転職する

中卒・高卒者が天職を見つけるために20代でやっておくべきこと

中卒・高卒・大学中退

人生をそこそこ長く生きてきた今、振り返ってみると「学歴なんてほとんど無意味」であったことが心底実感できます。
いや、むしろ「学歴がない人」の方が稼いでいる例を嫌というほど目にしてきました。

とはいえ、若い人で自分の学歴に引け目を感じている場合、そのネガティブな部分にばかり目がいってしまって将来に希望が持てない…というケースも多いでしょう。

そこで今回は「自分の学歴に引け目がある」という人たちが少しでも早く自分の天職にたどりつくための戦略をご紹介したいと思います。
これは「そこそこシニア」になってからやっと天職にたどり着いた私が「もし昔にタイプスリップできなたら20代の自分にぜひ教えたい」と思っている戦略です。

 

スポンサードリンク

中卒・高卒者が天職を見つけるために20代でやっておくべきこと

 

「自分の今までの人生に大満足」という一部の人たちを除き、ほぼ全シニア世代の胸中にあるのは「もう一度、20代に戻りたい!」という思いでしょう。
20代の大事さはシニアになってから100倍わかるというのが私の実感です。

20代の生き方しだいで、たとえ「学歴が不十分」であっても、そんなの簡単にチャラにできてしまいます。
20代というのはそれだけの価値がある大切な時期です。

だから、もし「自分には学歴がない」というなら、この20代でいくらでも挽回可能です。
もう20代後半になってしまい、20代があと数年しか残っていなくても、その短い年月をちゃんと生きれば大丈夫です。

では、20代でやっておきべきこととは何でしょうか。それは次に述べる3つです。

➀正社員として働く経験

何も大企業とか有名企業である必要はありません。居心地さえ悪くなければ中小企業で十分です。

②お金を貯めること

もちろんたくさん貯められた方がいいですが、大切なのは金額ではなく貯めていく過程です。これについては後で述べます。

③特技を身に付けること

趣味ではなくお金を稼げぐことにつながっていくような特技です。

 

以上の3つをまとめて言えば、

正社員として働きながらお金を貯め、同時に何か特技を身に付けよう

ということになります。
単純ですが、内容は奥が深いです。

 

天職に出会うのは30代以降、それまでは助走期間

20代でやっておくべき3つのことをもう一度復習しましょう。

  1. 正社員として働く
  2. お金を貯める
  3. 特技を身に付ける

 

ここにはまだ「天職」という概念が入っていません。なぜなら天職というものは20代で見つかるようなものではないからです。

その理由は2つあります。

20代で天職に出会えない理由 その➀

まず1つ目。あなたが20代で出会う職業はあなたが40代、50代になった頃にはもう存在していないかもしれないからです。
たとえば30年くらい前だと、レンタルビデオ店経営という仕事は笑いが止まらないくらい儲かる職業でした。しかしネットフリックスなどのVOD(ビデオ・オン・デマンド)が出てきた今、レンタルビデオ店は街からどんどん姿を消していっています。

逆に今はまだ存在していなくても、あなたが30代、40代になってから現れる仕事が結局あなたの天職になるかもしれません。

20代で天職に出会えない理由 その②

2つ目の理由。それはあなた自身が30代、40代となるにつれ、変わっていくはずだからです。

まず、能力が変わるだろうし、考え方も変わります。そしてこのサイトの性格テストでわかった性格タイプさえ変わってしまう可能性が十分にあります。
だから、20代で「これが天職だ」と思った仕事があったとしても、30代や40代になってからそれはカン違いだったと気づくこともありえるでしょう。

だから学歴が高かろうが低かろうが、一流企業に入ろうが入るまいが、社会人になって最初に就いた仕事が天職だなんてことはめったにありません。

確かに大学の医学部に入学し、卒業してすぐ医者になったとして、生涯、医者をやったとしても、それがその人の天職であったかどうかはアヤシイものです。

20代は助走期間

天職に出会うのがもっと後、つまり早くても30代になってからだとするなら、それまでにやるべきことは「しかるべき助走期間」を確保することです。その助走期間として20代があるのだと考えてください。

そして、その助走期間に必要なことが最初に上げた3点です。

 

次に「20代でやっておくべき3つのこと」についてもう少し具体的に説明します。

 

スポンサードリンク

20代で身に付けるべき能力は「お金を稼ぐセンス」

 

最初に述べた「正社員として働きながらお金を貯め、同時に何か特技を身に付ける」とはどういうことかと言うと、「お金を稼ぐセンスを身に付ける」ということに他なりません。

では、それをもう少し詳しく解説していきましょう。

正社員として働き、問題解決能力を磨く

正社員になる意味は次の2つです。

  1. バイトより確実に価値ある経験ができる。
  2. バイトより給料がいい

それぞれについて説明していきます。

バイトより確実に価値ある経験ができる

まず、正社員になることで経営にかかわる問題解決を求められます。それによって当然あなたは鍛えられ、問題解決能力を身に付けることができます。
ところがバイトしかやっていなければ、ただ単に命令通りに動くだけになってしまします。これでは大した能力を付けることはできないでしょう。

バイトより給料がよい

正社員として働くもう1つの意味は「バイトより待遇がいい」ということです。
早い話、社会保険も付くし、ボーナスや手当などを含めれば年収も高くなります。
この後の項目で「お金を貯める」ことの重要性について触れますが、時給いくらのバイトだとなかなか貯金できなくても正社員だと割とラクに貯金ができます。

自分の身の丈に合った企業で十分

ただしここで気を付けることをいくつか書いておきましょう。

まず、就職するといっても有名企業や大企業にこだわらないことです。

もっと具体的な話をすると、たとえば総合商社とか金融、保険といった業界に入るにはいまだにそれ相応の学歴が必要です。
しかしそうした一部の業界を除けば、中小にはなるかもしれませんが学歴にはこだわらずに人を採用してくれる企業はたくさんあります。

つまりは「身の丈に合った」企業、それもあなたにとって居心地のよい企業を探す、ということです。

ただ、そうした企業をあなた1人の力で探そうとするとブラック企業に入ってしまう危険があります。もし、それが心配なら転職エージェントを活用するという方法もあります

お金を貯めることで金銭感覚を磨く

正社員の方がバイトより給料がいいので貯金しやすい、というのは先ほど述べた通りです。

それでも20代だから遊びたいし、けっこうお金を使ってしまいますよね。そこをあえて貯金するのです。この大切さは後になってしみじみわかります。

お金を貯めることの大切さは何かというと、貯まっていく金額ももちろん大切ですが、それより自分でお金の流れをコントロールする能力、ひいては経済感覚というものを自分の中で養成することができる点です。

そしてこの感覚が結局は「お金を稼ぐセンス」につながっていくのです。

特技を身に付けることで将来の可能性を拡大しておく

繰り返しになりますが、学歴というのは社会人生活が長くなるにつれ、その価値はどんどん低下していきます。そのかわり重要になって来るのが個人の特技です。

ただしそれは余暇の時間に趣味でピアノをやっているとか、釣りが得意とかいうものではありません。できる限り広範囲に役立つ可能性がある実務能力を特技として身に付ける、という意味です。

その例として、前回の記事で英会話の話を書きました。英語が話せるという特技があれば、それはいろんな分野で使えますよね。そういった特技のことを言っています。

英語ペラペラ
天職探しに役立つ「英語力」という素晴らしいアンテナ「いつか英語を話せるようになりたい!」 そう思い続けてウン十年…という人がたくさんいます。 そんな皆さんの夢を夢で終わらせないための...

 

英語以外で言えばプログラミングの勉強などもおすすめです。
プログラミングも結局は言語の習得になるのですが、この「言語」という特技のよいところは、その使い方をマスターするだけで自分の可能性が一気に何十倍にも拡大する点です。

▼オンラインでのプログラミングスクールです。けっこう有名なスクールだと思います。もし興味があったらサイトをのぞいてみてください。

TechAcademyの無料体験 

 

簡単に言えば、英語をやるにせよ、プログラミングを学ぶにせよ、そうした「可能性を秘めた特技」を身に付けておき、来るべき30代以降に備えよう、ということです。

 

学歴より大切なのは「お金を稼ぐセンス」

 

中卒、高卒、あるいは大学に入ったものの中退してしまった…、それで社会人として出遅れてしまった…と感じていらっしゃるなら、それは大きな間違いです。

高い学歴を持っている人の中にはその恵まれた環境のなかで“あぐら”をかき、20代の間、自分磨きをおこたってしまう人も大勢います。
しかしその人たちが30代、40代になってからリストラにあって外に放り出されたり、あるいは会社そのものが倒産して職場を失い、途方に暮れている、というケースを私はたくさん見てきました。

その人たちに比べれば、学歴が不足していることはむしろ幸いです。なぜなら20代から早くもやるべきことが出てきたので、結果的に将来、その20代の努力が自分自身を助けることになるからです。

学歴があっても会社というバックがなければお金は稼げません。
そういう意味では学歴より「お金を稼ぐセンス」の方が大切で、そのセンスを持って初めて自分の天職を見つけられるのです

ですから最初に述べた3点をぜひ実行してみてください。そうすれば、それがやがて天職発見に結びついていくでしょう。

スポンサードリンク