、すべての求職者に言えることではありません。

求職者の中には転職エージェントを使うとかえって骨折り損に終わる人もいます。そういう人はさっさと直接応募に切り替えた方がスムーズに転職先が決まるでしょう。

この項ではそういった「直接応募の方がうまくいく人」のパターンをいくつか上げてみたいと思います。

 

年齢が高めなのに未経験の業界や職種を希望する場合

ここで言う「年齢高め」とは目安として30代後半以降だと考えてください。

たとえば今まで営業畑一筋だった人が30代後半になって「営業はもう嫌だから総務がいい」と言っても転職エージェントとしては紹介が難しいでしょう。これが40代、50代であればなおさらです。

しかしそういう場合でも直接応募なら面接対策などを十分に行うことで採用される可能性があります。

転職エージェントを使う人、使わない人のいずれにも当てはまることですが、転職をする際はやはり今までの経験や自分の専門性を活かせる職種で考えた方が成功確率は高いです。

 

正社員経験がほとんどないままアラフォーになった場合

大学卒業後、いわゆるフリーターとして10年以上過ごしてしまったとか、40代になるまでずっと派遣社員でやって来たという場合です。
企業は正社員採用を目的として転職エージェントに依頼しているので、正社員経験がない人、年齢の割には少ない人は企業に紹介しづらいのです。

こうした場合、狭き門であることは確かですが直接応募の方が成功する可能性はまだ大きいと言えるでしょう。

 

40代、50代でもマネジメントの経験がほとんどない場合

40代、50代の転職希望者に求められるのは若手を育てられるマネジメント能力です。

しかしそうした能力や経験がない場合、企業は40代、50代の人を新卒と同じ給料で同じ立場の新人として迎える必要があります。
この場合、雇われる側にしてみれば「自分は平気だ」と思ったとしても、雇う側、特に上司になる立場の(あなたより若い)人にはやはり抵抗がありますよね。

こういう場合も転職エージェントを通すより、直接応募の方がうまくいく案件が多いでしょう。

 

 

スポンサードリンク

応募先の企業を探すには大手の転職サイトを使うのがベスト

 

直接応募の方がよいと言われても、そもそも求人をしている企業はどうやって探せばよいのでしょうか。
これはもうオーソドックスに転職サイトを使うのが一番効率的でしょう。

ここでちょっと転職サイトという言葉について説明をしておく必要があります。
通常、「転職関係のサイト」には次の2種類あります。

  1. 転職エージェントのサイト
  2. 転職サイト

 

転職エージェントのサイトではなく、転職サイトを使う

転職エージェントというのは皆さんご存じの通り、doda(デューダ)やマイナビエージェント、リクルートエージェントなどが運営しているサイトです。
この記事をお読みいただいている方の中には「転職エージェントのキャリアアドバイザーと面談はしたが、内定が全く出なかった」という人もいらっしゃるでしょう。

一方、転職サイトは言うなれば転職雑誌のサイト版なので、キャリアアドバイザーは基本的に関与しません。転職サイトに掲載されている何千社もの企業のなかから皆さん自身が自分で応募したい企業を探すことになります。
直接応募をする場合に利用するのはこの転職サイトです。

転職サイトのおすすめは?

基本的に転職サイトは自分が使いやすいと思ったもので結構です。
とはいえ、一応おすすめの転職サイトをご紹介しておきたいと思います。
それはリクナビNEXTですが、おすすめする主な理由は次の通りです。

  1. 登録している企業の数が多い
  2. リクナビNEXTだけの限定求人が多い
  3. 利用者の年齢層が幅広い

特に3つめは大切です。リクナビNEXTはそもそも求人数が多く、それだけ募集している年齢層の幅も広いため、まさに直接応募の人向きだと言えます。

リクナビNEXTについての詳しい解説はこちらの記事が参考になります。

リクナビNEXTで「スカウト登録」しておけば他の転職サイトは不要

転職サイトの紹介
リクナビNEXTで「スカウト登録」しておけば他の転職サイトは不要リクナビNEXTはリクルートグループが運営する日本最大級の転職サイトです。 新卒から50代、60代まで幅広い年齢層の求職者に対応し、し...

 

 

直接応募のデメリットと注意すべきポイント

 

応募者が多いため採用確率が低い

直接応募の場合、当然のことながら不人気業界の企業でない限り応募者はたくさん集まります。したがって採用確率は転職エージェントを利用した場合より低くなるでしょう。

 

転職活動のスケジュール調整が難しい

直接応募の場合、面接などのスケジュール調整はすべて自分自身で管理するわけですから、余計なところで神経をすり減らさないよう気を付けなければなりません。

ましてや現在の仕事を続けながら転職活動をするとなる著しく時間が制約されるため、転職活動を効率的に進めるのが難しくなります。

とはいえ、新しい就職先が決まるまで今の仕事は辞めない方が絶対にいいですよ!

 

入手できる情報が限られてくる

直接応募の場合、企業の情報はすべて自分で集めることになります。しかしここに問題点が出てきます。それは「現在の自分に都合のよい情報ばかりを集めてしまう」ということです。

たとえば次のようなことです。

 

  • この会社だと給料がアップしそうだな。
    (→その他の待遇面の悪さは見落としている)
  • この会社なら仕事にやりがいが持てそうだ。
    (→ハード過ぎて離職率が高い事は見落としている)

直接応募の場合、その企業の良い情報、悪い情報を偏りなく収集するように心がけましょう。

 

対策は自分で立てる

履歴書、職務経歴書などの書き方や面接対策、面接の練習などはすべて自分で行うことになります。
まずは面接の参考書などを買って自分で研究する必要があるでしょう。また最近では純粋に転職相談だけを引き受ける個人の転職アドバイザーもいますから、こうした人たちに相談してみるという方法もあります。

 

給料などの条件交渉が難しい

転職エージェントを利用する場合と違って、直接応募の場合は給料についての質問や仕事内容の確認、入社日の調整などを自分から切り出すのは遠慮があって割と難しいですよね。

また、入社してみたら面接時に聞いていた雇用条件と違っていた、というケースも時々あります。

どうしても譲れない条件があるなら、面接時にすべてを確認してしまうより採用通知を受け取った後の方がいいかもしれません。

 

 

直接応募をする上でのアドバイス

 

あきらめないこと

転職エージェントのキャリアアドバイザーは通常1か月に40人以上の求職者と面談するそうなので、はっきり言って超多忙です。

また、転職エージェントは成功報酬型のビジネスなので、採用が決定すれば一度に100万円以上の手数料が入るのに採用が決まらなければどんなにがんばってもタダ働きに終わります。
そうなると彼らは効率的に利益を上げようとして安全パイと思える求職者だけに全力を尽くそうとするでしょう。
その結果、「この年齢でこの転職回数、このキャリアだと、この企業を紹介すればうまくいきそうだな」という頭の中のテンプレート通りに仕事を進めるはずです。

ところがもしあなたが彼らの頭の中のテンプレートから少しでも外れているなら、残念ながらそこでいくら粘ってみても良い案件は紹介してもらえないでしょう。

ところが求職者にしてみると「あなたにご紹介できる案件はありません」と言われると、まるで「ダメ宣告」を受けたような気分になってしまうものです。

しかし実際のところ、転職が決まらない原因はあなたにあるというより、転職エージェントのビジネススタイルがあなたに合わないだけなのです。

だからそういう場合は最初にも述べましたが直接応募に切り替えた方がよい、ということです。そうすれば転職への道が見えてくる可能性は十分にあります。

簡単にあきらめてはいけません。

 

直接応募でも転職の軸は大切になる

実際のところ、40代、50代ともなると就職できる企業の絶対量が少なくなるのは仕方ありません。だからと言って自分の転職の軸を捨て、自分に合わない条件で妥協してしまうと、結局またすぐに退職して仕事を探し直すことになります。

あくまでも転職の軸は守り続けることが大切です。またそのためには時間に十分な余裕を持って転職活動をする必要があります。

 

「転職の軸」は人に説明できるレベルまで言語化することが大事

転職の軸
「転職の軸」は人に説明できるレベルまで言語化することが大事転職活動をする際に考えるべきことは次の2点です。 自分の「転職の軸」をはっきりさせる 自分の置かれた状況のあった仕事...

 

転職先が決まるまで今の仕事はやめない

「現在、無職」という状態で転職活動をすると、必ず足もとを見られます。つまり「焦って仕事を探しているのだから、少々悪い条件でも働いてくれるだろう」と思われるのです。

そいうなるとやはり不満足な転職になりがちで、早期退職という道に進んでしまうことになります。

そうならないためにも今の仕事はやめず、スケジュール調整などが大変だとは思いますが「働きながら転職活動」をすることをお勧めします。

特に40代、50代だとすぐには転職先が決まらないことが多いです。その間の生活費も必要ですから、必ず収入がある状態で仕事を探してください。

 

スポンサードリンク