性格タイプ

堀江貴文さんはMBTI的にはどのタイプ?【ケーススタディ 3】

性格タイプ ケーススタディ3

堀江貴文さんと言えば、

今やタレント?

ユーチューバー?

 

昔から見ている人間としては

ずいぶん変わっちゃったなあ~

って思いますね。

 

でも、ユング的に言えば

たぶん根本のパーソナリティーは

変わっていません。

 

今回は

「今のホリエモンがどう見えるか」

というより、

ホリエモンのぬいぐるみに

入っている人はどんな人?

ってところを分析したいと思います。

 

 

スポンサードリンク

西暦2000年、ホリエモン、テレビに登場

 

私が初めてホリエモン、

つまり堀江貴文さんを知ったのは

西暦2000年の春か初夏の頃。

 

午後のテレビのワイドショーに

彼が出演したのを見た時です。

 

なぜ、覚えているかというと、

当時、仕事で出入りしていた

ある事務所のテレビで見たからです。

 

ちょうど同じ頃に開催された

船木誠勝VSヒクソン・グレイシー戦も

同じ事務所のテレビで観ました。

船木・ヒクソン戦は2000年5月26日。

だから、その前後だったはずです。

 

そのテレビの企画内容は

「ファッションセンスのない社長を

おしゃれに変身させる」

という内容でした。

 

当時、すでに堀江さんは

年商数十億円の会社の社長でした。

ところが着る服と言えば

毎日、ダサいTシャツばかり・・・。

髪の毛もボサボサ・・・。

 

取引先企業とのミーティングでは

スーツ姿の部下には名刺が渡され、

堀江さんはアシスタントと思われて

無視される・・・って状況だったみたい。

 

それを見かねた女性秘書が

番組の「ダサい人、変身企画」

みたいなコーナーに応募したのでした。

 

さて、その番組の放映中、

堀江さんは恥ずかしそうに

ずっとモジモジ・・・。

結局、一言もしゃべりませんでした。

 

そのシャイな姿の人物が

4~5年後には

時代の寵児になるなんてね・・・。

ホント、世の中わかりません。

 

以上の話からも

堀江さんの性格タイプは

だいたいわかると思います。

 

この後からは

さらに詳しく見ていきましょう。

 

 

雰囲気がスムーズか、それとも“ぎこちない”か?

 

堀江貴文さんの性格を考える上で

最も誤解しやすいのは、

外向(E)内向(I)

どちらのタイプか、という点です。

 

テレビに出まくり、

ひたすら明るいキャラの彼を見て、

外向(E)タイプだ!

と思うでしょう?

 

ところがこのサイトの別記事でも

さんざん書いているように、

外向(E)内向(I)の違いは

キャラの「明るさ、暗さ」ではありません。

 

ポイントは

雰囲気がスムーズか?

それとも、

何となく、ぎこちないか?

ほぼ、これに尽きますね。

 

▼“ぎこちなさ”を基準にした外向(E)内向(I)の見分け方については次の記事をどうぞ。

外向 or 内向?は印象がスムーズか?ぎこちないか?で見分ける心理学で言う 外向(E)キャラと内向(I)キャラ。 これは性格の「明るさ、暗さ」とは まったく関係がありません。 ...

 

 

堀江さんの性格タイプがわかる場面は

たくさんあります。

1つだけ例をあげるなら、

YouTubeの彼のチャンネルですね。

 

彼1人で話す回では、

始まりが

「ハロー、YouTube!」

そして最後は

「行ってらっしゃい!」

という決めゼリフで終わります。

 

当初はこういう決めゼリフは

なかったですよね。

何となくモジモジと始まり、

最後もモジモジと終わる・・・

って感じでした。

 

そしてこの

「ハロー、YouTube!」

「行ってらっしゃい!」

の決めゼリフが完成したのは

たぶん2019年の秋頃?

 

それ以後、1人でしゃべる回は

最初と最後に必ずこの決めゼリフを

言っているようなので、

もう何十回? 百回以上?

言っているはずです。

 

ところがね、

これだけ毎回、

同じ決めゼリフを言っていて、

なぜか、ぎこちなさが抜けません。

 

板に付いていないっていうか、

「なのに無理してやっている」観が

画面からあふれているんですよ。

 

口からスッと流れるように出ていない。

「ハローYouTube」を言う前も、

「行ってらっしゃい」を言う前も

心の中で秒読みしてから言っている

って感じがします。

 

ここがね、前の記事で書いたけど

「心の中で乱反射してから出てくる」

ってやつです。

 

外向 or 内向?は印象がスムーズか?ぎこちないか?で見分ける心理学で言う 外向(E)キャラと内向(I)キャラ。 これは性格の「明るさ、暗さ」とは まったく関係がありません。 ...

 

 

・・・ということで、

堀江貴文さんは

内向(I)タイプでした。

意外でしたか?

 

 

内向と外向
外向と内向 ― 興味や関心の向かう方向このページは『性格理解の基本』からの続きになっています。 自分の天職は何だろうかと考える場合、まず自分自身がどんな人間なのかを...

 

 

スポンサードリンク

データ集めに時間をかけるか、直感的にモノを言うか

 

感覚(S)直感(N)のタイプの違いは

いろいろ説明できます。

 

感覚(S)タイプの人の場合、

未来を考える場合でも

まず、データ集めに

たっぷり時間をかけるんですね。

 

直感(N)タイプの人の場合、

文字通り直感的にモノを言います。

 

で、堀江さんの場合はもう明らかですね。

あの人、モノを言う時、

ほとんど根拠を言いませんよね。

ポーンと結論だけを言ってくる。

 

もう最初から答えがあって、

それを口に出している感じ。

 

底辺から積み上げていくのではなく

上から下に落とし込んでいく感じ。

 

まさに典型的な直感(N)タイプです。

 

積み上げに時間をかけないので、

やることなすこと、

とにかく早いですよね。

 

だから人生もめまぐるしく変化する。

 

 

で、結論、

堀江貴文さんは

直感(N)タイプです。

 

 

感覚と直感
感覚と直感 ― ものごとの知覚のしかたこのページは『性格理解の基本』からの続きになっています。 世の中には次の2タイプがいることはお気づきでしょう。 どち...

 

 

情を優先するタイプか、理屈を優先するタイプか

 

今度は感情(F)思考(T)

どちらのタイプかを考えましょう。

 

 

感情(F)タイプの場合、

理屈を曲げてでも

人の情を優先しようとします。

 

思考(T)タイプの場合、

理屈を優先します。

 

理屈というとわかりづらいけど、

合理性と考えると納得しやすいかな。

 

堀江さんは超合理主義者ですよね。

彼にとって、

感情的な部分はおそらく不合理でしょう。

 

これは人間性のよしあしではなく

単に価値判断の仕方の違いです。

 

ここはもう、これ以上説明しなくても

大丈夫ですよね。

 

 

はい、

堀江貴文さんは

思考(T)タイプです。

 

 

思考と感情
思考と感情 ― ものごとの判断の仕方このページは『性格理解の基本』からの続きになっています。 悲しみのどん底にいる人を喜ばせたいと思った時、あなたならどんな言葉を...

 

 

「決められない人」か、「とりあえず決めてしまう人」か

 

知覚(P)タイプと判断(J)タイプの

見分け方をお話しします。

 

最も大きなポイントは

決められない人 ☞ 知覚(P)タイプ

決めてしまう人 ☞ 判断(J)タイプ

ということですね。

 

堀江さんの場合、

どんな問題に対しても

「う~ん」って

考えてから答えるのではなく、

すでに用意していたように

回答をポーンと出してきますよね。

 

つまり、すぐに自分の意見を

決めてしまう人ってこと。

迷ったりしない。

だから判断(J)タイプ。

 

ついでに言っておくと、

ひろゆきさんにせよ、

堀江さんにせよ、

ネット上で視聴者からの質問に

答えるコーナーをやってますよね。

 

質問コーナー?

相談コーナー?

 

どちらでもいいんだけど、

これができる人って、

ゼッタイに判断(J)タイプ。

 

もし知覚(P)タイプなら、

次から次へと

人の質問とか相談に

答えを出していけない。

即答できないってやつです。

 

なぜかっていうと、

一度回答しても、

「ええっと、あの回答でよかったのかな」

なんて悩み始めるので、

質問コーナーなんかやってられない。

 

堀江さんもひろゆきさんも、

あらゆる問題に対し、

2択の回答が用意できている。

 

右か、左か。

上か、下か。

100か、ゼロか。

 

だから迷わない。

だから、質問コーナーがやれる。

(ただし2択以外の回答は苦手っぽいけど)

 

ということで、

堀江貴文さんは

判断(J)タイプです。

 

 

知覚と判断①
知覚と判断 ― 周囲との接し方 その①このページは『性格理解の基本』からの続きになっています。 もう一度、ここまでのところを復習しておきましょう。 ユングは人...

 

 

堀江貴文さんはINTJ『完璧をめざす自信家』タイプ

 

はい、堀江貴文さんは

INTJ『完璧をめざす自信家』タイプでした。

 

INTJ
INTJ 「完璧をめざす自信家」タイプ INTJタイプは独特の直感力で優れたアイデアを生み出します。 しかもそれを自信を持ってカタチにしてゆく実行力を持っ...

 

 

堀江さんの場合、

一番わかりづらいのは

外向(E)タイプか内向(I)タイプか、

ってところですよね。

 

だから今回、この部分に

たくさんの文字数をつぎ込みました。

 

でも、まだわかりにくいかもね。

 

堀江さんって友だち多そうだし、

よくしゃべるし、

「どこが内向だよ?」

とか思う人も多いはず。

 

だけど、内向(I)タイプの

もう1つの特徴として、

内弁慶(うちべんけい)ってのがある。

 

仲のいい友だちとかスタッフと

いっしょだと、

雄弁になってしまうところです。

 

そこだけを見てると

外向(E)タイプじゃん!」

って思えてしまう。

 

だから本当の姿を見つけるには

ちょっとした動作の中に

ぎこちなさがあるかどうかを

観察しないといけないんだ。

 

今思い出したけど、

5年くらい前の正月番組の

『芸能人格付けチェック』で

GACKTの相方として出演した時、

メッチャぎこちなかった・・・。

ずっと、おどおどしていて、

番組終わるまで持つかな~

って感じでした。

 

本人もこちらで回想しています。

よかったらご覧ください。

 

『GACKTさんと格付けチェックに出た私だから知っているGACKTさんのすごいところを解説します』

 

 

こういうのを観察してると

人の本当の姿が見えてきます。

 

慣れてくると

ほぼ一瞬でわかるようになりますよ。

 

スポンサードリンク